タグ別アーカイブ: リーディング

ドロドロな自分に気づいたら。。。

ごきげんよう、片岡ひろ子です。

 

 

昨夜のバーチャルひろ子の部屋にご参加くださった皆様、ありがとうございました!

 

チャネリングやリーディング、ヒーリングについてのディープなお話をさせていただきました。

 

この辺りの内容をさらに突っ込んで解き明かすセミナーが20日に開催されます。

まだまだお申込受け付けていますので、ふるってご参加ください。

 

波動調整講座を一度でも受けたことのある方は、バージョンアップトランスミッションが受けられます。

テキストもどんどん進化し、波動調整の作法自体もシンプルに洗練されましたので、ぜひブラッシュアップしにご参加ください。

しばらく参加していない方も気兼ねなくお越しくださいね。

講師は私です❤️

 

⭐️10/20(土)【特別セミナー『ヒーリングの本質』&バージョンアップトランスミッションフォローアップ】@板橋

⭐️10/20(土)【特別セミナー】ヒーリングの本質@板橋

 

さて、、、しばらく前にこんなメールをいただきました。

 

===

 

片岡ひろ子様

 

 

おはようございます。

 

きっと、とてもお忙しい毎日のことと思いますが

いつも、お返事を下さり

頭の下がる思いです。。。

どうもありがとうございます。

目の前の事を丁寧に生きる、というのは

こういうことなのだろうな…と思いました。

 

先日の、秋分の日の波動調整も

受けさせて頂きました。

どうもありがとうございました。

 

まなおさん、かなさんの対面での波動調整を受ける機会もいただきました。

 

緊張体質で、いつも体に力が入っていたので

それをどうにかしたい。。。ということを一番に思っていました。

そして、本来の自分はどんな自分だったのだろうということを知りたい、思い出したい。。。

というような事を、申し込みの時に書かせて頂いたかと思います。

 

対面で波動調整を受けている時、内臓の力が抜けて、下に沈んでいくような感覚

「内臓が重い。。。」そのように感じたのと

呼吸が楽になった、というか、

むしろ無理やり空気を入れられているかのような

気管にビュービュー空気が入ってくる感覚がありました。

普段、気が付くと息を止めていることが多く、

喘息もあり、息苦しいことが多いので、

空気が入りすぎて逆に苦しいほどの感じを受けました。

 

波動調整後は体がとっても軽くなったのですが、それも束の間

まなおさん、かなさんのお家を出て、駅に向かうころには、

今までの自分に戻ってしまった感じもし、

長い間に出来上がってしまった自分を変えるのは

容易なことではないのだな。。。とも思いました。

自分を変える、というのは

ちょっと違うのかもしれませんが…。

 

自宅に近づいて、なんとなくビールを飲みたくなり

一本買って帰ったのですが

帰宅してから飲むと、ビールのまずいことまずいこと。。。

ビールは好きで、時々飲むのですが

どういうことでしょう。。。

苦いだけで、美味しいと感じられなかったのですが

これも、波動調整を受けたことによるものかもしれませんね。

ほかの銘柄のビールはどうか。。。と思い、

翌日から数日掛けて、ほかの銘柄のビールを買って飲んでみましたが

マズイとまでは思わないものの

たいしておいしいとも思えませんでした。

思い込みだったのですね。

 

その夜、自宅で遠隔での波動調整も受け取りましたが

眠さに勝てず、観察はせずに、布団に入ってすぐに宣言をし、

そのまま眠ってしまいました。

途中で目が覚めたのですが、やはり呼吸がとても楽で、

体に空気がたくさん入ってくる感覚があり、

「息って、こんなに吸えるんだ。。。」と、改めて思いました。

 

そのほかは、体の変化はあまりわからなかったのですが、

両親とのことで、無理をしていた自分に気づいたり、

母も、私に対して、ずいぶん無理をしていたんだな。。。ということにも気づくきっかけがありました。

 

そしてそして。。。

今月のバーチャルひろ子の部屋の動画を、繰り返し視聴しているのですが

ここにきて、気づいたことがありました。

ひろ子さんのお話の中で、

「死んだら会おうね、って言っている人いるけど。

死ぬのは寝るのと一緒だから、ほとんどの人は覚えていないんだよね。」

との言葉、何度も聞いていたのですが。。。

 

私は以前、どこかで、

「死んだら、生まれてからこれまでのことをすべて再確認させられる。

自分がどんなことをしてきたか、誰にどんなことをして

どんな思いをさせてきたのか、すべてを一から見せられて

反省させられる。」

と聞いたことがありました。

なので、

「両親も、兄弟達も、死んだら、私がどんな思いをしてきたのか

その時にわかるはずだ。そして、反省するのだろう。。。」と、

そんな復讐めいたことを思って生きてきました。

自分のことも省みずに…。

恨んだりしているつもりではなかったのですが

「死んだらすべてがわかる。」そう、思ってきました。

今思えば、そんなにたいしたことでもなかったのですけれど。

これ、生霊ですね(苦笑)

 

両親達も、兄弟達も、

他にも、関わってきた人の中で…

きっと思い知ることだろうと、

そんな怖いことを思いながら生きてきました。

子供のころから

「Mは被害者意識が強い。」

「感謝の気持ちが足りない。」

「素直じゃない。可愛くない。」

「お前は天性の馬鹿だ。」

そう言われ続けて育ってきましたので(苦笑)

実際のところ私に問題があったのだろうと、思います。。。

 

でも、最近は、そんなことを思っていたことなど忘れていて

両親とも兄弟たちとも表面的には良い関係でやっていると思っていたのですが。

 

死んだら、何も覚えていないのですね。。。

今までもひろ子さんのお話を聞いていたはずなのに、

ここにきて、

「そうなんだ…。みんな、覚えていないんだ…。」ということに気づき

拍子抜けするとともに、

私はなんて恐ろしいことをずっとずーっと思っていたのだろう。。。

ということに、気が付きました。

 

どこか癒されていないものを抱えているのですね、きっと。

でも、それもこれも、自分で作り上げた

幻想なのですね。。。

 

そろそろ、周りの人たちに抱いていた執着を手放して

自由になって、生きていきたいです。

周りに意識を向けるのではなく

自分の内面に、意識を向けて

自分と向かい合っていきたいと思います。

 

私の緊張がどこからきていたのか、

なんとなくわかった気がしました。

それも、本当のところ、どうなのかはわかりませんけれど。。。

 

自分の内面と向き合っていったら

もっともっと、いっぱい、ドロドロしたものが出てくるのだろうなぁ。。。と思います。

自分と向き合うのが恐い気もします。

 

でも、そうなのですね。。。

汚いものは、極力出さないのですね!?

オナラを吸って、キレイな空気にして出すのですね!?

人間ダイソン…ですね(笑)

 

人間ダイソン。

どうしたら、人間ダイソンになれるのでしょうか?

 

自分の中の汚いもの、ドロドロしたものは

どうやってきれいにしたら良いのでしょうか?

 

キレイにするには、それを感じきって

手放すこと、解放することでしょうか?

 

手放すこと、解放することと、

「浄化します」と言って外に出すこととは

別のことなのでしょうか…?

 

まだ、この夏以降に、ひろ子さんのお話をお聞きし始めたばかりで

よくはわからず、モヤモヤ~としているので

少しずつ、自分のペースで学んでいけたらと思います。

 

それから、

まなおさん、かなさんのところで、

トーラス整体の体験をさせて頂いたのですが

受ける前、半身だけ受けた後、全身受けたあとと、

姿鏡で自分の姿を見たのですが。

まなおさん、かなさんが見てくださっている姿と

私自身が見ている自分の姿に、

違いがあるのだなぁと思いました。

 

同じものを見ているはずでも、

同じ向きで見ているはずでも

自分と他人では、見え方がずいぶん違うのですね。

これも、少し衝撃でした。

トーラス整体、受けさせていただく予定です。

 

10月20日は、ぜひ、参加したいと思っています。

長男は喘息があり

今年はたびたび発作が出ており

予定を入れると、ちょうどその予定に合わせたように体調が悪くなることが多いので(苦笑)

もう少し近づいてから、子供たちの様子を見つつ

申し込みをしたいと思っています。

でも気持ちは、ひろ子さんや皆さんにお会いしに行きたいと思っています!

どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

長々とすみません…

それでは、失礼致します。

 

===

 

はい、ということで、ダイソン!w

 

昨日のひろ子の部屋でも話題になったトンレンのことですね。

簡単に言うと、自分の外側のネガティビティを受け容れて無害化する感じの瞑想なんですが、、、

 

他人のをどうこうする前に、自分がドロドロだなって気づくことありますよねw

 

そのときに大事なのは、そんな自分を咎めるんじゃなくて、そのドロドロを受け容れることです。

 

受け容れるというのは無視することでもないし、開き直ることでもないし、投げ捨てることでもありません。

 

ドロドロがあるんだなー。。。と、それがあることを認めて放っておくような感覚です。

 

let it go

 

ってヤツですね。

 

汚いものを綺麗にするというイメージよりも、汚いと思って否定していたこと自体をやめる。。。みたいなニュアンスというかね。

 

汚いものを綺麗にするというイメージを持ったまま「浄化」という概念を扱うと、それは受け容れることにならず、さらには手放すことにもならないんですよね。

 

手放すとか解放するというよりも、「投げ捨てる」のに近くなる人が散見されます。

 

投げ捨てるのは「let it go」 ではなくて「throw it away」ですよね。

 

手放しているつもりで投げ捨てていないか?

 

結構大切なチェックポイントです。

 

 

で、きちんと「認めて受け容れる」ができるとそれがトンレンになります。

 

 

 

いっちばんマズイのは、そのドロドロに気づかないでいたり、正当化したり、無視したり、こんな自分じゃダメだと拒否抵抗したりですね。

 

無自覚なのが一番の垂れ流しになるかなー。

 

とはいえ、それですらそうなっちゃったら仕方ないことなので、知らずに垂れ流しちゃったのは善意の人がトンレンしてくれることを期待しておきましょうかwww

 

生霊飛ばしちゃっても、その生霊もちゃんと人の役に立ちますので、大丈夫ですw

私が今こうしてこんなメルマガ書いているのは、生霊飛ばしてくれた人がいたおかげなのですからね。

 

 

 

死んだら何も覚えてなんてないというのはマスターkan.のお話です。

kan.さんがいつも言う、本当の個を生きるというのは、生きているうちに超意識を開いてなんぼ、、、ってことなのかなと。

 

このお話は前々回のバーチャルひろ子の部屋でのテーマでしたかね。

 

来月の予定も立てましたので、ディープな世界に興味があったらぜひ遊びに来てくださいね。

 

⭐️11/13The true natures ミーティング@バーチャルひろ子の部屋 vol.15

 

 

⭐️イベントのご案内

 
 
 
 
 

 【本質の自分を生きる】自分マスター道場

 【ドラクエ】龍とひろ子のトークライブ∴ドラゴンクエスチョン

 【リアル】ひろ子の部屋

山本印店に行ってきたよ

日曜日だったかに配信したメルマガ記事です。

ごきげんよう、片岡ひろ子です。

 

真夏のような太陽が照りつけている東京は、気温も夏のよう。。。

冷房入れてます。

 

いかがお過ごしですか?

 

最近は、トキハナツの立ち上げで、自らがミシンに向かっている日がほとんどです。

自分がミシン職人になるとは考えてもみなかったなぁ。。。w

 

昨日は貫頭衣を試作してみました。

寝間着として販売予定なんですが、丈を短くするとアウターにもなります。

こんな感じ。

 

 

これは一枚袴と言う名の巨大ふんどし。これも販売する予定です⭐️

 

最近、こうしてミシンを踏んでいると、テーラーだった祖父母を思い出します。

今うちにある職業ミシンも先日、父の実家からもらってきたものだしね。

 

そんな折、トキハナツの法人印を作ってもらうのに、思いついて山本印店の予約を取ったんです。

知る人ぞ知る印鑑屋さん。

次の日の予約しか受け付けないので、縁のある人しか予約が取れません。

 

とある日にかけた時には予約を取れず、、、しばらく忙しかったりしていたので電話せずにいたんですが、

木曜日に思いついて電話すると2回目でかかりました。

 

そして、当日、、、桃仙先生から言われたのは、父方の祖母から呼ばれてやってきていると、、、

祖母は95歳で健在なんですけどね、とにかく、そっちの家系を継ぐのは私だと知らせたかったんだって。

 

ってことは、父も祖母の家系を継いでるのね。

 

父は次男で、長男の伯父がテーラーの実家の後を継いでいます。それはきっと祖父系なんだね。

 

とにかく、父の後、祖母の家系を引き継ぐのはあなたですよと。

 

聞くべきことはそれだけだったみたいなんだけど、何度も何度も言われたのは、

・打算、欲がなさすぎる、金に興味がない自然体
・男には失敗したことはない
・父方の祖母の家系をついでいて、今日ここに来たのはそれを知るため
・爽やかだなぁ
・頭いいね
・あなた可愛いね、疲れが取れたよ💕(ところどころでそう挟んでくるw)
・仕事は好きだが、金に興味がない
・息子二人も私の実家の系統
・年の割にモテるから、もっと男に意識を向けるといい、もっと遊べw
・もっとがめつく、執着を持って

同じ話を3回も4回もするから、先生酔っ払ってるのかと思ったわw

ちょろっと話に出たのは、

・呼吸器に注意、タバコは吸うな
・金は貸しても保証人にはなっちゃダメ

とか、、、二本の認印を触りながら、これがねー無駄な出費をささてるなぁ、あと、へんなじーさんがくっついてくる、、、って。

じゃー、それを処分した方がいいんですか?って聞いてみたんですよ。

そうしたら、ハンコは処分できてもそれにくっついてるものそのものはどうすんのよ?と。

 

あ、そうだよね、そりゃそうだ。この印鑑を持ったからそうなったんじゃなくて、そうなってるのが印鑑に表れてるだけなんだからwww

バカなことを聞きました。

 

山本印店で印鑑を作ると開運する!というのが巷の触れ込みなわけですが、実際はそうじゃない。

開運することになっている人が来るだけなんだと。

起こることが起きてるだけってことね。

 

とにかく、私が今回「呼ばれた」のは、実家を継ぐのは私だという認識をするためだということ。

この話を聞いていなかったとすると、いろいろ大変なことが起きて実家に帰らされる羽目になったりするんだって。

でも、それは私には起きない。

だって、こうしてその話を聞いて来たわけだからね。

実家を継ぐって言ったって、別に商売してるわけじゃないしね、なんていうか、その自覚?、その系統の血筋を引いてるんだという意識を持つことなのかなぁと解釈しています。

 

で、まー、両家の墓にはちゃんとお参りしなさいねと。

あとは、可哀想だからって変な男の面倒見ちゃうと体壊すからねって言われたな、そういえば。

今後はもう人を可哀想だと思うことはなさそうだけどもね、、、

 

最後には、なんで来たの?必要ないでしょ?ハンコ作るの?ってwww

 

はい、今回は法人印をお願いします!

って答えたら、奥さん?が、「ほら、ちゃんと説明してよ、言っといたんだから、、、」ってぶつぶつ言いながら、法人印の説明をしてくれましたw

とにかく、何も問題はなくて、実家の跡取りだって聞くのが目的でしたよとのこと。

あ、でも、マンションを売って今賃貸にいるのは、心のどこかで実家に戻るつもりがあったからなんですよね。

両親も(後々)住んでくれるなら嬉しいって言ってたし、、、

先生に言われなくても何となくはわかってた。そこが自分の帰る場所だって。

 

で、この山本印店の話をフェイスブックでシェアしていたら、大分の羽龍先生がコメントくれたんですよ。

 

「もうすごいわ。僕もそこまでわからん。(;´Д`)」

 

って。

 

先生にもわからないことあるんですか!って聞いたら、わからないことだらけだよって。

そのお答えにとても信頼できるものを感じました。

 

きっとね、私という存在は私以外のすべてで支えられているので、すべての人の意識の総和みたいなもんだろうと思うのですよね。

それぞれの人の意識から見た私の集合体が私というか、、、

だから、それぞれが見ている私にはいろんな側面があって、、、視野が広かったり、視座が高いと色々見えるんだけど、それでもそれぞれ見ているものは違っている。

 

そう、そして、なんでハンコを観てそういうことがわかるのかというと、原理は易と同じなんじゃないかなと。

すべてがフラクタルになっているから、どこかを適当にちょっと切り取ったところにすべてが折り畳まれて表現されているというか。

 

だから、手相でも人相でも星読みでも家相でも名前でもなんでもいいんだと思います、見る人が見たらなんでも全体を映し出しているんだろうなと。

 

ただ、、、すごく大事なことを知っておく必要があります。

 

先日、こんな質問をもらいました。

 

===

ひろ子さん
質問!
チャネリング
とか
サイキックとか
信じる?ってかできる?
波動調整は
観察ってあるでしょ?
アレをまーちゃんにしてもらって
たしかに
観察してもらえたしw

今度のひろ子の部屋の質問に
しようかなーー?w

===

 

何を見て、何を読み取るか、、、

 

国語の読解出来る人と出来ない人がいるでしょ?

そこに書かれている文字を読んでもそのままに字面通り理解できなくて、違う解釈をしてしまう。

 

それと同じというか、、、

 

そこにあるそのままを観ずに、何か別の解釈を加えてしまうと、それはもう観察ではないんです。

 

文字や数字、姿形ですら、そのままに観ることができない人同士が解釈問題で争ったりしているこのご時世ですから、

一般の目には見えていないところを読み解くのだとしたら、、、、そりゃもう大変です。

 

赤を緑だって言われても、それが目に見えない世界の話だとしたら確かめようがないんですよね。

 

観ている本人からしたら緑に見えているから緑だと言ってるんだよね。

その緑に見えている世界がリアルじゃなくてマトリックスかもしれないのに。

ある種、やりたい放題w

 

マトリックスはね私たちの観方次第で生み出されてしまうもの、、、

一旦生み出されたらリアルと見分けるのはとても難しい。。。

観察をしているつもりが、観察じゃなくて、観ることによる呪詛をかけている可能性もあるということ。。。

じゃー、どうすればいいの?

 

この辺のお話は波動調整講座観照の世界の内容とほぼほぼかぶりますが、次のバーチャルひろ子の部屋でお話ししようと思います。

 

安易なヒーリングと同様、安易なリーディングやチャネリングも蔓延っていて、スピ系ではあってもスピリチュアルじゃないって言うケースも散見されます。

 

探求者の皆様はどうぞご参加くださいませ。

 

申し込みしておけば後日市長も可能です。

 

マインドが創り出すマトリックス世界

Facebookをしていて何がいいかというと、過去の思い出が上がってくるところなんですよね。

つながっている人に何か伝えるという手段としても使わなくはないけれど、個人的には自分自身のための日記のようなものであるのがfacebookです。

ブログも本来日記みたいなものだったはずだけど、今や個人の持てる発信ツールになりましたね。

私がかつて17年前にテレビチャンピオンになるきっかけだったのは「食べ歩き日記」という、今でいう食べログの走りみたいなのを個人で運営していたことでしたっけ。

あ、で、これ、2年前の自分の投稿。

 

 

こうして上がってくる自分の投稿に対して、今の自分が色々思うのです。

3Dの映画、あのメガネ外したら飛び出さないもんねーw
 
 
とかw
 
 
 
 
このそれぞれの色メガネをより厚くしていくゲームをしてる部類の人と、メガネを極力外す方向に向かうゲームをしている人と二極化してのかなと思います。
 
 
メガネをどんどん厚くしていくとないものも見えるようになるし、本当ではない化け物が現れたりもする。
 
 
すると、恐れや不安も生まれ出る。架空の何かで大喜びもできるかもね。
 
 
スピリチュアルを名乗っているようなものでも、大方はこの架空の何かを創り出しているのが主流派だそうです。
 
byうりゅう先生
 
 
 
 
実はこれはとてもとても重大なことなのですが、気づいて語っている人に会ったことはありません、うりゅう先生以外。
 
 
 
先生がこないだこの話をしてくれてよかった。
 
 
私が波動調整講座で伝え続けてきたことだからね。
 
 
 
 
 
で、何がどう重要かというと、、、、
 
 
 
私たちは観ることで世界を変えうる力を有しています。
 
 
ということは、リーディングやチャネリング、サイコメトリーという名の下において、実はその人が自分の観たいようにものを観て、その世界を創り上げてしまっている可能性があるということです。
 
 
そこにあるものをありのままに観るのではなく、自分の色眼鏡=観念=思い込みを通して観ることにより、現実を捻じ曲げて一種のマトリックスを創り出してしまう。
 
 
 
これをしないようにモノをただ観るというのはとても難しくて、自分の観ている世界を疑って、疑って、疑って、ちょっと信じて、でも疑って、自分の持つ観念に気づきながら、それを鏡のように磨いてきた人でないと「ただ観る」ということは難しいのです。
 
 
 
私自身、まだまだたくさんの色眼鏡をかけているだろうと思います。
 
 
その色眼鏡のせいで、あたかも現実を創造したかのようなマトリックス世界を創り出すことができてしまうのが私たちなのです。
 
 
 
それを現実創造!引き寄せ!!と喜んでいてもいいのだけど、エゴの願望を現実化することで得られるものは本来の豊かさや幸せとは別物です。
 
 
そうした、何かで自分を満たすという衝動は尽きることがなく、いつまでも、どこまでも何かを手に入れ続けようとするのが関の山です。
 
 
本質を生きるとは、そういう可能性があることを知りながらも、何かで満たされなくとも、すでに自分が豊かで幸せで満たされている存在だと知ることです。
 
 
 

大切なのは、自分が魔境を創り出してしまえる存在であることを知って常に見張っていることです。

言ってみれば、自分でゲームのルールを変えて、そのゲームの中でよりたくさんのアイテムを集めて喜んでいる状態といいましょうか。。。

それはそれで3次元の楽しみ方ではありますが、その次元しか知らないと、結局は恐れや不安に苛まれ、いつも何か満たされない本当の何かが欠如した感覚の中で生きることは避けられないでしょう。

スピリチュアルを標榜している色々の主流派は、マインドが創るマトリックスの中でキャラクターを演じる舞台を引き寄せをしているということです。

 

それを悪いとは言ってませんよ。くれぐれもお間違いなく。

 

でも、それとは別の世界があります。ありのままのね。

 

ありのままをただ観ると現れる世界。

 

そこは本当にそれそのものがパラダイスです。何もなくても全てがあるの。

 

と言って、パラダイスという言葉に対するイメージもまた人によって違うので、私がイメージするパラダイスとは違うものを想起することも多いのですけれどね。

簡単に言うと苦しみ(恐れや不安)がない世界とでもいいましょうか。。。。

 

とここまで書いて、理解できる人がどのくらいいるかわかりませんが、必要な人に届きますように。

 

より詳しく知りたい人は波動調整講座にどうぞ。