タグ別アーカイブ: 魔法使い

エゴインフレーションと魔法

<<無料動画セミナー>>

【東海高校サタデープログラム】「異性に対するコミュ障克服!自分らしく相手と付き合うためには」

【ドラクエ】龍とひろ子のトークライブ∴ドラゴンクエスチョンvol.1

 

過去のメルマガ記事を転載します。


 

ごきげんよう、片岡ひろ子です。

 

春らしさが増している東京ですが、いかがお過ごしですか?

今週はさらに暖かくなるようで、桜の開花予想が20日に早まってましたね。

 

季節は巡ります。人間がそれを引き寄せようが寄せまいが。。。

 

太陽は東から登ります。人間がそれを引き寄せようが寄せまいが。。。

 

貴方の心臓も動きます。貴方がそれを引き寄せようが寄せまいが。。。

 

先日、ふと思い立って、引き寄せとか願望実現とエゴインフレーション(魔境)の話してる人いないかなぁ、、って検索したんです。

 

そうしたら自分の記事が出てきて笑ったwww

 

ちなみにこの記事です。

 

魔法にかかるか、魔法を解くか

 

去年の投稿だけど、ますます魔法を使おうとすることのトリック、、、というか危うさを感じています。

 

是非、今一度読んでみてください。

 

 

いや、いいんです、魔法や魔術も飽きるまでやればね。やめろとは言いません。

 

でも、去年より増えたんじゃないかな?と思ってます。

 

引き寄せとかマジック、魔術、魔法を使わせようとしているパワーの源がなんなのかがわかる人。

 

このメルマガを読んでいる貴方も薄々おかしいなと思っているでしょう?

引き寄せばやりのなんちゃってスピ業界の盛り上がり。

 

盛り上がりと言っても、ちょっとずつ下火にはなりつつあるのでしょうか?

 

しつこくお伝えしているように、余計なものが削ぎ落とされたら、引き寄せようとか意図しなくても起こることが起こるようになります。

 

なぜなら私たちは宇宙にオーダーする側でなくて、宇宙からオーダーされる側だから。

 

それが理解できているフェイズの人はいちいち「引き寄せちゃいました」とか言わないですからねwww

 

この宇宙っていう言葉もまた定義が曖昧なので、各所で適当に使われていますが、私のニュアンスとしては、

この世界をクリエイトした側というニュアンスです。

 

私たちは、私たちのエゴが起こす「魔法」ではなくて、クリエーターによってすでに創造された「自然」に導かれていくのですよ。

 

Don’t be magical 

Be natural 

 

魔法を使おうとしてる人たちは、すでに魔法にかけられた側なんですよ。

 

以下ネタバレあり。

 

「魔法少女まどかマギカ」ってアニメ知ってますか?数年前に何度か紹介しましたけど。。。

 

自分の願いを叶えたい少女たちがキュウべえという謎の宇宙存在(インキュベーター)と契約するストーリーです。

自分の願いを叶えてもらう代わりに、その少女は魔法少女になって悪い魔女をやっつけるために闘わないといけない。

 

「僕と契約して魔法少女になってよ。」とキュウべえは少女たちをスカウトします。

 

願いを叶えたい少女が契約をすると、ソウルジェムという魂のメタファー的なものが与えられ、それによって少女は魔法少女に変身します。

(実は、魂がソウルジェムに移しかえされて、身体はゾンビ状態になってしまっている)

 

変身して魔女と闘ったり=魔力を使ったり、精神的ダメージを受ける度にそれがどんどん濁っていく仕組みになっています。

 

ソウルジェムは魔女を倒した時に手に入るグリーフシードというものによって浄化されるようになっています。

グリーフシードを使ってもそのソウルジェムの濁りが取れなくなった時、、、、少女は魔女化する。

 

魔法少女のうちは知らないのです、ゆくゆく自分のソウルジェムがグリーフシードになるだなんて。

絶望し、エゴや欲望の塊のようになって魔境を生み出し、一般人にその影響を与え始める。。。

 

そう、悪い魔女は、みんな元魔法少女なんです。

 

キュウべえはなぜそんな契約を取ろうとするのか?

それは、希望と絶望の落差から生まれる感情エネルギーを利用するため。

 

インキュベーターってのは、魔女の、、、ですね。

魔女を孵化させてるのがキュウべえなのです。

 

これは、実は私たちの身の回りでも魔法使いが使っている手です。

気づいて巧妙に呪詛をかけている人もいれば、知らずに使っている人もいるのだけど。

 

魔女も魔法少女もインキュベーターが意図的に生み出し、闘わせることで利益を得ている。

この現実と同じ仕組み。

 

これ、先日の名古屋の帰りに寄った豊川稲荷です。

もはやキュウべえにしか見えないwww

キュウべえの方が可愛いだけに騙されちゃうけど。

これだけじゃなくて境内中祈願の旗が無数に立ってました。

みんな、契約してるんですね、キュウべえと。。。w

 

スピ業界においては、下っ端はせいぜい小金を稼ぐくらいでしょう。

でも、そこで発生するエネルギーを集めて利用している存在がいる。スピ業界に限らずね。

 

本来のスピリチュアルは、こうした魔術的なところから目覚めて本質を歩んでいくことにあると思うのです。

 

悟りましょう!目覚めましょう!覚醒しましょう!という号令は、実は魔女になりましょう!なんだよね、大方は。

 

 

っていうと、こういう奴らを悪者だとして闘おうとする人たちが出てくるのですが、それもまた同じ穴の狢。

 

それを呟いたのが去年のこれですね。

 

 

私は子供の頃から隠されているものに興味があって、今でも悪い魔法使いたちの所業なんかを調べてみたりしている。

 

悪い、、、ったって、今や大して悪いことじゃないのかもしれないようなこと。

他人を陥れたり、騙したり、出し抜いたり、蹴落としたり、殺したり、搾取したり。。。

 

調べるって言ったってネットや書物でしかないから、事実かどうかはわからない。

わからないけれど、少なくともそういうことを創作できるアイデア=想念を人間は持っている。

 

そういう見るもおぞましいやつを見ながらも、それと闘わず、トンレンするのです。まー、、波動調整だ。

 

トンレンというのは一種の瞑想ですが、世界のネガティブを自分の中に招き入れてそれを無効化する行です。

魔法ポストでやっているのは実はこれです。

 

魔法と言っておきながら、やっているのは逆のこと。

魔法から解く方なんです、魔法ポストは。

 

 

先日、マシマシと天皇意識の話をしていた時に彼が言ってたんですよ、「天皇は全国民のために祈っているんだ」と。

全国民だから、そこには犯罪者やらなんやらもぜーんぶ含むんだって。

 

波動調整でやることもそんな感じで、誰かを変えようと操作するのではくて、良い魔法使いになるのではなくて、目の前を受け容れて共振するだけなんですよね。

 

波動調整でしていることというのは、簡単に言うなれば天皇意識=キリスト意識でいることのみです。

 

でも、そうなれない人が多い。

 

なぜなら、外の世界は外であって自分じゃないと認識しているから。

だからこそ、ヌーソロジー的、空間認識の変容が必要になってくるのですよ。

 

内と外の等化。

 

 

最後にもう一つシェア。

この記事も1年前の。再掲します☆

 

【似非】引き寄せの法則に物申す!3

===

「人を集める、物を売る、コントロールするプログラムが、いつの間にかスピ系にも広がっていたということだよね。
何十年か、かけて広がってきたので気づきにくかったのだと思うわ。」

とコメントをいただいた。

まさにそれを私も感じていた。

本来、本質を生きるには魔法をかけるのではなくて、魔法から解かれないといけないわけでね。

なのに魔術的な引き寄せが横行してる。

何なら、引き寄せたいと思う対象そのものも洗脳されてる。

欲しくもないようなものを欲しいと勘違いしまっている人がごまんといる。

これ、波動調整の最初からずっと言ってることなのだけども、また戻ってきたなと。確信を持って伝えられるようになって戻ってきました。

一次的なその人のありのままが欲しがるものと、それ以外とがあるんですよ。

ありがちなのは、財、名誉、権力など、客観的に見て誰かとの比較の中で上に行きたいと思うようなものだよ。

誰かと比べて、、、となってる時点で本質的でなく、外側からの視点という架空の、マトリックス的なマヤカシによるものなのです。

そういうマヤカシに踊らされるのもまた必要があって起きてるとも言えるけど、だったらもう目覚めてもいいんじゃない?

だから、こうして必要がある人に何かを届けようという情熱がわいてきているのだと思います。

===

 

欲しいものや、ワクワクすることすら洗脳でコントロールされてるんだもんね。

外側から植えつけられた「ワクワクすること」をいくらやったってマトリックスの中でグルグルするだけ。

その偽ワクワクをやる中で見抜いていかないと。

 

ちなみに、本当にワクワクすることをやったとしても、そこには必ず面倒もくっついてきますよ。

ワクワクすることをやるのと面倒くさいことは1つのパッケージみたいなものだから。

 

その葛藤を味わう中でしか意識進化しないからね。

 

よく、本質を生きていればなんでもスムーズ!病気やトラブルは本質を生きていないからです!みたいなことが言われているけど、逆ですよ。

 

本質に還るためにその経験が起きてるの。

 

トラブルも病気も意識を磨くチャンスだぞ☆

 

私たちは葛藤し、それを超えていくことで意識進化をするためにマトリックスを含むこの次元を体験してるんだから。

 

原因と結果の法則というのが似非だってことです。

 

今この意識レベルの私たちは、原因になる側じゃないのです。

私たちの存在が結果なんだよ。

 

それを受け容れて、すでに完全なものとして在る自然に身をゆだねていくこと。

そこから完全さを学んでいくことが、次なる原因を生む側に進化する道筋なのです。

 

ということで、こんな話に興味がある人は一緒に語りましょう。

5/11The true natures ミーティング@バーチャルひろ子の部屋 vol.10

今回はこんな質問をいただいてます。

===

最近、心屋仁之助さんという方の話を聴く機会があり、いろいろ聴いているうちに、すごいなと思った反面、【思ったように生きたいなら、もっとゲスくなれ】みたいな話をされるので、そうなのか、と納得しつつも、ゲスになり切れていない自分がいて、自分の中でメンタルブロックが外れていないのかなと悩んだりしていました。心屋さんの言う【ゲスい】という言葉の意味を理解していないのかもしれませんが、どうしてもこの言葉に嘘臭さを感じてしまう自分もいたりするんです。自分が本当に尊敬できる人は全然ゲスさのかけらもないので。

 

で、ひろ子さんのメソッドに立ち戻ると、すべてがスーッと入ってきて、しっくりくる。

 

比べる必要はないのかもしれないのですが、The True Natures とは【ゲスい】の対極にあるものなのか?あるいはまったく違う次元のものなのか?

 

自分はどこへ向かっていくのか?

考えるとわからなくなってしまって。

 

答えのないまま考えないようにしています。(笑)

 

おそらくもっともっとThe True Natures についてを学ぶことで答えが見つかるのでしょうか。

まだまだ、私の中ではそこに到達するには長い道のりのような気がしてモヤモヤしています。

 

===

 

他にも「自分自身に対しての確信や揺らぎない感じがなくて不安なのだけど、、、どう考えればよいでしょう?」というようなコメントももらってます。

 

明日夜開催ですので、興味のある方はご参加ください。

 

 

それから、前回のメルマガで告知した息子との対談ですが、日時とタイトル決めました!

 

その名も、

 

【龍とひろ子のドラゴンクエスチョン!】

 

略してドラクエwww

 

毎月第4金曜日の22時から1時間程度の予定で、参加費なし、自由に見てもらえるようにする予定です。

 

zoomを使う予定なので、リアルタイムで質問やツッコミをいただけるようになります。

視聴urlなどはまたお知らせします。

どうぞお楽しみに♪

 

 

毎度毎度長いメールを最後までお読みいただきありがとうございます!

 

 

イベントのご案内

 【本質の自分を生きる】自分マスター道場

 【ドラクエ】龍とひろ子のトークライブ∴ドラゴンクエスチョン

 【リアル】ひろ子の部屋

 

私たちの人生は幸せになるためにあるのでない???

メルマガの転載ですー。

転載しない記事もあるので、まだ購読してない方はこちらから。

 

==

 

 

ごきげんよう。片岡ひろ子です。

 

先日開催したサンクチュアリ出版主催トークライブ、無事に終了いたしました。

 

ご参加くださった皆様、ありがとうございました!

 

タイトルは、、、

 

「本当の自分を生きるための脱引き寄せ、削ぎ落としのススメ」

 

だったんですが、何を話したかというのを、当日と翌日のフェイスブックの投稿をシェアしてお伝えしてみようと思います。

 

まず、こちら。

 

===

 

 

お風呂で一人振り返り会。

 

テーマは、、、

 

本当の自分を生きるための脱引き寄せ、削ぎ落としのススメ

 

で、何を話したかというと、まっとうに生きると人生はそれなりに大変だって話w

 

だから、楽しようとか一発逆転しようとかいうのを諦めましょう!というお話でした。

 

でも、不思議なことに、それを諦めて、目の前のことに直面できるようになると、人生が俄然面白くなるのですよ、ゲームのように。

 

今回は、直前にシュタイナー本を読んでいたおかげで用語がシュタイナーっぽくなりましたw

 

本質を霊といってもいいし、観察精神って言ってもいいし、創造主といってもいいし、超意識と言ってもいい。

 

はたまたエッセンスとか、源とか、オリジンとか、源泉とか、、、

 

まー、なんでもいいんだけど、そこに向かう、もしくはそこに向かうものたちに方向を与えるために真逆に向かうための人生です。

 

人生というドラマに埋没しすぎず、かといって無視するでもなく、ドラマを味わいながら、その目的を見失わない、、、

 

そろそろそんな観点が世に増えて来てもいいのかなーと、、、、

 

悩みが多い人に参加しろ!と言っておいて、悩みは解決しないでよろしい!というヒドイトークライブでしたwww

 

解決せず、ごまかさず、逃げない。

 

本質に向かうにはね。

 

本質に向かわないのも自由です。

 

歩は金に成っても成らなくてもよい。

 

選べるのです。

 

でも、まー、歩なら成るよなぁー。桂馬とか香車なら成らないかもだけどwww

 

なんて話しながら鳩森神社を通りすがる夜道。

 

引き寄せもいいし、エゴを満たす悪い魔法使いも悪くはないですwww

 

気づきがあればよいのだよ、気づきがあればね。

 

なくてもいいです。

 

なければないで、エージェントスミスみたいにプログラムのような存在として、あなたがあなたである必要性が薄れていくだけですから。

 

あなたがあなたである必要性。

 

それを生きるためのお話をさせていただきました☆

 
 

 

===

 

で、翌日の投稿はこれ。

 

===

 

 

ジョージ(夫)に教えてあげたんだ、昨日のセミナーで話した核心。

 

「私たちの人生は幸せになるためにあるのでない」

 

ってこと。

 

そしたら、「それ、もっと広まるといいよね」とジョージ。

 

私たちの人生は、宇宙進化の一側面として私たちそのものが本当の意味での個へと進化していくために用意されている。

 

幸せになりたい!

 

という想いの中でそうではない体験も重ね、葛藤し、絶望もする。

 

常に魂の根源的な欲求に揺り動かされて生きているのが私たち人間です。

 

大変じゃない人生なんてない。なぜなら、大変な人生を歩みながら気付いて学んで統合しながら、低次の自我を成長させていくのが私たちの存在目的だから。

 

だから、なんでもいいんですよ。ドラマの中身は。会社員してても、自営でも、無職でも、なんでも。

 

そこはさして重要じゃない。

 

会社辞めた方がいいですか?って質問されたら、どっちでもいいですよとしか答えないな、私なら。

 

どんな体験でも自分に起こってくることに直面し、悩みながらも自分の道を見つけていく。苦心してね。

 

その道っていうのはドラマをどう生きるかとは関係ないもの。

 

何をするかとか、何を所有するかとか、そういうのとは全く別の次元のこと。

 

幸せを感じるためにその対極である不幸せが存在する、、、っていう人はいるかもしれないけど、逆じゃないかな。

 

不幸せを体験するために幸せがある。

 

不幸せな中でこそ自己と対峙して超越していくべきことに気づくんだもん。それを手段として自己を進化させていく。

 

そうして自己を磨いていった先には私たちの本質である源の本性である真善美が私たちの中にたちあらわれ、溢れ出てくる。

 

それは飽きるまで大変な思いをした上でのことであって、問題を解決したり、誤魔化したり、逃げたりして手に入る境地ではないのですよ。

 

自分を幸せにしようと選んだことであっても、まだ超えられていないものがあれば、それに気づいて超えていくための出来事が起きます。

 

それは、大きな観点からすればギフトなんだよね。

 

大変な時期を葛藤し、絶望し、サレンダーしてきた人は振り返ればわかるよね。

 

あの体験が自分を変えたんだって。

 

だから、他人のその体験を奪うようなことは勿体無いなぁと思うわけです。

 

そんな時は見守ってあげるのが一番。場合によっては身近な人に寄り添ってもらわないといけないこともあるかもだけど、

例えば孤独を受け容れる過程ではそれすら得られないという思いをしないといけない。

 

だから人を直したり、治したりすることは辞めたんですよ。

 

必要があって治るまで、直るまで、見守る。

 

それが波動調整のコアだよ。

 

ま、昨日はそんな話をしたのです。

 

で、それをジョージに話したのち、メールボックス開けたら、まぁちゃんがメルマガでそれを取り上げてくれてたよ💕

 

===

 

 

ということで、なんとなくトークライブの内容は伝わりましたかね?w

 

ジョージ画伯はこんな絵を描いてくれましたwww

 

 

 

 

そして、この投稿をシェアしてくれた波動調整インストラクターのえみちゃんがこんなコメントをつけてくれました。

 

===

 

「人生は幸せになるためにあるのではない」これを聞いたとき、それを認めたくない自分がいるのに気がついたの。

 

てことは、幸せになりたい、幸せじゃないといけない、とどこかで思ってたわけで、、

 

んで、その思いが余計な苦しみを生んでたなーとも気づきました。

 

あ、だからと言って幸せを求めたらいけないとかじゃなく、幸せは幸せであっていいんだけど、そうでないといけない。という思いが、苦しませるよね。

 

みんなが幸せになるのが目的なら、今不幸せなとこがある自分は、まだまだだと、自分を卑下したり、

なにかある度に、どうして自分はこうなんだと、責めたり落ち込んだりするかもだけど、

人生はもともと大変なことが起こるのが当たり前で、それに直面し、学び、進化していくのが目的だったら、問題が起こるのは悪いことでもなんでもなくて、

むしろ問題は、自分、いや宇宙か?のために用意された人生のメニュー(課題)の1つなわけで(ひろ子さんはギフトと書いてましたね)

 

そりゃ大変だけど💦

 

問題が起こることそのもの、に苦しむ必要はないんだよね。

 

だとすると、問題自体が起こらないように頑張ったり、誰かが解決したり、逃げる意味はなくて、

逃げてもいいけど、本人がやらないと進化しないし、早めにやった方が自分のためだよねw

 

そういう意味で、人生は大変なんだ。幸せになるのが目的ではない。と知ることは、失望することでなくて、

逆に安心して、挑戦して、失敗して、色んなことを体験していける救いというか、勇気になると思うのです。

 

例えば、ゼルダの伝説ゲームやるとして、クリアする課題は決まってるし、敵と戦わないと必要なものが手に入らないし、レベルアップしないし、進めない💦

それを、何とかクリアして進むのが楽しいよね💖すぐにクリア出来たらつまらないし、どこかでずっと遊んでたら終わらない。遊んでてもいいんだけどw

 

と言いつつ、私も怖くてなかなか進めないけどね、ゲームも人生も(^o^;)

 

でも子供たちはすごくて、わざと失敗したり、寄り道したり、怒らせてみたり、色んなことするの、その反応を楽しんでる。

 

人生もそうやって、いいも悪いも全て体験していくのが醍醐味、だと思えたらいいよね。それによって自分に気づき、学び進化するってのが必要だけど。

 

怖いからと言って、慌てて怖さを無視したり、なくそうとしない(無視しても、体験するまでなくならないけどね)

 

まず怖がってることに気づき、受け入れ、ただ味わう。

 

そうやって、目の前の体験を拒否せず、誤魔化さず、きちんと味わえるようにする在りかたを、波動調整(R)ではお伝えしていたりします

 

===

 

うん、そうね、認めたくないよね、一般的な感覚だったら。

 

みんな、幸せになるために生きてると信じていたいものね。。。

 

でも、私たちの本質は、幸せとか幸せじゃないとかいうのを超えた次元に存在していますので、

 

本質に繋がるには、幸せか否かという次元を突破していく必要性があります。

 

その大前提を疑うことでパラダイムシフトが起きるかもしれませんね☆

 

 

その辺りの話もしていますので、興味がある人は、サンクチュアリ出版さんから許可を得て、

動画販売をする予定ですので、準備ができるまでしばらくお待ちくださいね。

 

あ、これも画伯が描いてくれましたw

 

 

 

 

 

近々開催のイベントは以下の二つでーす。

 

こちらはお家から気軽に参加できるウェブ座談会。みているだけでもオッケーです。

 The true natures ミーティング@バーチャルひろ子の部屋 vol.3

こちらは波動調整本部主催の特別セミナー。

 【特別セミナー】本物の創造と本質の自分

 

セミナーやトークライブは基本インプロ(即興)。

 

なぜかというと、一方的に話したいことを伝えるのではなくて、参加者の方との双方向で場を創っていくのが私のスタイルだから。

 

波動調整と同じです。

 

講座の場合はカリキュラム的な骨格がありますけどね。

 

この現実も実は一人きりで作りあげているわけではなくて、自己と他者とのコラボでできている。

 

私から観た観るものと観られるもの。

 

あなたから観た観るものと観られるもの。

 

4つの要素で成り立つ世界☆

 

 

自分の世界は自分が創っている、、、そう長らく言われているかもしれませんが、一人じゃないよ☆

 

セミナーではその辺の話をすることになるかもしれませんね。

 

どうぞお楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

 

この世の物質は観るまでは存在しない

ごきげんよう。

 

「貴方が洗脳から目覚め、true natureへ還る触媒となります」カタリスト片岡ひろ子です☆

 

この世のモノは見るまで存在しない“非実在性”は巨視的世界にも当てはまる~NTTらが実証

こんなニュースをネットで見かけました。

 

 

「観る、、、という私たちの意識(霊)の介在がなければ物質があるとは言えない。」

 

ということは量子物理学では言われてきたことで、波動調整講座でもお話しすることなんですけれども、ミクロの世界だけでなくマクロの世界でもそうらしいことが観測されるようになったってことみたいですね。

 

波動調整ではずっとそうしたことを扱ってきたので特に驚きもないのだけど、世の中的には大きな意識変革につながるだろうと思います☆

 

私がこういう量子物理学の概念に初めて出会ったのは、大学のスキークラブの先輩からの話でした。

 

彼はかの大槻教授のゼミにいて、応用物理を専門に扱っていたんですけどね。

 

 

ひろ子、知ってるか?

 

俺たちが世界を見なければ、世界はないかもしれないって。。。

 

物理を究めていくと、東洋哲学とかを学ばなきゃいけないような気がしてくるんだ。

 

 

そう、飲みの席で語った先輩は、実際にインドを旅していましたが、その頃の私は、それが何の話なのかはよくは解っていませんでした。

 

高校の時の物理の先生で東大で量子物理学を研究していた片岡先生というのがいたのですが、その彼が、授業のたびにそんなような話をしてくれていたこともあったのですが、それも当時は漠然としかわからず。。。

 

 

実際に自分ごととなったのは、2008年頃、ホメオパシーを学んでいた頃に出会った量子場調整でのことでした。

 

 

量子は私たちの観察次第で振る舞いを変える。

 

 

そのことに魅了され、夢中で量子場を学び、早々に講師にまでなりたくさんの人に量子場調整を教えていくことになりました。

 

量子の世界のことがわかれば、波動医学であるホメオパシーの原理の本質も理解できました。

 

なので、4年の過程を半分通ったところで自主退学。

 

そこからホメオパシーとフラワーエッセンス、量子場調整、オリジナルの解放セラピーとで独立開業したのが2008年末でした。

 

 

その頃は自分が魔法使いであることが楽しくて面白くて、周りにたくさんの影響を与え、様々な病気を治していくことに夢中になっていました。

 

しかしながら、そのうち気づいてしまうのですね。

 

その魔法使いであることの不自然さに。

 

何のために魔法を使うのか?

 

その根底にあるもの。

 

本質。

 

 

そこに気づいてしまったら、治療家も量子場師も続けていられなくなってしまったのです。

 

 

治るのがいいのか?

 

痩せるのがいいのか?

 

お金持ちになるのがいいのか?

 

パートナーがいるのがいいのか?

 

 

そうしたクライアントさんたちの欲望を叶えることが本質なのか?

 

 

私自身が導き出した答えはノーでした。

 

 

私たちの生の意味は、霊性の進化です。

 

自分個人の、、、と言うよりも宇宙全体で、、、なので、進化しない個人がいるのは構わないのですが、私自身は、宇宙の流れに身を委ね、自我を手放し、本当の自己に出会い、真我を体験したいと思いました。

 

 

様々な出会いから創り出された波動調整はそのためのものでした。

 

本質に還る。

 

このコンセプトは、実は開業当時から変わりません。

 

 

でも、欲望を叶えるということが間違いとは思わないけれど、本質に還ることとは別のベクトルだと気づいてしまったのですね。

 

そこで治療家も量子場調整師もやめました。

 

 

自我を極めるという体験も自我を手放すためには必要なプロセスなので、それが足りない人はやったらいいと思っています。

 

けれども、もういいよね、それ。。。って気づき始めている人もどんどん増えていると思うんですよね。

 

物質的な何かを手に入れたいと切望することからの卒業。

 

 

そもそもその物質は、私たちの本質たる意識(霊)が観なければ(光を与えなければ)存在できない影のようなもの。

 

その影を創り出して一喜一憂するような魔法使いはもう卒業でいいんじゃないでしょうか。

 

影ではなく、実在そのものへの回帰。

 

そのことを謳って波動調整は6年半が経ちます。

 

 

前回のメルマガでもお伝えしましたが、本部とミーティングを重ね、今回、講座の構成を一新しました。

 

基本は変わらず、セッションとしての性質よりも生き方としての性質により重きを置いた構成にかえ、手技とかその他、セッションとしての奥伝みたいなのは全部付属講座にして本講座からははずしました。

 

シンプルに本当に大切なところだけを残した感じです。

 

10月にセミナーとバージョンアップに伴うフォローアップも開催します。

 

午前のセミナー部分は一般の方もご参加いただけます。

 

 【特別セミナー】本物の創造と本質の自分

 【受講生限定】アチューンメントバージョンアップの会

 

 

2012年に受講してくれたすみれちゃんがこんな↓ブログを書いてくれましたwww

 

地味で人気がないwww

 

そうよ、地味で人気ないんです、波動調整www

 

現実は意識が創ってるといいながら、やることは起こることに向かいあって内と外を同時同量にただ観ることでしかないので。

 

稼ぎが増えるとか、サイキックになるとか、大きな使命に目覚めるとか、そういうんじゃないですからねw

 

もちろん、そうなることになってる人はなりますけど、、、

その人にとっての大きな使命というのはその人自身のtrue natureを生きることでしかないので、何かになるとか、成し遂げるというのとはちょっと違うのです。

 

それらも結果としては起こるけど、目的ではないのでね。

 

一つ言えるのは、波動調整的に日常を過ごしていくことで、いろんなものを見破れるようになって、

自分そのものを生きるコツがつかめるようになり、結果、深〜いところから「これでいいのだ」という不動の平安を得ることはできます。

 

勘違いして欲しくないのは、感情がなくなるとか、事件がなくなるとかそういうことでもないの。

 

葛藤ももちろんなくなりゃしません。

 

でも、葛藤して統合するまでがあっチュー間になります。

 

 

感情の起伏や、様々なドラマ、日々の葛藤、、、

 

そういうことも含め、幸せだなぁ〜、豊かだなぁ〜という無条件の喜び(感情とは違う)がじわじわ湧いてくるようになるんですよ。

 

 

その辺りのことは、こちらでもお話しする予定です。

 

 

29日の夜、ぜひいらしてくださいね☆

 

 サンクチュアリ出版主宰「本当の自分を生きるための脱引き寄せ、削ぎ落としのススメ」トークライブ

 

 

 

あ、そうだ、お詫びです。。。

 

バーチャルひろ子の部屋vol.2、盛り上がって終了したんですが、私、レコーディングし忘れてまして、、、

 

ごめんなさい!!!

 

そういうわけで動画販売できません。

 

vol.3は既に募集開始してますので、ふるってご参加くださいませ☆

 

 The true natures ミーティング@バーチャルひろ子の部屋 vol.3

 

 

 

あ、そうだ!最後に!

 

秋分に向けて無料一斉遠隔波動調整開催です。

 

 9/23(土祝)秋分【無料】一斉遠隔波動調整® 

 

お見逃しなく〜!!

 

 

 

 【本質の自分を生きる】自分マスター道場

波動調整とは、貴方を催眠、洗脳、思い込みの罠から目覚めさせ、本当の自分を生き始めるきっかけをもたらすものです。

今、多くの人は、情報によって作られた偽物の世界の中に取り込まれています。

そこから脱して、より色鮮やかな豊かな世界を体験するための人生の扉を開いてくださいね。

それは、これまでの葛藤の世界から、宇宙のベクトルに沿った世界を生き始めるゲートをくぐることにも繋がります☆ 
 9/23(土祝)秋分【無料】一斉遠隔波動調整® 

 

魔法で作ったんじゃ何にもならないからねぇ

なな子がわんぱくおやすみ(おさぼり)してるので、一緒に「千と千尋の神隠し」を見直してみた。
 
 
「魔法で作ったんじゃ何にもならないからねぇ」
 
 
と言ったのは銭婆。
 
 
 
同じ魔法使いでありながら、湯婆婆と銭婆の描かれ方は対照的。
 
それをもう一回確認したくて観てみたの。
 
 
この記事を書いた後にね。
 


 
 
 
何れにしても私たちもみんな魔法使いみたいなもので、それぞれの世界でいろんなものを創造している。
 
 
その創造がマインド主導で生み出したマトリックスなのか、そもそもずっとそこにあった本当のあなたの物語を思い出す創造なのか、、、別物だと考えているのです、私は。
 
 
 
本当のクリエーションは、きっと思い出すことなんだよなと。
 
 
 
 
「一度あったことは忘れないものさ。思い出せないだけで…」
 
 
という銭婆のセリフはそのことなんだろうと。
 
 
 
私たちの感覚でいう新しいものを生み出す感じとは違うのだと思うのです。創造ってね。創造は既にされていて、そこにある。
 
 
 
私たちはそれを思い出すだけ。
 
ブループリント、本来のシナリオを思い出して再生していく道こそ本質なのだと。
 
 
 
 
 
種にはすべての物語が詰まっていて、既にそこに在るのです。ずっとね。始まりから終わりまで。。。
 
 
だから「起こることを許す」んです。
 
 
 
ひまわりの種からひまわりの双葉が生え、ひまわりの茎を伸ばし、ひまわりの本葉を茂らせ、蕾をつけ、花を咲かせ、種をつけて命を繋いでいく。
 
 
 
それは新しく創り出すというよりも、初めから終わりまでずっとあったのですよ、そこにね。
 
 
だから、言い聞かせれば、思い込めばそうなる!っていう巷の引き寄せは偽のマトリックスを創り出してるだけでさ、本質を生きることとはズレちゃうんだよね。
 
 
言い聞かすんじゃなくて、思い出すんだよ。
 
 
引き寄せるんじゃなくて、余計なものを捨てて大切なことを思い出すの。
 
 
レコードに既に刻まれたメロディを、ハーモニーを、リズムを、再生していくのが私たちの役割なんじゃないかとね。
 
 
まー、そういうことなんです。