タグ別アーカイブ: 執着

三毒=貪瞋痴が苦しみの元

 

 ❤親子トークライブ最新版無料公開中

【TrueNatures】親子トークライブドラクエvol.4

 

片岡ひろ子プレゼンツ⭐貴方のダークサイド受け容れます

【無料】魔法ポスト

 

 

ごきげんよう、片岡ひろ子です。

 

西日本豪雨で被災された皆様、心よりお見舞い申し上げます。

1日も早い復興をお祈りしています。。。

 

こちら東京では猛暑で気温の高い日が続き、ついに?私もダウンしていました。

 

一昨日炎天下を歩き過ぎてからずっと頭が微かに痛くて、、、
 
昨夜は日課の行もスキップして20時過ぎにはベッドに入り、今朝は全く起きられませんでした。
 
夫、譲司に植物たちの水遣りをお願いしてひたすら寝惚け、起きる気になったのが16時前くらい。
 
 
みなさま、暑さにも十分ご注意を。
 
日傘さして、水分もとってたし、休憩もしたんだけど、、、炎天下の運動は危険ですね、本当に。
 
娘のななこも今朝38.5度のお熱で園をお休みしていました。
 
 
まー、もう直ぐ土用ですし、季節の変わり目というのは身体が状況に合わせるために眠くなったり、熱を出したり、咳を出したり、いろいろ頑張ってくれているわけです。
 
そういう時に抵抗して症状をなくそうとせずに、身体の欲求のままに過ごすことで身体がバージョンアップしていきますので、よっぽどでなければ安静に見守る方向でいるのをオススメします。
 
 
 
さて、明日開催のバーチャルひろ子の部屋にリクエストが来たのでご紹介しておきますね。
 

===

前回のセッション+ひろ子さんのメルマガの中にある”くんるんネイゴン”について、とても興味を持ちました。全く自分の触れたことのない世界があって、なにかそこへ導かれているような気がしてきました!(笑)勉強させてください。

だれかの言葉に、心がざわつくとき、自分を平静に保てないときをどうとらえればよいですか?あまりにも漠然としているのですが、説明が難しいのです。言語化できない自分はそのままにして、言葉が浮かんだらまた質問をさせてください。

===

当日参加できなくても後日視聴可能です。その場合も先にお申込みをしておいてくださいね⭐️

 

⭐️ 7/12The true natures ミーティング@バーチャルひろ子の部屋 vol.12

 

質問の内容にも関係していくるかと思うのですが、多くの人の悩みというのは、大きく分けると2つなんじゃないかと思うのです。

 

一つ目は、

●●●したいけど、できない。 

●●●が欲しい。

●●●の状態になりたい。

 

と言う類のもの。

世の中の人が夢中になって引き寄せようとしていることからも、人は人生の多くをこれらに費やしています。

 

もう一つは、

●●●したくないけど、してしまう。

●●●が嫌なので避けたい。

●●●から解放されたい。

 

と言う類のもの。

世の中の人が夢中になって浄化しようとしていることからも、人は人生の多くをこれらに費やしています。

 

仏教の用語でね、三毒っていうの、知ってますか?

 

貪・瞋・痴

とん・しん・ち

 

一つ目の何かを欲することが「貪」。貪ることですね。

もう一つの何かを嫌がることが「瞋」。そのままだと怒ることと説明されることが多いです。

 

じゃー、「痴」は?

 

これは無明とか、無知とか、迷妄とか言われているものです。

物事の道理が見えておらず、実体のないものを真実だと思いこんで生きていることとでもいいましょうか。

 

で、その「痴」こそが、「貪」と「瞋」を生むものとになっているというわけです。

 

人間にとっての3つの毒。

なのに、その毒にまみれて生きているのが私たちだなんてなんか笑っちゃいますね。

 

アル中とかヤク中だとわかりやすいけど、私たちみんなが「貪」中毒だし「瞋」中毒。

しかも、「好きなことだけやって嫌なことはやめましょう!」的に社会が礼賛までしてるんですからね、苦しみの大元を。

 

なぜそうなっちゃうか?

それは「痴」が蔓延っているからですよね。

「貪」「瞋」が苦しみの元だって分からないのは、真理がわかっていないからです。

 

ぶっちゃけ、私も真理なんてわかってません。

頭で理解して説明することはできるけれど、宇宙の源を体験したわけではないので、まだそこに向かっている途中です。

 

でも、源との合一を体験することが「痴」を払拭することだというのは分かっています。

 

だからそのための行をしていくしかないってサレンダーしたんです。

行って言っても、それは宗教的、秘教的なものだけじゃなくて、波動調整が日々お伝えしている日常を丁寧に送ることや、自分に気づいていることも含みます。

 

厭世的になったり、遁世したりすることではなくて、これまで以上にありのままに人生を味わうことなんだろうと。

 

とはいえ、やっぱり、本質に通じる身体を開発することだったりは必要だし、瞑想しないと、自分の中の「貪」「瞋」に気づけないわけです。

 

例えば、陸上選手になるために必要なトレーニングとか学びとか開発って必要ですよね。

同様に弁護士になるために必要なトレニーングとか学びとか開発も必要です。

 

じゃー、宇宙を丸ごと体験するためには?

やはりトレニーングとか学びとか開発が必要になるわけなのです。

 

何せ、片岡ひろ子として未体験ゾーンだし、したことのないことを体験するためには学びが必要になります。

 

しかし、ここで難しい問題が一つ。

 

これもまたいつもお伝えしていることですが、陸上選手や弁護士になるのとは全く別の要素が必要なんですね、道の成就には。

 

淡々と開発のための行は続けるのだけど、その行が何かのためであってはならないということなんです。

 

何かになるため、何かを得るため、、、そういう思いを全て手放していないと手に入らないもの。

 

なんて矛盾に満ちているのでしょうw

 

ご存知の方はご存知でしょうけれども、私はこの人生で欲しいと思うものは何でも手に入れてきました。

だから、「この世的なものが手に入らないと言ってる人はやる気ないんだよ」くらいに思ってきました。

やればできるを地で生きてきました。

 

そういう意味では、社会的に脱落したわけでもなく、常にトップレベルで物事を達成してきた人間なんです。

人生うまくいかなくてスピリチュアルに目覚めたとかじゃないんですよね。

 

はたから見れば人生うまく生きまくりだったのに何で?って感じでしょうか?

 

失敗とは逆に、一見うまくいってそうな社会的成功を手に入れていった結果、それ自体が馬鹿馬鹿しく思えちゃったからなんですよ。

 

高学歴です。 で?

モテます。 で?

結婚しました。 で?

仕事できます。 で?

出世頭です。 で?

子供産みました。 で?

人気セラピストです。 で?

病気治せます。 で?

問題解決得意です。 で?

お金十分です。 で?

 

 

もちろん、そういったものの中でも本質につながる喜びってありますけどね。

誰かと何かを分かち合えたり、何かを学ぶことで自分が進化したり、素晴らしいものであって心が震えたり、、、

 

でも、それって社会的な成功とは関係なく得られるものだと思うしね。

それに気づくのもすごく大切なことだと思います。

世の中にとってじゃなくて、自分にとって本当に大切なことって何だろう?って。

 

そうして、余計なものを削ぎ落としていった結果が今の「本質の自分に出会う」というところなのです。

 

とはいえ、なければないで欲しがっていたのかもしれません、世の中で良しとされるもの。

 

だからクライアントさんには伝えますよ。

「欲しけりゃまずは手に入れろ。手に入らなくても、飽きるまで欲しがれ。」って。

 

飽きるまでやると自然と削げるから。

 

とことんやればいいよね、金儲けも、フリーセックスも、人気取りも、、、

 

表面的、この世的な欲望を満たし尽くすとそこにあるのは虚しさだから。。。

いや、虚しさがないまま、マトリックスに飲み込まれていく人もいるのでしょう。

餓鬼畜生道に自分が落ちたことに気づかないのは、自分を見張る力が足りないから。

 

何をしてもいい。とことん欲望を満たしたらいい。

 

けど、自分を見張る力や洞察力がなければ、本質に向かう方向へは還って来られません。

 

波動調整や自分マスター道場は、その力を養うものです。

とはいえ、ちょっとやったくらいじゃなっかなか身につかないけどね。

 

今月の道場で瞑想をやるのは、日々いかに私たちが「貪」「瞋」にコントロールされた人生を送っているかに気づくため。

一度気づいた上で、それを見張り続けるかどうかはその人次第です。

 

 

体験入会お待ちしています。

 

⭐️ 【本質の自分を生きる】自分マスター道場

 

 

個人的に道に迷ってる方は、いつでも個人セッションさせていただきます。

 

❤イベントのご案内

 
 
 
 
 

パートナーシップを通して自分を好きになる必要すらないことを知る

メルマガからの転載です。

 

アイキャッチの画像は我が家にお迎えしたマシマ氏の作品「間」です。

私と夫とを表しているように感じています。

 


 

ごきげんよう、片岡ひろ子です。

 

年末ですねー☆

 

高校1年の時のクラスメートと集ったり、大学の時の親友と飲んだり、自分マスター道場の忘年会だったり、、、

 

普段は板橋に引きこもりがちですが、人と会う機会がドドーンと増えています。

 

道場の忘年会では2次会でカラオケに行き6時間も歌った挙句、午前3時から我が家に移動してそこから飲み直しましたw

 

これは1次会

 

解散したのは朝の7時半。。。w

 

今日はその時、飲みながら道場生と色々話した内容からお届けしようと思います。

 

 

先にFacebookに投稿しちゃったので、そこから引用しますね。

 

まず先に1年前の投稿から。

 

>>>

 

男と女は別の生き物。

だから、近づいて触れ合う価値があるのですな。

お互いを解ってるなら近づく必要がないもん。

解らないからこそ、近づいて触れ合って、少しでも解り合えたと感じることが喜べるのですよ。

解ってる前提でなく、解らない前提だから面白いのです。

 

>>>

 

それをシェアする形でこちらを書き添えました。

 

>>>

 

【自分を好きになる必要すらない】

 

近付く前は似たところ探しをし、いざ近づいてみると違うところが気になってしょうがない、、、

 

けれど、その違いを受け入れ合うことでお互いを進化させていくのがパートナーシップ。

 

それはちょっと大変なこと。

 

好きなところだけ見ていればいいというのとは違うから。

 

一緒に住んでお互いをさらけ出し合うと本当にいろんなものを受け容れ合わないとやっていられなくなる。

 

先日のカラオケで「あなたといるときの私が一番好き」的な歌詞があったんだけど、それはきっと恋愛中のことだろうな、、、と。

 

結婚したらそうはいかない。

 

自分の中の一番嫌な面が見えて来るのが結婚。相手の嫌なところが見えて来るのもしかり。

 

そこから逃げずに向かい合って、つまり嫌いな自分が出て来るのを相手のせいにせずに向き合って、そんな自分を味わい、受け容れる課程こそ自分を愛する課程でもある。

 

受け容れるってのは好きになることではないので、嫌いな自分や嫌いな相手がいるんだって認め、そこに執着せずに放っておけるようになればいい。

 

それぞれ変わる必要もない。もちろん変わってもいい。

 

ありのまま、ナチュラルな自分を受け容れ合うってそういうことだと思うのです。

 

私がジョージといる時にこそ嫌いな自分も出て来るのは、ジョージがそれを受け容れてくれてるから安心して自分自身でいられるから。

 

そして、その嫌いな自分を無理に好きになる必要もなく、そのまま嫌いでいて構わない。

 

自分を好きになるってよくいうけど、自分を愛するのなら自分を嫌いなままの自分でいてもいいんだよ。好きになる必要すらない。

 

愛ってそのくらい懐が深いものですよ。

 

そういうわけなので、私は自分を愛してるけど、嫌いなところもたくさんあります。

 

そして同様に、ジョージを愛してるけど、嫌いなところはたくさんあるんです。

 

自分の弱さや嫌いなところを隠すために不倫したりしないの、私たちは。

 

もちろん、不倫するのが悪いって話ではなくて、、、目の前の人と100%向き合えないのは辛いよね。

 

不倫に限らず、家庭内別居だったり、セックスレスだったりさ。

 

今はまだそのようにしかいられなくても、そうではないパートナーシップの形があって、それはお互いがコミットすればそのようになります。

 

それもまー、コミットするというDOより先に自分のBEから溢れて来ることだと思うから、なんでも思い通りになるわけじゃないけどね。

 

あきるほど辛い体験を重ねて、それに飽きたら次のフェイズに入るかもしれません。

 

追記:

子供や親、兄弟との関係も一緒かも。

 

子供のことを愛しているけど、嫌いな側面はもちろんあります。

 

だって別の人間だもん、全てが私の好み通りなわけないじゃん?

 

親もね。

 

そして、みんな親から無条件に愛してもらいたかったんだよね。

 

でも、全ての親が弱さや恐れと100%向かい合えるはずもなくて、その期待にはこたえられなかった。

 

その100%向かい合える関係を結べるのが伴侶だし、ベターハーフ(あえてソウルメイトとかは言わないw)。

 

でも、、、あれだな、、自己以外の他者全部がベターハーフなんだけどね。

 

>>>

 

折しも7日に開催したウェブ座談会でのテーマも男女関係とかパートナーシップみたいなことが中心でした。

 

【過去分動画販売】バーチャルひろ子の部屋 vol.5 20171207

 

今回お届けした内容は、、、

・男女関係

・相手のせい?自分の選択?

・被害者と加害者

・ビジョンは必ず現実化している

・病気や予防接種など

・死なないように生きることをやめる

などなど

 

DVの話題なども取り上げています。

 

興味のある方は是非ご覧ください。

 

次回の開催はこちらです☆

The true natures ミーティング@バーチャルひろ子の部屋 vol.6

 

カメラとマイクをオフしての参加も歓迎です☆

 

 

 

今夜はコンサルさせてもらっている所沢ビールの新しいスタッフとの顔合わせ。

 

ついにウェブでも購入できるようになりましたので、年末年始の贈答やご自宅用に是非!

味については私が保証します!!

 

所沢ビールのフラッグシップビールビッチェズブリューご購入はこちらから

 

 

ではでは。

 

 

<イベント、講座、セミナーなど>

【動画講座】本当の自分を生きるための脱引き寄せ、削ぎ落としのススメ

【動画講座】本物の創造と本質の自分

The true natures ミーティング@バーチャルひろ子の部屋 vol.6

【片岡ひろ子】全ての問題を消滅させる「意識」の変え方【動画講座】

【波動調整】本質を生きるとは?私たちは何者でどこへ向かうのか?片岡ひろ子【動画講座】

【過去分動画販売】バーチャルひろ子の部屋 vol.1 20170802

【過去分動画販売】バーチャルひろ子の部屋 vol.3 20171004

【過去分動画販売】バーチャルひろ子の部屋 vol.4 20171109

【過去分動画販売】バーチャルひろ子の部屋 vol.5 20171207

【本質の自分を生きる】自分マスター道場

 

なっ、何をするだァーッ!ゆるさんッ!

ごきげんよう、カタリスト片岡ひろ子です。

 

人の過失が「許せない!」ってことってありますか?

 

相手がを責め、非難してしまう気持ち。

 

「相手が悪い!!!」

 

と信じて疑わないようなことをされた時、相手が悪いにもかかわらず、辛く苦しいのは許せない方だったりします。

 

許せたら楽なのにね。

でも許せない。

 

ここでよくあるスピリチュアルは「許しましょう☆」なんて気軽に?アドバイスしてきたり。。。

 

この場合の許すは、forgiveの許すですね。

 

でも、許せないんだもん!という状況を許しましょうというのが波動調整で扱う「受容」です。

 

受容はforgiveではなくて、let go です。

 

今起こっていることを起こるままに許す。

 

つまり、許せない自分を許す=let go=受容するのです。

 

「そのままを体験する」という感じね。

 

そうやって許せない気持ちを味わっていると、その状況は過ぎ去っていきます。

 

逆に、許せないのに許そう許そう(forgive)とすると、葛藤が起きてその状況が長引きます。

 

葛藤は葛藤でまた味わっておけばいいのだけど、状況を「より良いと信じている」方向に向けてコントロールしようとするマインドがその葛藤を起こしているのだから、その「より良いと信じている」ものを手放して、目の前の感情や出来事を味わったらいいんです。

簡単に言えば、飽きるまで「許さん!」と握っておけばいいのです。いずれはそれを握っておくことに興味がなくなりますから、疲れちゃってねw

 

あ、でも「手放すために」握るんじゃ、ダメですよw

それもまたコントロールですからwww

 

そのあたりのことは、実はちょっとしたコツがいるんですが、波動調整講座ではそのあたりの感覚をつかめるように身体を使った稽古をしていきます。

 

これまた簡単に言うと、「気づいて認めて解放する」だけなんですけどねw

 

 

で、、、、

 

 

コントロールしようとすることを手放すこと、それは受容でもあるし、受容=起こることを許すことはtrue nature を生きることになるし、コントロールしない方が然るべきところに落ち着くことになっていきます。

 

 

おかげさまで111名満席になったら616のセミナーでそのあたりもお伝えできるかなーと思ってます。

 

いやー、でもな、参加者全体のバイブレーションによって当日の内容は変わってしまうのです。未知。。。

どんなことをお伝えすることになるのか、今からとても楽しみです。

 

ご参加くださるみなさま、当日、共にレゾナンスを楽しみましょう☆