タグ別アーカイブ: モヤモヤ

子育ての正しい道?

ごきげんよう、片岡ひろ子です。

 

ちょっとご無沙汰しちゃいましたかね?お元気でしょうか?

私はというと、10月に入ってから体調を崩したりもあったんですが、
日々、トキハナツの準備を進めてまして、ミシンかパソコンかに向かっています。

オフィシャルサイトをローンチするより先に、実験的に販売を進めていきたいなという感じで、裏サイトの構築を進めています。

 

訳あって、ウェブデザイナーのチハルが発起人から離脱することになりまして、ひとまず素人の私がなんとかサイトを作っているという状況です。

11月の半ばくらいには裏サイトを公開できるかと思いますので、どうぞ今しばらくお待ちくださいませ。

 

さてと、、、

 

先週の土曜日に開催した波動調整特別セミナー「ヒーリングの本質」、満員で無事に開催することができました。

ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

セミナー中にもお伝えしましたが、よくわからないモヤモヤは解決しようとせずにそのままモヤモヤしておくというのを大切に、これからの体験を楽しんでいっていただけたらいいなと思います。

セミナー中にご紹介した内田樹氏の記事はこちらです。

 

午前中のセミナーでは初の試みになるワークをやってみてもらいました。

 

調子の悪いところや悩みなどをお互いにシェアしあって、それを治そうとして相手に触れる場合と、

そのことを置いといて(let it goして)相手と対等に敬意を持って触れ合う場合。

 

会場にお越しくださったすべての人がその違いを感じられていました。

わからない人もいるんじゃないかと思ってやったワークでしたが、そんなことありませんでしたね。

さすがディープなところにいらっしゃる皆様!素晴らしい感性をお持ちでした。

 

午後からのフォローアップでは、講義もしつつ、何度か波動調整を実践するという機会を通して、自分に気づいていく体験をしてもらいました。

 

午後のフォローアップについては、インストラクターのえみちゃんがブログでその気づきをシェアしてくれているので、ぜひ読んでください!

 

⭐️それ、本当に出来てる?

 

波動調整やらない人にとっても大切な事です。

って言うか、波動調整で伝えることはすべての人にとって大切なことしか言わないんだけどね。

 

セミナーのパートは後日動画で公開するかも???乞うご期待を。

 

 

そして、もう一つネタを。

今朝、友人がシェアしていたこの記事。

ちょっと読んでみてください。

子どもを「ご褒美で釣る」親はなぜダメなのか 手っ取り早い効果の裏で密かに進行する弊害

 

途中までうなづきながら読んでたんですよ、私はね。けど、最後に

 

子どものちょっとしたがんばりを褒めてあげることや、ほんの少しの成長を一緒に喜んであげることなど、「親にできること」を誠実に積み重ねることが大事であり、これが子育ての正しい道です。

 

ってあってね。すごい違和感。「〜してあげる」ってところね。

 

子供は自分で自分を幸せにする力がある。だから、〜してあげなくていい。

 

親が自ら感心したり、感動したり、喜んだりするのは正直に表現すればいいだけでさ、感心してあげたり、感動してあげたり、喜んであげたりしなくていいと思うんだよね。

 

昨日も近所を歩いていたら、某七○式の看板に認めて、褒めて、愛して伸ばすみたいなことが書いてあって、ツッコミ入れたところ。(龍は1歳の時通ってたからその本も持ってるんだけど、、、当時から「褒めて」が余計だと思っていた)

 

それをわざわざやろうとするとコントロールにしかならないって気づかないのだろうか?

 

子供を大人の都合に合わせて伸ばすために褒めるんだとしたら、お金をあげるのと何が違うのか?同じでしょ?

 

親に褒められて育った子は、褒められないことがどんなことなのかもよく知っている。

だからね、褒められないことはしないのよ。やりたがらない。

褒められることだけしようとする。

 

地味なことや、失敗や、意味のないこと、役に立たないこと、世間から見向きもされないようなことをしなくなるんです。

 

もしかすると、それがその子の喜びかもしれないのにね。

親が過剰に褒めることで、親の意向に沿うような子供が出来上がる。

 

子供は伸ばすんじゃなくて、伸びるんだよ。

親の都合に合わせては伸びないかもしれないけれど、その子なりの成長をするのです。

だから、それの邪魔をしない。

 

朝顔の種からひまわりを咲かせようとしないこと。

あらー、黄色くなったわねー!とか、茎が太くて立派ねー!とか言って、ひまわりになるように誘導しないこと!w

 

信頼しておく。対等でいる。見守る。自然に寄り添う。子供の能力が及ばないところの衣食住のサポートはする。

というのが私の子育てに関する個人的な持論です。

 

でも、これができるようになるには、親が自分自身を信頼してないと難しいのですね。

 

自分自身、、、というか、自分を生かしている自然というか、宇宙というか、それそのものを信頼する道。

その学びが波動調整にはあります。

 

なんちゃってスピやビジスピでなくて、誰にでも必要なみんなに共通することを研ぎ澄ませてお伝えしていきます。

誰かに褒められたり認められたりしなくても、稼げたり有名になったりしなくても私たちは伝え続けていきます、波動調整を。

(最近、いらすとやさんネタが好き過ぎてすみません。。。w)

 

⭐️イベントのご案内

 
 
 
 
 

 【本質の自分を生きる】自分マスター道場

 【ドラクエ】龍とひろ子のトークライブ∴ドラゴンクエスチョン

 【リアル】ひろ子の部屋

衝動が自分の首を絞める

ごきげんよう、片岡ひろ子です。先週のメルマガを転載しますね。

===

今日の東京は日差しは暑いけど、空気は秋。。。今のところはエアコンなしでも快適な室内です。

 

昨日は高二になる長男龍一郎の記念祭(文化祭)に行ってきました。

 

バンドのドラムとコーラスを掛け持ちでやってるのだけど、たった一年でこんなに上達するのかとお母さんびっくり!w

 

自分のお腹を通してやってきた生命が17年人間界でいろいろ経験するとこんな風に育つものかとなんだか感慨深いです。

 

来週金曜日には毎月恒例の龍一郎とのトークライブ開催ですので、どんどん成長していく龍一郎を見てやってくださいませ。

 

 ⭐️【ドラクエ】龍とひろ子のトークライブ∴ドラゴンクエスチョン

 

そして、ちょっと、いやかなり面白かったのがヲタ芸サークルのパフォーマンスw

 

ヲタ芸が一つのジャンルとして切り拓かれているんですね〜!!

音楽に乗せて身体を使ったパフォーマンスという意味ではダンス部と似てるけど、明らかに文化が違うwww

 

かといって、パフォーマスしていた子たちがいわゆるヲタかというと、日に焼けた運動部の男子も女子もいて、、、

何かとても新しいものを感じましたw

 

次男俊太郎は実際ヲタだし、でも、そこそこ身体も使えるからヲタ芸サークルをおしておきましたw

俊太郎氏、学校では運動部でもないのに、今年の運動会のリレー、アンカーだそうで、今からプレッシャーでブツブツ言ってます。

 

と、まー、個人的な報告はこんな感じで、、、

 

昨日、配信したトキハナツ準備室のメルマガからちょっと引用しますね。

 

===

 

その後も先のことはよくわからないままに右往左往します。

 

でも、それでいいんですよね。

 

生きるってそういうことでしょう?

 

何か目指すものが決まっていて、そこに向かってまっしぐら、ゴールに着いたら「はい、アガリ!」、、、なんていうことはないんですよね、人生って。

 

ゴールなんてなくて、どこにもたどり着くところなんてなくて、私たちが人生だと感じているものは永遠に果てしない道が続いていくだけです。

 

敢えて、この横軸的、時空的人生にゴールを求めるとするならば、それは身体を手放すときでしょうか?

 

簡単に言うと「死」ですね。

 

死というある種のゴールは、私たちのエゴが考えているようなもの=達成ではないんですよね。

 

それは達成と言うよりも、達成を手放すかのような、、、身体すらも自己ではないのだ降参するときというか。。

 

だから、急いで行くところなんてないのです。

正解を最短で出す必要なんてないんです。

達成すら必要ありません。

存分に道中を楽しむ以外ないのです。

 

もちろん急いでもいいし、最短で正解を出してもいいし、達成してもいいんだけどね。

 

でも、それを求めすぎるあまりに道中の景色を見落としてはもったいなすぎるなと感じるのです。

 

===

 

社会的なことって、大概おしりが決められていたりするじゃないですか。

デッドライン。

 

でも、それって人間が勝手に決めてるだけで、自然からしたらそのラインってきっと不自然なんだろうなと。

 

自然界では自然の摂理にもとづいたデッドライン、、、というか、いわゆる「季節」というものがあります。

 

その季節が来たら、自然と咲いたり、枯れたり、実ったりする。

 

本来は人間も自然に属するものなのですから、未熟な私たちが察知できていないだけで、それぞれの季節というのがあるんだよなと感じます。

 

それこそ、人生の紆余曲折を経て「起こることをゆるす」という、自然に委ねる在り方にシフトしてきましたが、これがねー、仕事の中でやろうとするととても難しい。

 

つい、しちゃうんですよ。

 

決まるのではなく、決めちゃう。

 

つい決めちゃうのです。

 

でも、そこはちゃーんと必要な気づきが起こるようになっていて、一旦決めても、またもやーんとカオスになったりしてね、それを繰り返しながらちょっとずつ形が生まれてきています。

 

産むんじゃなくて。生まれる。

 

無理にいきんで産むんじゃなくて、起こる波に乗って生まれてくる。

 

今、「トキハナツ」が生まれるに当たって、それを最大限に楽しんでいます。

 

その物語についてはそっちのメルマガ読んでくださいね。

 

 

それにしても、このモヤモヤ感って苦手な人が多いんだよね。

私もそうでしたけど。

 

はっきりさせたい、決めちゃいたい、終わらせたい、分かりたい、解りたい、判りたい、、、

 

これらは自我の熱望です。

それに、つい衝き動かされてしまうんですよね、多くの人は。

それで、自分の首を絞めていく。

 

ゴールに向かってまっしぐら!

途中の景色などお構いなし。

とにかく何かを手に入れたい!!!

決着をつけたい!!

 

 

今回の一斉遠隔波動調整の申し込みコメントを拝見していても、そのコメント自体がそういうエゴから触発されたようなのもあったりしてますね、ぶっちゃけ。

 

それが悪いわけではありませんが、あなたを突き動かしているものの正体を掴んでいくことをお勧めします、本質に還る道中ではね。

 

そもそも衝き動かされている時点でちょっと疑った方がいい。

 

何が私を衝き動かしているの?

 

社会化が進む前の子供だったり、そういうものからすでに解放されているならいいんですけど、そうでない場合、つまり、そこそこ普通の人として社会でやってきた人たちの衝動のほとんどは洗脳によるものであることが多いです。

 

ぱっと見、なんか本質的なことを言っていそうでもね、そこにもまたなんちゃってスピリチュアルの洗脳の影を感じます。

 

「あぁ、きっと、この人は、そういう教えを受けたんだろうなぁ、、、誰かから。」ってのも多いんです。

本当にその人がそう感じているわけじゃない。

 

その人の内側から出た言葉じゃないなっていうのはわかっちゃうんですよね。

 

でも、それをやめろとは言わない。

 

だって仕方ないよね、それしかできないんだもん。

それが自分だと思い込んでるんだもん。

自分から湧いてくるってどういうことか忘れちゃってるんだもん。

 

だからいいのです、そのままで。

 

そのままを受け容れて、ありのままに還っていく。

 

そのままの、エゴのままの、社会的に洗脳されたままの自分をそのまま受け容れていく。

 

受け容れていきながら、そこに横たわっているとてもとても微かな違和感に気づいていく。

 

微かな違和感に気づけなくても、そのうちその違和感は大きくなっていくので、どこかで気づくことにはなるでしょう。

 

死ぬまでに気づかなくても大丈夫。

気づかなければ何もないのと一緒だからwww

 

大丈夫なんだけれども、ただただ自分の本質を探求したいという一次的な望みをお持ちの人たちは、どうか自分に正直に。

 

自分をごまかさないで、違和感をなかったことにしないで、立ち止まって、自分の内側にある微かな自然の声を聞き取っていこうとしてみてください。

 

波動調整を受けることで、その微かな声が聴きやすくなるかもしれませんよ。

 

 ⭐️9/23(日)【無料】秋分一斉遠隔波動調整®

 

スピ業界に洗脳されてるなぁ、、、って自覚がある人はこちらでリフレッシュをどうぞ。

 

⭐️10/20(土)【特別セミナー】ヒーリングの本質@板橋/講師 波動調整®創始者 片岡ひろ子

 

 

 

⭐️イベントのご案内

 
 
 
 

 【本質の自分を生きる】自分マスター道場

 【ドラクエ】龍とひろ子のトークライブ∴ドラゴンクエスチョン

 【リアル】ひろ子の部屋