魔法にかかるか、魔法を解くか

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

波動とか量子とか現実創造とか引き寄せとか、、、
 
 
そのあたりの仕組みを知ることで、ますますマトリックスを創り出していく人たちと
 
マトリックスに本質が飲み込まれていってしまうことに気づく人たちと
 
大きく分かれます。
 
 
 
ぱっと見一緒に見える。
 
 
 
だって、魔法にかかることと魔法から解かれることの違いという観点がない人から見たらわかんないもんね。
 
 
 
大概は現実(マトリックス)を創り出せるなんてスゴイ!って高揚する。
 
 
自分もそうだった。
 
 
初めて量子場の概念に触れた時に感動した。
 
 
 
でも、その後みたもののは、それを使ってマヤカシを生みつづけているような世界だった。
 
 
 
自分の思い通りに世界を変えましょー!といって、エゴの欲望を現実化しようとしている人たちを見てめちゃくちゃ気持ち悪くなった。
 
 
 
そうじゃねーだろ?と。
 
 
 
なので、そういうところから離れて自分なりにこれこそが本質に還るためのあり方だ!っておもえたものが波動調整というものになった。
 
 
 
 
起こることを許す。削ぎ落としです。
 
 
つけた仮面をどんどん落とす。洗脳から解かれていく。自分だと勘違いしたものを手放していく。
 
 
 
エゴはエゴを自分だと思ってるので、エゴを放す時が一番キツイ。
 
死ぬ思いですよ。
 
 
カオナシをイメージしてもらったらわかりやすいよね。
 
エゴの断末魔は激しいのです。
 
 
 
今の私にエゴがないとは言わないけど、大きなところは落ちたよ。
 
一昨年くらいが最高潮にキツかったな。
 
 
家族とyumeziがいてくれたからなんとかなった。
 
 
 
 
まーとにかく、飲み込んだ、自分じゃないものを全部出しちゃわないとね。
 
 
 
でないと、本当に欲しいものなんてわからない。
 
 
 
それをせずに引き寄せとか現実創造とかやってるからマトリックスに飲み込まれて、ますますカオナシになるのです。
 
 
true natureを乗っ取られた存在、それがカオナシです。
 
 
 
カオナシの欲望は際限がないからね、次々飲み込んでいく。
 
 
 
で、ますます自分がわからなくなる。
 
 
 
マトリックスを創り出し続けるってそういうことだよね。
 
 
波動調整でお伝えしたいのは、マトリックスの創り方じゃないのです。
 
マトリックスから脱出するための方法です。
 
 
 
敵を制するには敵をよく知らないとね。
 
で、敵を知った上で闘わない。闘わないことで無敵です。
 
 
 
マトリックスに対するレジスタンスではあるけど、闘わないから掴みどころがないはずなんだな、これが❤️
 
 
 
 
 
カオナシって山手線にたくさん乗ってるらしいよw
 
[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

カテゴリー: true nature, スピリチュアル, 心身調整のヒント, 波動調整, 洗脳, 自分探し, 豊かさ, 量子場, 雑感 | タグ: , , , , , , , , , , | 投稿日: | 投稿者:

片岡 ひろ子 について

1973年栃木県生まれ、さいたま市育ち。 早大心理学専修卒業後、NOVA、楽天で営業、新規事業立ち上げ、マーケティング、コンサルティング、人事総務管理職経験を経て、出産に伴い退職。 自身の体調不良を機に代替療法、ヒーリング、エネルギーワーク、ボディワーク各種を学び、2008年量子の世界に目覚め「真の自分に還る旅をサポートする True Seeds」を開業。 開業後、上場企業内で専属カウンセラー・セラピストとして活動する傍ら、個人セッションではこれまでに数千人を解放に導く。セミナー、ワークショップの開催多数。 2011年、それまでの学びと臨床経験の集大成として波動調整(R)を創始。講座、セミナー、イベントを通じ、本質の自分に還るためのサポートを全国各地で行ってきた。 カタリスト=触媒としてカタルシスをもたらし、本質に還るサポートを行うかたわら、起業家のコンサルティングなども行ってきたが、より深く内なる本質と繋がるためにセミリタイア。現在は家族との日常生活を満喫し、趣味の園芸やアクアリウムに精を出す日々を送っている。 現在、徐々に現場に復帰。セミナーや座談会などを通し、必要な人へ必要な情報が届く様、活動再開。 TrueSeeds 主宰 自分マスター道場 主宰

魔法にかかるか、魔法を解くか」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 魔法で作ったんじゃ何にもならないからねぇ | 片岡ひろ子の本質〜true nature〜に還る旅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です