山本印店に行ってきたよ

Pocket
LINEで送る

日曜日だったかに配信したメルマガ記事です。

ごきげんよう、片岡ひろ子です。

 

真夏のような太陽が照りつけている東京は、気温も夏のよう。。。

冷房入れてます。

 

いかがお過ごしですか?

 

最近は、トキハナツの立ち上げで、自らがミシンに向かっている日がほとんどです。

自分がミシン職人になるとは考えてもみなかったなぁ。。。w

 

昨日は貫頭衣を試作してみました。

寝間着として販売予定なんですが、丈を短くするとアウターにもなります。

こんな感じ。

 

 

これは一枚袴と言う名の巨大ふんどし。これも販売する予定です⭐️

 

最近、こうしてミシンを踏んでいると、テーラーだった祖父母を思い出します。

今うちにある職業ミシンも先日、父の実家からもらってきたものだしね。

 

そんな折、トキハナツの法人印を作ってもらうのに、思いついて山本印店の予約を取ったんです。

知る人ぞ知る印鑑屋さん。

次の日の予約しか受け付けないので、縁のある人しか予約が取れません。

 

とある日にかけた時には予約を取れず、、、しばらく忙しかったりしていたので電話せずにいたんですが、

木曜日に思いついて電話すると2回目でかかりました。

 

そして、当日、、、桃仙先生から言われたのは、父方の祖母から呼ばれてやってきていると、、、

祖母は95歳で健在なんですけどね、とにかく、そっちの家系を継ぐのは私だと知らせたかったんだって。

 

ってことは、父も祖母の家系を継いでるのね。

 

父は次男で、長男の伯父がテーラーの実家の後を継いでいます。それはきっと祖父系なんだね。

 

とにかく、父の後、祖母の家系を引き継ぐのはあなたですよと。

 

聞くべきことはそれだけだったみたいなんだけど、何度も何度も言われたのは、

・打算、欲がなさすぎる、金に興味がない自然体
・男には失敗したことはない
・父方の祖母の家系をついでいて、今日ここに来たのはそれを知るため
・爽やかだなぁ
・頭いいね
・あなた可愛いね、疲れが取れたよ💕(ところどころでそう挟んでくるw)
・仕事は好きだが、金に興味がない
・息子二人も私の実家の系統
・年の割にモテるから、もっと男に意識を向けるといい、もっと遊べw
・もっとがめつく、執着を持って

同じ話を3回も4回もするから、先生酔っ払ってるのかと思ったわw

ちょろっと話に出たのは、

・呼吸器に注意、タバコは吸うな
・金は貸しても保証人にはなっちゃダメ

とか、、、二本の認印を触りながら、これがねー無駄な出費をささてるなぁ、あと、へんなじーさんがくっついてくる、、、って。

じゃー、それを処分した方がいいんですか?って聞いてみたんですよ。

そうしたら、ハンコは処分できてもそれにくっついてるものそのものはどうすんのよ?と。

 

あ、そうだよね、そりゃそうだ。この印鑑を持ったからそうなったんじゃなくて、そうなってるのが印鑑に表れてるだけなんだからwww

バカなことを聞きました。

 

山本印店で印鑑を作ると開運する!というのが巷の触れ込みなわけですが、実際はそうじゃない。

開運することになっている人が来るだけなんだと。

起こることが起きてるだけってことね。

 

とにかく、私が今回「呼ばれた」のは、実家を継ぐのは私だという認識をするためだということ。

この話を聞いていなかったとすると、いろいろ大変なことが起きて実家に帰らされる羽目になったりするんだって。

でも、それは私には起きない。

だって、こうしてその話を聞いて来たわけだからね。

実家を継ぐって言ったって、別に商売してるわけじゃないしね、なんていうか、その自覚?、その系統の血筋を引いてるんだという意識を持つことなのかなぁと解釈しています。

 

で、まー、両家の墓にはちゃんとお参りしなさいねと。

あとは、可哀想だからって変な男の面倒見ちゃうと体壊すからねって言われたな、そういえば。

今後はもう人を可哀想だと思うことはなさそうだけどもね、、、

 

最後には、なんで来たの?必要ないでしょ?ハンコ作るの?ってwww

 

はい、今回は法人印をお願いします!

って答えたら、奥さん?が、「ほら、ちゃんと説明してよ、言っといたんだから、、、」ってぶつぶつ言いながら、法人印の説明をしてくれましたw

とにかく、何も問題はなくて、実家の跡取りだって聞くのが目的でしたよとのこと。

あ、でも、マンションを売って今賃貸にいるのは、心のどこかで実家に戻るつもりがあったからなんですよね。

両親も(後々)住んでくれるなら嬉しいって言ってたし、、、

先生に言われなくても何となくはわかってた。そこが自分の帰る場所だって。

 

で、この山本印店の話をフェイスブックでシェアしていたら、大分の羽龍先生がコメントくれたんですよ。

 

「もうすごいわ。僕もそこまでわからん。(;´Д`)」

 

って。

 

先生にもわからないことあるんですか!って聞いたら、わからないことだらけだよって。

そのお答えにとても信頼できるものを感じました。

 

きっとね、私という存在は私以外のすべてで支えられているので、すべての人の意識の総和みたいなもんだろうと思うのですよね。

それぞれの人の意識から見た私の集合体が私というか、、、

だから、それぞれが見ている私にはいろんな側面があって、、、視野が広かったり、視座が高いと色々見えるんだけど、それでもそれぞれ見ているものは違っている。

 

そう、そして、なんでハンコを観てそういうことがわかるのかというと、原理は易と同じなんじゃないかなと。

すべてがフラクタルになっているから、どこかを適当にちょっと切り取ったところにすべてが折り畳まれて表現されているというか。

 

だから、手相でも人相でも星読みでも家相でも名前でもなんでもいいんだと思います、見る人が見たらなんでも全体を映し出しているんだろうなと。

 

ただ、、、すごく大事なことを知っておく必要があります。

 

先日、こんな質問をもらいました。

 

===

ひろ子さん
質問!
チャネリング
とか
サイキックとか
信じる?ってかできる?
波動調整は
観察ってあるでしょ?
アレをまーちゃんにしてもらって
たしかに
観察してもらえたしw

今度のひろ子の部屋の質問に
しようかなーー?w

===

 

何を見て、何を読み取るか、、、

 

国語の読解出来る人と出来ない人がいるでしょ?

そこに書かれている文字を読んでもそのままに字面通り理解できなくて、違う解釈をしてしまう。

 

それと同じというか、、、

 

そこにあるそのままを観ずに、何か別の解釈を加えてしまうと、それはもう観察ではないんです。

 

文字や数字、姿形ですら、そのままに観ることができない人同士が解釈問題で争ったりしているこのご時世ですから、

一般の目には見えていないところを読み解くのだとしたら、、、、そりゃもう大変です。

 

赤を緑だって言われても、それが目に見えない世界の話だとしたら確かめようがないんですよね。

 

観ている本人からしたら緑に見えているから緑だと言ってるんだよね。

その緑に見えている世界がリアルじゃなくてマトリックスかもしれないのに。

ある種、やりたい放題w

 

マトリックスはね私たちの観方次第で生み出されてしまうもの、、、

一旦生み出されたらリアルと見分けるのはとても難しい。。。

観察をしているつもりが、観察じゃなくて、観ることによる呪詛をかけている可能性もあるということ。。。

じゃー、どうすればいいの?

 

この辺のお話は波動調整講座観照の世界の内容とほぼほぼかぶりますが、次のバーチャルひろ子の部屋でお話ししようと思います。

 

安易なヒーリングと同様、安易なリーディングやチャネリングも蔓延っていて、スピ系ではあってもスピリチュアルじゃないって言うケースも散見されます。

 

探求者の皆様はどうぞご参加くださいませ。

 

申し込みしておけば後日市長も可能です。

 

カテゴリー: true nature, スピリチュアル, トキハナツ, 健康, 宇宙の真理, 豊かさ, 雑感 | タグ: , , , , , , , , , , , , | 投稿日: | 投稿者:

片岡 ひろ子 について

1973年栃木県生まれ、さいたま市育ち。 早大心理学専修卒業後、NOVA、楽天で営業、新規事業立ち上げ、マーケティング、コンサルティング、人事総務管理職経験を経て、出産に伴い退職。 自身の体調不良を機に代替療法、ヒーリング、エネルギーワーク、ボディワーク各種を学び、2008年量子の世界に目覚め「真の自分に還る旅をサポートする True Seeds」を開業。 開業後、上場企業内で専属カウンセラー・セラピストとして活動する傍ら、個人セッションではこれまでに数千人を解放に導く。セミナー、ワークショップの開催多数。 2011年、それまでの学びと臨床経験の集大成として波動調整(R)を創始。講座、セミナー、イベントを通じ、本質の自分に還るためのサポートを全国各地で行ってきた。 カタリスト=触媒としてカタルシスをもたらし、本質に還るサポートを行うかたわら、起業家のコンサルティングなども行ってきたが、より深く内なる本質と繋がるためにセミリタイア。現在は家族との日常生活を満喫し、趣味の園芸やアクアリウムに精を出す日々を送っている。 現在、徐々に現場に復帰。セミナーや座談会などを通し、必要な人へ必要な情報が届く様、活動再開。 TrueSeeds 主宰 自分マスター道場 主宰

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です