【無料】魔法ポスト

本質を生きる

1/2ページ

楽園から追放された謎とは?〜悪魔のそそのかし〜

本質へ還る旅をサポートする 波動調整®創始伝道者片岡ひろ子です。 在り方で世界が変わり、人生の波乗りマスターに近づくための情報をお届けします⭐️ 無料コンテンツはこちらからご利用いただけます💕   先日、こんな投稿が上がってきました。 5年前のものです。   魔術=スピリチャルではない。   奇跡のためにスピリチュアルを利用しようと思 […]

自由であること 〜結果を手放す〜

本質へ還る旅をサポートする 波動調整®創始伝道者片岡ひろ子です。 在り方で世界が変わり、人生の波乗りマスターに近づくための情報をお届けします⭐️ 無料コンテンツはこちらからご利用いただけます💕   先日、朝風呂に入っていてこんなことを想いました。   「自由であること」 というのは、こだわりがないこと、気にしないこと、手放していること […]

<神回!?>クリエーションvsマジック スピリチュアルの闇と光?

本質へ還る旅をサポートする 波動調整®創始伝道者片岡ひろ子です。 在り方で世界が変わり、人生の波乗りマスターに近づくための情報をお届けします⭐️ 無料コンテンツはこちらからご利用いただけます💕   4/5に開催したPADOMAとのトークライブ、ご参加の皆様、ありがとうございました💕   「神回でした〜」とのお声をいただ […]

人生、恨んだり、仕返ししたり、問題解決したりに使っちゃもったいないよ

本質へ還る旅をサポートする 波動調整®創始伝道者片岡ひろ子です。 在り方で世界が変わり、人生の波乗りマスターに近づくための情報をお届けします⭐️ 無料コンテンツはこちらからご利用いただけます💕   まずは、先週末の波動調整®講座のご感想を読んでみてください。     ひろ子さん、こんにちは。 1st, 2ndを受けての気付き […]

覚醒したか?9日間単独サイレントリトリート

本質へ還る旅をサポートする 波動調整®創始伝道者片岡ひろ子です。 在り方で世界が変わり、人生の波乗りマスターに近づくための情報をお届けします⭐️   今年二回目の9日間単独サイレントリトリートを終えてきました。 前回のことはこちら↓ 私、重症患者でした〜9日間のサイレントリトリート〜   今回は、ちょっとアウトラインからお伝えしようかと思っています。 […]

相対するものの間に生まれる第三のもの

ごきげんよう、エバンジェリストの片岡ひろ子です。 現世利益系スピリチュアルの蔓延る浮世とは一線を画した本質をお届けして参ります。 無料コンテンツはこちらからご利用いただけます💕   kan.さんの新装版「問題は解決するな」の最後に、「P・ティライの物語」という話が紹介されています。 その中で語られている「第三のもの」。   どうやら、この混迷の時代を生きていく上 […]

エゴ的なマインドが不幸をつくり続ける

ごきげんよう、エバンジェリストの片岡ひろ子です。 現世利益系スピリチュアルの蔓延る浮世とは一線を画した本質をお届けして参ります。 無料コンテンツはこちらからご利用いただけます💕 次回のPADOMAとのトークライブはね、PADOMAが某マスターのワークショップを受けた翌日なんですよ。 なので、そこで学んできたことのシェア(許される範囲での)になるんだけど、 個人的な予想では「ただ観る […]

「本質のわたし」は理解を超える

ごきげんよう、エバンジェリストの片岡ひろ子です。 現世利益系スピリチュアルの蔓延る浮世とは一線を画した本質をお届けして参ります。 無料コンテンツはこちらからご利用いただけます💕   SNSでフォローしてくれてる人は知ってるかもしれませんが、今、かなりエックハルト・トールがキテます⭐️   前回の記事でも紹介したけど、そのムーブメントが […]

他人の言動にイラっとくるのは「病」

ごきげんよう、エバンジェリストの片岡ひろ子です。 現世利益系スピリチュアルの蔓延る浮世とは一線を画した本質をお届けして参ります。 無料コンテンツはこちらからご利用いただけます💕   ここ数日かけて再読していたこの本から、ピンときたところを引用してお届けしたいと思います。 超シンプルなさとり方 エックハルト トール https://a.r10.to/hz7BVX   […]

身体を持って生まれた時点ですべての人は覚醒している

ごきげんよう、エバンジェリストの片岡ひろ子です。 現世利益系スピリチュアルの蔓延る浮世とは一線を画した本質をお届けして参ります。 無料コンテンツはこちらからご利用いただけます💕 例によって長いんだけど、、、都留さんの文章シェアします。     意識の焦点 「やらなきゃ、私がやらなきゃ」 という思いがなかなかはずれません。   はずれたと思うたびに、 まだその奥からもっと細かな 「や […]