タグ別アーカイブ: シュタイナー

本当は変わりたくないのかも?

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

メルマガ過去記事です。

 

===

 

ごきげんよう、片岡ひろ子です。

 

かなーーーりご無沙汰してしまいましたが、土曜日の午後、いかがお過ごしですか?

 

この一つ前のメールでお知らせしましたが、メルマガ配信に使っているシステムの不具合で、

以前に購読解除された方にもメールが届いてしまっている可能性があります。

 

その場合は、大変お手数ですが購読解除をおねがいいたします。

ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

 

 

さて、、、こうしてメルマガを書き始めてはみたものの、日々思うことや伝えたいことはその時に吐き出しちゃってるので、特にこれってなくてですねーwww

 

でも、実はそんな毎日がとても大切なんじゃないのかなーと思うのです。

 

その時その時を完了して生きていくこと。

 

わだかまりを残さず、思い残しなく、後悔なく、執着なく、未練なく、、、、

 

そうしたものたちを無かったことにするのではなくてね、見て見ぬ振りをするでもなくて、きちんと真正面から向かい合って味わっていく。

 

それ以上の人生なかろうと思うわけです、改めて振り返ってみると。

 

かといって、そんな生き方一朝一夕でできるかというとそんなこともなく、、、

 

いや、子供の頃はきっとそんなだったのでしょうけどね。

 

大人になるにつれ、身につけてきた有象無象から自由になるのはぶっちゃけちょっと大変です。

 

自由になったフリをするのや自分を騙すのは比較的簡単なんだけども、自分に正直に生きるにはすごく力が必要だと思うのです。

 

避けて通りたいことや、見たくないこと、知りたくないこと、無かったことにしたいこと、そういったものを取りこぼさずに生きる。

 

本質を生きるというのは、そういうことの積み重ねだと思うのです。

 

そのための考え方やワークを詰め込んだのが波動調整講座なんですが、波動調整講座の洗練度はこの6年を経てすごいところまで来たなーと実感します。

 

普段は自分では講座はしないのですが、先日、「無敵の世界」のインストラクター講座がありまして、久々に自分で講座をしたんですよね。

 

自分で作った講座なのに、この講座すげーな!と感心しまくりwww

 

おめでたいやつなだけかもしれませんが、いろんなことを突き詰めてきた結果がその講座になってるので、自分自身でしびれちゃうわけですw

 

その講座の合間にシェアした無敵の世界のテキストの一部がこんな感じです。

 

 

これらの「考え」を体感を持って体験し、理解するのが波動調整講座なんですけどね、、、

 

面白いのが、多くの人が特に体験したいと思っていなそうなことなんですよねw

 

いろいろ知りたい!!わかりたい!!けど、体験はしたくない。

 

波動調整本部の方で出しているメルマガでね、最近平日の回は実践編をお届けしてるんですが、それから読者が減ったというwww

 

頭で知りたい、情報は欲しい、、、けど、自分の日常は変えたくないし、実践なんて面倒臭い。

 

ま、それはそれでいいと思います。

 

何かが極まって変わらざるを得なくなって初めて人は動くものですから、あらかじめ何かを学んでおくというのはなかなか難しいものです。

 

大学なんかも、一旦社会に出てから行った方がよっぽど勉強するし、身につくのにねと思ったりするくらいですw

 

変わるっていうと、なんか別のものになるみたいに聞こえますけど、私のイメージとしては、

 

種のまま変わらない

双葉のまま変わらない

本葉出したところで変わらない

蕾のまま開かない

花が咲いたまま変わらない

 

そんな感じです。

 

芋虫のまま、さなぎのまま、、、、みたいな感じというかね。

 

芋虫がいきなりヤゴに変身するとかの話ではないんです。

 

 

で、、、

 

 

そういうわけで、講座に足を運べないでいるけど、実践をしてみたいという方は是非波動調整メルマガ読んでみてください。

 

波動調整®公式メルマガ『ありのままの本当のわたしで生きるために』

 

ちなみに執筆してるのは波動調整を運営している会社PWEPの代表でもあるまーちゃんこと、石川学氏です。

 

もちろんインストラクターとしても活躍中!

 

波動調整で人生が花開いた筆頭じゃないでしょうか?

 

代表としての職を得、最愛の妻と結婚し、今度なんて家まで買っちゃったもんね。

 

その前は鬱で会社を辞め、海外逃亡後、セミナージプシーをしていたのにね。←超端折ってますがw

 

 

って、実はその辺りの現世利益はどうでもいいというのが波動調整的スタンス。

 

ですが、それが起こることになっていればスムーズにそれが起こるんですよね。

 

波動調整のメインテーマの一つが「起こることを許す」ですからね。

 

 

こういう現世利益的なことを書くと世の人は喜ぶから、ちょっと書いてみましたwww

 

でもね、テキストをよく読むとこう書いてありますよね。

 

波動調整を実践していくとブロックに気づくためのイベントが次々に起こり出す。

→問題が増え、葛藤し統合へと向かっていく。

 

わははは。

 

本当、その通りなんですよ。

自分に正直に生きてこなかった人ほど直面する問題がたくさん浮かびあってきます。

 

そういうわけで、まーちゃんも人が羨むような状況が簡単に手に入ったというだけでなく、

それ以前に自分に正直になるためのイベントをたくさん消化、昇華したというだけにすぎません。

 

 

そして、こういう書き方をすると波動調整のおかげでそうなった、、、と取れるかもしれませんけど、それすらどうでもいいこと。

 

むしろ、波動調整のおかげで花開きました!と思っていただかない方がいいくらいに考えています。

 

自分自身によって、自分自身の花が開いて実を結んだ、、、

 

そんな風に波動調整を学んだことすら忘れてもらってちょうどいいんです。

 

インストラクターはそのつもりで講座を担当するようにってことになってます。

 

はじめは依存してもらってもいいけど、波動調整そのものが自立、自律のためのものなので、最終的にはその依存を外すことが大切です。

 

そのことをわかって敢えて依存させるモデルを作っているような講座やセミナーもありますけど、うちはそれじゃないんですよね。

 

 

講座の構成は今は3つのみに絞っています。

 

波動の世界、觀照の世界、無敵の世界

 

それ以外の奥伝秘伝はスキルアップシリーズや自分マスター道場で扱っています。

 

今回、全ての講座をできるようになった望月恵美ちゃんの講座をはじめ、今後のスケジュールはこちらにあります。

 

波動調整イベントスケジュール

 

一回波動調整受けただけで不眠が治ったり、顔が優しくなったり、痛みが取れたり、悩みがすっ飛んだりは普通です。

 

でも、その結果を起こすことに重きを置いてないのでそういう宣伝の仕方はしていないのです。

 

どうぞ、ご自身で体験してみてください。

 

そして、そうね、家元制度みたいに誰でもかれでもインストラクターにしようと思ってないです。

 

改めて明確になったのは、波動調整はビジネスではないということです。

 

敢えて言うのなら教育分野です。

 

稼ぐことや儲けることが目的ではありません。

 

その辺りのビジネスか仕事か、、、みたいなところの違いについては先日のひろ子の部屋でも話題になりましたので、

ご興味あれば過去分を聞いてみてくださいね。

 

 【過去分動画販売】バーチャルひろ子の部屋 vol.4 20171109

 

もっと突っ込んで質問したい!とか、別の話題についても話したいという方は次回リアルタイムでご参加を☆

 The true natures ミーティング@バーチャルひろ子の部屋 vol.5

 

もちろん個人セッションも受け付けてますよ。

 

やってないんですよね、、、って言われたりしますが、ちゃんと募集はしていますw

 

詳細はこちらをご覧ください。

 

個人セッション詳細

 

 

立冬も過ぎ、寒さも本格化してきましたが、ウィンターシーズンをどうぞお楽しみくださいね!!

 

あ、そうだ、最後に、今季我が家に導入してめちゃくちゃ感動している暖房器具をシェアします。

 

 

その名もサンラメラ!知る人ぞ知る名機!?

 

空気を温めるのではなく、モノを温めるの。だから、ちょっと換気しても全く影響ないくらい。

15年ほどオイルヒーター使ってたけど、アレ、電気代ばっかりかかって温まるのは空気だから、消すとすぐに部屋が冷えるし、またつけても温まるまで時間がかかる。

これは本当にお日様みたいでポカポカして気持ちいい☆


ここで買うのがお得でしたよ♪

 

うちはひとまず600wを一台ですけど、1200w買うなら600w2台の方が使い勝手いいと思いますよ☆

 

 

 【本質の自分を生きる】自分マスター道場

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

私たちの人生は幸せになるためにあるのでない???

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

メルマガの転載ですー。

転載しない記事もあるので、まだ購読してない方はこちらから。

 

==

 

 

ごきげんよう。片岡ひろ子です。

 

先日開催したサンクチュアリ出版主催トークライブ、無事に終了いたしました。

 

ご参加くださった皆様、ありがとうございました!

 

タイトルは、、、

 

「本当の自分を生きるための脱引き寄せ、削ぎ落としのススメ」

 

だったんですが、何を話したかというのを、当日と翌日のフェイスブックの投稿をシェアしてお伝えしてみようと思います。

 

まず、こちら。

 

===

 

 

お風呂で一人振り返り会。

 

テーマは、、、

 

本当の自分を生きるための脱引き寄せ、削ぎ落としのススメ

 

で、何を話したかというと、まっとうに生きると人生はそれなりに大変だって話w

 

だから、楽しようとか一発逆転しようとかいうのを諦めましょう!というお話でした。

 

でも、不思議なことに、それを諦めて、目の前のことに直面できるようになると、人生が俄然面白くなるのですよ、ゲームのように。

 

今回は、直前にシュタイナー本を読んでいたおかげで用語がシュタイナーっぽくなりましたw

 

本質を霊といってもいいし、観察精神って言ってもいいし、創造主といってもいいし、超意識と言ってもいい。

 

はたまたエッセンスとか、源とか、オリジンとか、源泉とか、、、

 

まー、なんでもいいんだけど、そこに向かう、もしくはそこに向かうものたちに方向を与えるために真逆に向かうための人生です。

 

人生というドラマに埋没しすぎず、かといって無視するでもなく、ドラマを味わいながら、その目的を見失わない、、、

 

そろそろそんな観点が世に増えて来てもいいのかなーと、、、、

 

悩みが多い人に参加しろ!と言っておいて、悩みは解決しないでよろしい!というヒドイトークライブでしたwww

 

解決せず、ごまかさず、逃げない。

 

本質に向かうにはね。

 

本質に向かわないのも自由です。

 

歩は金に成っても成らなくてもよい。

 

選べるのです。

 

でも、まー、歩なら成るよなぁー。桂馬とか香車なら成らないかもだけどwww

 

なんて話しながら鳩森神社を通りすがる夜道。

 

引き寄せもいいし、エゴを満たす悪い魔法使いも悪くはないですwww

 

気づきがあればよいのだよ、気づきがあればね。

 

なくてもいいです。

 

なければないで、エージェントスミスみたいにプログラムのような存在として、あなたがあなたである必要性が薄れていくだけですから。

 

あなたがあなたである必要性。

 

それを生きるためのお話をさせていただきました☆

 
 

 

===

 

で、翌日の投稿はこれ。

 

===

 

 

ジョージ(夫)に教えてあげたんだ、昨日のセミナーで話した核心。

 

「私たちの人生は幸せになるためにあるのでない」

 

ってこと。

 

そしたら、「それ、もっと広まるといいよね」とジョージ。

 

私たちの人生は、宇宙進化の一側面として私たちそのものが本当の意味での個へと進化していくために用意されている。

 

幸せになりたい!

 

という想いの中でそうではない体験も重ね、葛藤し、絶望もする。

 

常に魂の根源的な欲求に揺り動かされて生きているのが私たち人間です。

 

大変じゃない人生なんてない。なぜなら、大変な人生を歩みながら気付いて学んで統合しながら、低次の自我を成長させていくのが私たちの存在目的だから。

 

だから、なんでもいいんですよ。ドラマの中身は。会社員してても、自営でも、無職でも、なんでも。

 

そこはさして重要じゃない。

 

会社辞めた方がいいですか?って質問されたら、どっちでもいいですよとしか答えないな、私なら。

 

どんな体験でも自分に起こってくることに直面し、悩みながらも自分の道を見つけていく。苦心してね。

 

その道っていうのはドラマをどう生きるかとは関係ないもの。

 

何をするかとか、何を所有するかとか、そういうのとは全く別の次元のこと。

 

幸せを感じるためにその対極である不幸せが存在する、、、っていう人はいるかもしれないけど、逆じゃないかな。

 

不幸せを体験するために幸せがある。

 

不幸せな中でこそ自己と対峙して超越していくべきことに気づくんだもん。それを手段として自己を進化させていく。

 

そうして自己を磨いていった先には私たちの本質である源の本性である真善美が私たちの中にたちあらわれ、溢れ出てくる。

 

それは飽きるまで大変な思いをした上でのことであって、問題を解決したり、誤魔化したり、逃げたりして手に入る境地ではないのですよ。

 

自分を幸せにしようと選んだことであっても、まだ超えられていないものがあれば、それに気づいて超えていくための出来事が起きます。

 

それは、大きな観点からすればギフトなんだよね。

 

大変な時期を葛藤し、絶望し、サレンダーしてきた人は振り返ればわかるよね。

 

あの体験が自分を変えたんだって。

 

だから、他人のその体験を奪うようなことは勿体無いなぁと思うわけです。

 

そんな時は見守ってあげるのが一番。場合によっては身近な人に寄り添ってもらわないといけないこともあるかもだけど、

例えば孤独を受け容れる過程ではそれすら得られないという思いをしないといけない。

 

だから人を直したり、治したりすることは辞めたんですよ。

 

必要があって治るまで、直るまで、見守る。

 

それが波動調整のコアだよ。

 

ま、昨日はそんな話をしたのです。

 

で、それをジョージに話したのち、メールボックス開けたら、まぁちゃんがメルマガでそれを取り上げてくれてたよ💕

 

===

 

 

ということで、なんとなくトークライブの内容は伝わりましたかね?w

 

ジョージ画伯はこんな絵を描いてくれましたwww

 

 

 

 

そして、この投稿をシェアしてくれた波動調整インストラクターのえみちゃんがこんなコメントをつけてくれました。

 

===

 

「人生は幸せになるためにあるのではない」これを聞いたとき、それを認めたくない自分がいるのに気がついたの。

 

てことは、幸せになりたい、幸せじゃないといけない、とどこかで思ってたわけで、、

 

んで、その思いが余計な苦しみを生んでたなーとも気づきました。

 

あ、だからと言って幸せを求めたらいけないとかじゃなく、幸せは幸せであっていいんだけど、そうでないといけない。という思いが、苦しませるよね。

 

みんなが幸せになるのが目的なら、今不幸せなとこがある自分は、まだまだだと、自分を卑下したり、

なにかある度に、どうして自分はこうなんだと、責めたり落ち込んだりするかもだけど、

人生はもともと大変なことが起こるのが当たり前で、それに直面し、学び、進化していくのが目的だったら、問題が起こるのは悪いことでもなんでもなくて、

むしろ問題は、自分、いや宇宙か?のために用意された人生のメニュー(課題)の1つなわけで(ひろ子さんはギフトと書いてましたね)

 

そりゃ大変だけど💦

 

問題が起こることそのもの、に苦しむ必要はないんだよね。

 

だとすると、問題自体が起こらないように頑張ったり、誰かが解決したり、逃げる意味はなくて、

逃げてもいいけど、本人がやらないと進化しないし、早めにやった方が自分のためだよねw

 

そういう意味で、人生は大変なんだ。幸せになるのが目的ではない。と知ることは、失望することでなくて、

逆に安心して、挑戦して、失敗して、色んなことを体験していける救いというか、勇気になると思うのです。

 

例えば、ゼルダの伝説ゲームやるとして、クリアする課題は決まってるし、敵と戦わないと必要なものが手に入らないし、レベルアップしないし、進めない💦

それを、何とかクリアして進むのが楽しいよね💖すぐにクリア出来たらつまらないし、どこかでずっと遊んでたら終わらない。遊んでてもいいんだけどw

 

と言いつつ、私も怖くてなかなか進めないけどね、ゲームも人生も(^o^;)

 

でも子供たちはすごくて、わざと失敗したり、寄り道したり、怒らせてみたり、色んなことするの、その反応を楽しんでる。

 

人生もそうやって、いいも悪いも全て体験していくのが醍醐味、だと思えたらいいよね。それによって自分に気づき、学び進化するってのが必要だけど。

 

怖いからと言って、慌てて怖さを無視したり、なくそうとしない(無視しても、体験するまでなくならないけどね)

 

まず怖がってることに気づき、受け入れ、ただ味わう。

 

そうやって、目の前の体験を拒否せず、誤魔化さず、きちんと味わえるようにする在りかたを、波動調整(R)ではお伝えしていたりします

 

===

 

うん、そうね、認めたくないよね、一般的な感覚だったら。

 

みんな、幸せになるために生きてると信じていたいものね。。。

 

でも、私たちの本質は、幸せとか幸せじゃないとかいうのを超えた次元に存在していますので、

 

本質に繋がるには、幸せか否かという次元を突破していく必要性があります。

 

その大前提を疑うことでパラダイムシフトが起きるかもしれませんね☆

 

 

その辺りの話もしていますので、興味がある人は、サンクチュアリ出版さんから許可を得て、

動画販売をする予定ですので、準備ができるまでしばらくお待ちくださいね。

 

あ、これも画伯が描いてくれましたw

 

 

 

 

 

近々開催のイベントは以下の二つでーす。

 

こちらはお家から気軽に参加できるウェブ座談会。みているだけでもオッケーです。

 The true natures ミーティング@バーチャルひろ子の部屋 vol.3

こちらは波動調整本部主催の特別セミナー。

 【特別セミナー】本物の創造と本質の自分

 

セミナーやトークライブは基本インプロ(即興)。

 

なぜかというと、一方的に話したいことを伝えるのではなくて、参加者の方との双方向で場を創っていくのが私のスタイルだから。

 

波動調整と同じです。

 

講座の場合はカリキュラム的な骨格がありますけどね。

 

この現実も実は一人きりで作りあげているわけではなくて、自己と他者とのコラボでできている。

 

私から観た観るものと観られるもの。

 

あなたから観た観るものと観られるもの。

 

4つの要素で成り立つ世界☆

 

 

自分の世界は自分が創っている、、、そう長らく言われているかもしれませんが、一人じゃないよ☆

 

セミナーではその辺の話をすることになるかもしれませんね。

 

どうぞお楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

 

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

人類にとって一番大切なものとは?

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

いつものごとくメルマガの転載ですー。

転載しない記事もあるので、まだ購読してない方はこちらから。

 

==

 

ごきげんよう。片岡ひろ子です。

 

 

えっとー、前回のメルマガ、誤変換や、てにをはがおかしいところ満載でしたね、ごめんなさい。

 

送った直後にいろいろ気づいて直したのですが、直す前のが届いてしまってると思いので、よかったらバックナンバーから読み直してみてください。

 

 

さて、、、楽しみにしていた「シュタイナー思想とヌーソロジー」が届き早速読み始めました☆

 

 

シュタイナーを読み始めたのは、ヌースを知るよりだいぶ早くて、十数年前でしょうか?

 

とにかく難解でねwww

 

当時の私には読み進めるのがすごく大変でした。

続きを読む

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

宇宙にオーダーするようなフェイズはもう過ぎ去った

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

ごきげんよう。

 

「貴方が洗脳から目覚め、true natureへ還る触媒となります」カタリスト片岡ひろ子です☆

 

 

昨日は、波動調整の本部ミーティングでした。

 

現実界の現状に合わせて波動調整講座のテキストを見直したものをさらにブラッシュアップしました。

 

本部を運営しているまーちゃん、かなちゃんによると、波動調整講座、ここのところひっきりになしにお申込をいただいているそうです。

 

また、再受講してくれた人が、最初に受講した時には波動調整の本質を分かっていなかったと感想をもらったり、、、

 

 

そうですね、ちょっと早かったんだろうと思います、波動調整が表に出るの。

 

波動調整っていうのは、簡単にいうと、、、
 
 
クリエイターである自分からのオーダーをキャラクターである自分が引き受けるためのもの。
 
 
それを「起こることを許す」と言って表現してきたのですが、そこが多分、なんだか伝わらない。
 
講座を受けた人でもその本質を受け取れた人は少なかったのかもしれません。
 
 
波動調整が生まれた頃は、
 
分離歓迎、どんどん葛藤して飽きるまでやりきろう!
 
意図して造物して魔法使いである自分を楽しもう!
 
引き寄せ!引き寄せ!宇宙にオーダー!
 
 
っていうノリが全盛でした。
 
いや、全盛にもなってないかwww
 
その前夜って感じですね。
 
 
そして、キャラクター意識は宇宙にオーダーしてるつもりで宇宙の秩序に反する物質世界を造り出し続けた。
 
 
波動調整の中でもそのノリは確かに存在しました。
 
キャラクターが作り出した社会的な檻の中で自分ではどうにもできないと生きてきた人たちが、
実は自分はクリエイターでもあったんだ!!!って気づく過程が必要だったから。
 
でも、クリエイターとしての創造はそう簡単に誰でもできるわけでなく、結局はキャラクターとしての造物でしかなく。。。
 
今でも世間はそのノリだけど、明らかに次のフェイズに入ってますよ!!!
 
なので、脱引き寄せとか、アンチ引き寄せとか記事書いちゃうわけです、私がw
 
宇宙にオーダーするような時代はもう過ぎ去ったんだよ。
 
てか、元々そうじゃなかったわけだけど。
 
そもそもキャラクターたる自分はクリエイターからオーダーを受ける側です。
 
そして、トータルで生きるとキャラクターの望みとクリエイターのオーダーが一致することになる。
 
 
さらにそこからクリエイター意識とキャラクター意識が徐々にひっくり返っていきます。
 
 
 
 
 
 
波動調整は根本は変わらないけど、2013年という節目の後、さらに進化し続けています。
 
 
昨日、書き直した波動調整講座テキストの私からの挨拶の文はこんな感じになりました。
 
 
 
===
 

ようこそ、「本当のわたし」を思い出す波動調整講座へ。

 

もしかすると、これまで様々な人生ドラマの中で、いわゆる「苦労」とか「苦難」 と呼ばれるような体験を重ねてきたのかもしれませんね。

 

もしくは、ただなんとなく「普通の人生」を送らねばならないと思い込み、「普通 の人」のフリをしてくる中で違和感や物足りなさを感じてきたのかもしれません。

 

はたまた、何かを目指し、何かになろうともがき、何かを手に入れたら幸せにた どり着けるとがむしゃらに生き、社会=環境や他者に振り回された人生に飽きて しまったのかもしれませんね。

 

これまでそんな人生を歩んできたのには意味があります。

 

源であるクリエイターである自分から分離したキャラクターとしての自分。

 

そんな分離した存在もこれから迎える統合の時代のためには必要なフェイズでした。

 

しかし、これからは違います。

 

分離するフェイズから、それらを統合し、トータルな自分自身を生きる世界が間も無くやってきます。

 

そんな世界が訪れることが決まっているからこそ、あなたは今、このタイミングで波動調整を学ぶことになっているのです。

 

クリエイターの世界では結果が先にあり、プロセスが後です。

 

これまでの倒錯した因果の世界を超え、新しい創造の世界への扉を一緒に開いていきましょう。

 

波動調整創始し、これからも創り続けていく  片岡ひろ子

 

 
 

 

===

 

というわけですので、波動調整講座に是非いらしてくださいね。

 

再受講も大歓迎☆

 

スケジュールなどはこちらからどうぞ!

 

 

波動調整は身体を使ったワークを行いながらトータルに進めていきますが、まずは片岡ひろ子の話を聞きたい人はこちら。

 

 The true natures ミーティング@バーチャルひろ子の部屋 vol.2

 

 サンクチュアリ出版主宰「本当の自分を生きるための脱引き寄せ、削ぎ落としのススメ」トークライブ

 

 【本質の自分を生きる】自分マスター道場(体験入会あります)

 

 片岡ひろ子とランチミーティング申込みフォーム

 

もちろん、個人セッションも受け付けていますよ!

 

 

 

 

ひとまず動画くらいから、、という方はこちら。

 

 【片岡ひろ子】全ての問題を消滅させる「意識」の変え方【動画講座】

 【波動調整】本質を生きるとは?私たちは何者でどこへ向かうのか?片岡ひろ子【動画講座】

 【過去分動画販売】バーチャルひろ子の部屋 vol.1 20170802

 

古いものでしたら、youtubeにも無料でいろいろ出ています。

 

 

最後に、、、

 

最近、私、フェイスブックで夢日記つけてるんですよ。

 

どーでもいい内容なんだけど、公開にしてるので、読んでくれてる方がいてね。

 

私の夢日記の影響か、夢を覚えていられるようになってきたという方がいらっしゃいました。

 

 

2年まえの今日、ちょうど夢の話をブログに書いていたようでね、、、

 

夢をみる意識というのは、物理的な感覚ではない別の感覚器が育っているからだとシュタイナーが言っています。

 

その別の感覚器が育ってきたというバイブレーションが投稿を読んでいる方にも伝播したのかもしれませんね。

 

実存の世界では、結果が先でプロセスは後ですから、なるべくして物事が起きているだけではあるのですが。。。

 

興味のある方はこちらの記事をどうぞ。

 

 

ということで、夢の世界で覚醒して楽しんでみてくださいね☆

 

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

意識を幽閉しちゃう?

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

今日もメルマガの転載です。

 

 

「貴方が洗脳から目覚め、true natureへ還る触媒となります」でお馴染みのカタリスト片岡ひろ子です☆

 今日はちょっと難しい話になるかもしれません。

ヌーソロジーってご存知ですか?

超簡単にはしょると自分自身と宇宙とその仕組みを理解しながら、

私たちが当たり前だと思ってしまっている感覚を瓦解、変容させていくための学問かなと。

詳しくはこちらね。

http://noos-academeia.com/

で、ここの主宰の半田さんと数人の人がコラボをして壮大な書物が出版されることになり、

喜び勇んで予約したのが、つい最近のこと。

シュタイナー思想とヌーソロジー 物質と精神をつなぐ思考を求めて

 

この本の装丁の原画がマシマシで、CGで編集したのが福ちゃんことアニマンダラの福田博之氏ということで、

私が興味を持ってウォッチしている人たちが関わっているのも興味深くてですね☆

もちろん、シュタイナーの人智学もずっと興味を持って浅いながらも学んできたし、

ヌーソロージーはここ2年くらい私の中では一番ホットなテーマなのです。

そのヌーソロジーの半田さんのフェイスブックにこんな投稿があったんです。

===

半田 広宣

●まずは「永遠」の決意のもとに、そのキャンバスを開くこと。
 
記憶には二つの種類がある。ベルクソン的に言うなら、それは追憶的記憶と収縮的記憶ということにでもなろうか。追憶的記憶は文字どおり思い出されたものであるが、収縮的記憶とは、思い出されたもの自体の記憶である。言い換えれば、物質自体がその内部に持つ記憶。
 
誰もが、心の奥に後者の記憶を持っている。
 
「思考が力を持つ」というのは、思考が物質を作り上げる力を持つという意味だ。そして、これは引き寄せの法則などで言われているような「思考は現実化する」といったような意味では決してない。両者はむしろ正反対の性格を持つ。決して混同しないように。
 
追憶的記憶においては、持続空間は記憶の容器として働く。しかし、一方の収縮的記憶においては、持続空間は創造的運動体として働く。追憶的記憶はこの創造的運動体を自らの器の中に映し出し、物質として記憶する。持続体の円環はそのようにして閉じている。
 
すべては記憶、とはそういうことなのだ。この円環を見出すことができれば、世界から外在という概念は消滅する。
 
ヌーソロジーではこのような円環をケイブユニバース(cave universe)と呼んでいる。
 
ベルクソンは「物質は記憶である」とし、物質と精神の垣根を取り払おうとした。しかし、追憶的記憶と収縮的記憶の差異を今ひとつ明確にしていない。追憶的記憶のための容器となる持続空間と、創造的運動体としての持続空間には絶対的差異があるのだ。この差異が、時空では素粒子と元素の違いとなって現れる。
 
その意味では、人間が現在、思考と呼んでいるものは、時空と追憶的記憶の間を反復している意識の産物ということになるだろう。これはこれで善いとして、別に、収縮的記憶の場で営まれている思考が存在している。それがヌースだ。ヌースをたまに反-思考と呼んでいるのも、そのためだ。
 
今の僕らに決定的に欠如しているのは、こうした収縮的記憶の場に対するイマジネーションなんだよね。それは厳然として物質として生成しているにもかかわらず、それを時空の中に見てしまい、追憶的反復の中に閉じ込めてしまうものだから、思考が生きた物質の中に入れないでいる。
 
当面は、ヌースが活動している創造空間のイメージを精神に呼び起こすための試行錯誤が、あーでもない、こーでもないと、続く感じになると思う。とにかく、まずは、永遠を決意して、自分の中にそのキャンバスを開くことが重要なんだ。今度のシュタイナーとのコラボ本も、僕のパートはそういう試みの一つして書いた。物質を創造している全く異種の空間と、そこに働く知性というものが実在している。これは決意なんだよ。

 
画像お借りしてます。。。
 
===
 
 
で、私が投稿をシェアする形でこう付け加えました。
 
 
===
 

「思考が力を持つ」というのは、思考が物質を作り上げる力を持つという意味だ。

そして、これは引き寄せの法則などで言われているような「思考は現実化する」といったような意味では決してない。

両者はむしろ正反対の性格を持つ。決して混同しないように。

 

私が伝えたかったのはこの部分だったのだな、引き寄せに物申すシリーズでね。

この文章がわかる人は大丈夫。わからない人は引き寄せに慎重になることをオススメします。

あ、もちろん、マトリックスをドンドン創ってそこに閉じ込められていたいなら止めはしないんだけどね。

それがスマルに閉じ込められということなんだと私は理解してるんだけども、、、

スマルって源と真逆の方にあって、つまり創造の逆方向。虚無方向。

この現象世界で虚像である物質世界に取り憑かれちゃうと虚無っちゃうよ、ってことだろうと。

だからさ、引き寄せ引き寄せといって物質的に何か手に入れようって方向性は我々を退化させてるんだよ。

でも、それが極まって反転するならいいよね。

だから、飽きるまでやってもいいと思うのだけど、賢い人はちょっと立ち止まって考えたらわかると思うんだよね。。。

===

スマルっていうのは、ヌーソロジーの中でてくる概念のひとつで、上に書いているように創造の源真逆にある概念。

私個人の解釈ではルシファーというか、闇というか、分離というか、ディセンション方向というか。。。

というと悪いものに聞こえちゃうけど、

これがないと私たちは創造の源(ヌーソロジーではオリオンと呼ぶ概念)の方に向かえないから、大事なものではあるのですよ。

本質の方向ではないものだけどね。

ちなみに私たちがいる世界はプレアデスと呼ばれ、オリオンとプレアデスの間にシリウスがあります。

別に星座の名前でなくて、概念の呼び方ね。同じ呼び方だから何らかの関係はあるのだろうと思うけど。

プレアデスはおそらく3次元4次元、シリウスが5次元だね。

私たちは5次元の方向に向かって進化しているのだけど、その進化にはさらに低次元のスマルの作用が必要で、

でも、そういう仕組みに気づかないままスマルに引っ張られすぎるプレアデスの進化が進まず、

スマル=虚無に飲み込まれる。。。みたいな。

スマルってのは、私たちのこの3次元世界がさらに高次元の投影であることに気づかず、

リアルだと思い込んでいる物質に足を取られてしまう方向性を持ってる。

だから、最初に戻ると思考が力を持つっていうのは、もっと高位次元の智慧のようなレベルの話であって、

私たちの投影世界の中でエゴ的な思考が魔術的に物を生み出すマトリックスの話じゃないってこと。

でも、もうそういうのが横行しちゃってるわけ、引き寄せの法則とか言っちゃって。

そっち方向に向かうと、みんなどんどんスマルに引っ張られる。

もちろん、現実も体験する必要があるからあるわけで、悪いものじゃないのだけど、

「これは投影としての虚像、幻想なんだ」って見破って、幻想から目覚めていかないと本来的な進化に向かわないってことなの。

映画を映画だと思わず、これこそリアルだ!ってずーーーーっと映画館の中にいる。

それがスマルの方向性だね。

物質、つまりこの3次元的世界こそがリアルだと思い込んでしまう認識様式を変えていかなきゃいけない。

Facebookではいろいろシェアしたんだけど、昨日ダイアログインザダークという全くの暗闇を体験するというイベントに参加してきたんですよ。

生まれつき全盲の人がガイドをしてくれながら、6人のパーティで真っ暗闇を白杖だけで進んでいくという内容。

私は目が見えないのはすごく楽しくて、好奇心を掻き立てられて、いろんな探索ができました。

面白いもので、空間認知を音でしようとするからか、左耳が活性したりね。

真っ暗闇でビールを注いで飲んだり、いろんな味のおつみまみを食べたり。。。

で、いろいろと体験をするわけなんですが、光のある世界に戻ってきたらね、世界がつぶつぶに見えるんですよ。

普段からそういうことはあるんだけど、なおさらツブツブw

古いブラウン管のテレビを見ているようなざらざら感。

あ、やっぱ、この世界って映像なんだなーって直観的に感じた瞬間でした。

そしてね、私がこの暗闇で体験したのは、目が見えている世界を基準としたものであって、

生まれた時から全盲の彼女の世界とはまるで違うのだろうということを悟りました。

主観的な体験がきっとまるで違うゲシュタルトを様しているのだろうって。

ということは(と端折りすぎですが)、今私が見ている世界は実は如何様にでも形を変え得るんだなって。

意識が変わることで、感覚が変容する。

今回は感覚を変容させることで、ちょっとばかし意識にひらめきがあったって感じですけど、

でも、本来はやっぱり意識が先に変わっていく。

うーん、いや、意識が変わる様な出来事が起きていくんでしょう、オリオンからの創造のエネルギーによって。

そこに繋がっていられたら、私たちの意識は変容し、感覚が変わり、生きる次元が変わっていく。

いや、こうやって書くと変だなw

生きる次元ってそもそも意識の次元のことだもんねwww

あ、でね、今朝、2年前の投稿が上がってきてそれもシェアしたんです。

===

2年前の投稿より。

「人生で大事なことは一つしかない。」と男はつづけました。

「それは、何か成功すること、ひとかどのものになること、たくさんのものを手に入れることだ。

 他の人より成功し、えらくなり、金持ちになった人間には、そのほかのもの-友情だの、愛だの、名誉だの、

 そんなものはなにもかも、ひとりでに集まってくるものだ。

 きみはさっき、友だちが好きだと言ったね。ひとつそのことを、冷静に考えてみようじゃないか。」

     モモより灰色の男のセリフ

そう、外の世界に左右されるところで生きてると

自分の純粋な欲求を忘れて外側との対象の世界(二元性)からくる比較の世界での二次的な欲求で生きちゃうんだよね。

その二次的な欲求が、灰色の男たちがいう「だいじなこと」。

でも、騙されちゃいけない。

僕らの本質、心意、深意、真意、神意は、そこじゃないところにある。

現象している時空間のある領域を超えた、さらに奥にあるところ。そこを観る。

目先の二極性の比較の世界を超えないとだね。

===

 

これがまさに創造の源からやってくる欲求に従うか、物質に魅入られたエゴが引き寄せたがる様な欲求に従うかの違い。

エンデもすごいいいよ。

もしね、貴方が誰かについてスピとか目に見えない世界のことを学んでいたら、

自分の先生がこのことを理解しているか確認してほしい。

 

その人のフェイズによっては、目先のこととして、自分を大事にして好きなことをして満たしてね☆とかいうかもしれないけど、

本当にわかっている人ならそのあともちゃんと導いてくれるから大丈夫。

あ、導くって言っても、あれよ、誰かがなんとかしてくれる!とかとは違うよwww

最終的には自分が気付いていくんだけどさ、、、ガイドは必要なこともあるから。

私はそのガイドの一つとしてヌーソロジーを学んでいるし(完全独学だけど)、シュタイナーも読むし、kan.さんだったり、羽龍先生だったりから勝手に学ばせてもらってる。ま、あとは自然の草花かな。

弟子入りとか全然してないけどね。なんかに通ったりしてないけどね。

こだわりは手放していく必要があるけど、こだわりを手放したからといって、

いえーい、なんでもいいやー!きゃっほー!

とかなるんじゃないのですw

 

こだわりを手放すからこそ、いろいろ見えてくる。

いろいろなものの違いがわかる様になってくる。

そこに良い悪いのジャッジは挟まずに、ありのままに見えるようになってくるってこと。

すごく難しいかもしれないけど、興味があったらいろいろ読んだり観たりしてみてください。

ヌーソロジーね。

ヌーソロジーもだけど、私が普段扱ってる分野はスピリチュアルだと思ってなくて、いわゆるメタフィジックス=形而上学だと思ってます。

バシャールの本でニューメタフィジックスってのがあるけど、メタフィジックスとフィジックスが合流しつつあって、それをニューメタフィジックスと呼んでいる感じ。

ヌーソロジーもそんな感じです。物理とか数学がわからないと嫌になっちゃうかもだけど、
読めるところだけでも読むといいよ。

そして、自分の意識を変容させていってほしいなと思っています。

あんまりヌーソロジーのこととか書いてこなかったけど、やっぱり書いてみないと自分のものにならないんだよね。

って、今回はあんまりヌーソロジーのこと書いてないけどww

おぼろげなところもたくさんあるし、ヌーソロジー的にはそうじゃないよ!ってこともあるかもしれないけれど、

それは今の私の理解が進むためには必要なミスだからお許しください。

そう、私はいつでもこうして変化してきたの。

インプット&アウトプット、体験&インプット&アウトプット、体験&インプット&アウトプット、体験&インプット&アウトプット、体験・・・

変化の方向が進化の方であれば良いのだけど。。。

今日のところは以上です☆

 

あ、最後になんかこれ引用しておこう。

半田さんの言葉。

私たちが歴史と呼んできたもの、弁証法的運動のもとに絶えず止揚されてきた出来事の進化、民族対立や階級闘争の歴史は、ある意味においては〈闇の中の闇〉と〈闇の中の光〉との闘争に過ぎなかったのかも知れない。
つまり、プレアデスがプレアデス自身の中で自己完結を果たしていくための葛藤に過ぎなかったということなのだろう。
「闇の光から離れよ」とはヘルメス文書にある勧告だが、その意味は、この世で光と見えるものさえ、宇宙的真理から見れば闇の一部に過ぎないことを意味している。

 

 

 

 

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

次元上昇するには…

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

ごきげんよう☆

世界にカタルシスをもたらすカタリスト=触媒☆片岡ひろ子です。

怪しすぎるタイトルですね〜wwww

昨日のカルマに引き続き。。。w

さらに怪しい感じで、昨日届いたこの本、昨日のうちに読了しました。

エーテル体に目覚める本

エーテル体に目覚める本
著者:松村潔
価格:1,728円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

 

なかなかに怪しいというか、スピスピした感じのタイトルなんですが、Amazonの書評が良かったので読んでみることにしました。

エーテル体を認識できるとどんないいことがあるかっていう話がメインのはずなんだけど、途中からは完全にグルジェフの水素論の解説になっていました。

また、そこが面白くもあるんだけどね。

水素論に潜り込みながら、きっと思い出すのでしょう、「そうだ、この本、エーテル体の話だった!」って。時々エーテル体の話に戻りますw

個人的には自分の持っている体験や知識をまた別の角度から切り取ってくれているので、とーーーっても面白く読めました。

シュタイナーやoshoの話なんかも飛び出してね。

なるほど!そうだよね!という視点がたくさんもらえました。

時空間に縛られた横軸からゼロポイントを越えての垂直と、さらにその奥へ。

kan.さんもそんなことを言ってるし、負け組進化論でもホリゾンタルからバーティカルへという話が出てきます。

自分の意識レベルで認識できる次元から飛び出して垂直に進化する、つまり次元上昇するには極のないゼロポイントに在ることが必須です。

このゼロポイント、中庸って言ったりするからイメージとしては二極の真ん中のような気がするでしょ?

でも、私はそう捉えていなくて、陰と陽とを両方含む意識だと考えています。

 

どっちつかずではなくて、どっちも、、、ね。

そのことを著者の村松氏は垂直軸の周りを回っている状態として表していました。

陰と陽は端っこ同士ではなく、繋がっている円環なんですよ。

実は太極図がそれを表していますね。あれ、平面に見えるけど立体です。

tao

太極図

 

陰極まれば陽と転ず 陽極まれば陰と転ず

この円環を回ることで陰と陽が統合されて中間のゼロが生まれ、円の中心にある垂直軸の方向に次元上昇するっていうことです。

直線上を行ったり来たりするんじゃないんです。そして、その垂直軸は垂直軸でまた上の次元から見れば、上位次元の垂直軸の周りを円運動をしていて、そのまた上の。。。とフラクタル(相似形)になっている。

ってことは、下位次元の円周運動は実は螺旋運動になっているってことですよ、イメージできますか?

これ、お気に入りの動画。これでイメージできるかな?

 

私たちの意識は上位次元から見ると狭量なんですよね。その狭い視野で見ると自分は直線上を生きているように感じてしまう。だから二極性を行ったり来たりするだけで円にならない。

陰と陽がつながっていると思えないのです。

基本的には陰、影の側に対して拒否抵抗があるからですね。円が完結しない。陰陽を超えたゼロに戻れない。

高次元から見るとね、私たちが拒否抵抗している陰なんて、なんてことのないものだと思えるんですよ。

そのことがこの本の中にも水素論の番号を使って説明されていて非常に興味深かったです。

水素48の人には耐えられない不幸でも24の人にとってはナンテコトナイ。。。みたいな感じでね。

水素論っていうのはざっくり言うと、大いなる1から3が生まれ、3から6が、、、という感じで、無から有が創造される、つまり分割される順番に数字を当てはめていくのですが、、、要は振動数とか物質的密度の高低を表すものというか。

って、ただそれだけじゃないんですよ。説明し始めるとそれこそ本が一冊かけるので、本読んでください!w

 

で、その水素24とか48とかで私たちの知性と感情と身体のレベルを論じるのですが、これがまた分かりやすくてよかったです。

これ、共通言語になると楽だよなーと。。。

それって、24的だよね〜。。。いやー、48の人たちにマーケティングするわけだからさー、、、なんて仲間内で使い易いwww

ちなみに通常の目に見えるものしか受け入れません!的な一般人の知性は水素48だそうですよ。12まで上がると預言者みたいな状態だそうで。

さらに水素論にはオクターブの法則やエニアグラムの話も出てきて夢中で全部読んでしまいました。

十牛図に造詣が深いのも素敵ですね〜☆

 

オクターブ論は陰と陽の間を7段階に分割するという考え方なんだけど、なんだかゲーテの色彩論を思い出しました。

色は闇と光の間に生まれる。

って文字にしてみると、色即是空空即是色っぽいなー。

色っていうのは物質を指したりしますからね。

そう、それで、ふと思ったの。太極図でコマを作って回してみたらどうなるだろう?って。みなさん、昔やりませんでした?

白黒模様のコマを回すとカラフルに見えるっていうやつ。

そう、そうだ!ベンハムのコマね!!!

心理学的には錯視ってことになってるけど、実は真理なんじゃないかと思ったり。。。

それを太極図でやってみよう!みたいな。やってみたら報告しますw

あ、で、肝心の?エーテル体については巻末にどうやって認識するか的なノウハウがありましたよw

エーテル体の認識は超簡単です。

波動調整(R)でも使うオープンフォーカス(平行法)で自分の手や、そこにいる人の姿を見ていたら、周りにモヤっとしたようなものが見えますから。

ラーの左眼とかヌメヒ・アークトとか呼ばれてたりもする感じかなと。能動的にフォーカスしないものの見方です。

今思えば、波動調整(R)の観察でリモートヴューイングできるのは、実はエーテル体を認識していたからなんですね〜。。。

村松氏は普通の感覚と切り分けないとって書いてましたが、わたし的には普通の感覚のうちなんだけどな、エーテル体とかプラーナとか見るの。。。

でも、いわゆる一般の人の五感というレベルとは違うものなのかもですね、オープンフォーカスってある種のトランス状態でもありますから。

そう!

それでですね、その垂直に入るための円周運動!!!!つい数日前から思い出していて、道場でやろうと思ってたんですよね。

そうしたら、この本にも直線運動ではなく円周運動をって書いてあってシンクロ。

変性意識状態に入るための秘儀があって、これまで一回もお披露目してなかったんですが、11月の波動調整(R)上級講座で取り入れてみようかなと。。。

11月に上級受けるにはその前に初級、中級の受講が必要なので、興味がある人はスケジュールをご覧ください。

今の料金体系では11月が最後です。

 

講座のスケジュール、詳細はこちらから。

久々にセミナー開催!会場参加の人は質問相談し放題☆
遠隔視聴は無料です♪9月25日夜@板橋区開催
波動調整的人生なんでも相談セミナー&体験会!!

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

カルマってなんだよ!?その1

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

ごきげんよう☆

世界にカタルシスをもたらすカタリスト=触媒☆片岡ひろ子です。

今日はいつにも増してぶっちゃけます。

 

『現と夢の往来。行き交う途中で、居た堪れない過去ども此処に消えろ。』

そんな感じで夕方は生きているような死んでいるような感じで現と夢を行ったり来たり。

その中で反吐がでそうな自分のカルマを横目に、拒絶したいけれど、どうにもそこにあって削ぐことなんてできないんじゃないかという疑いの中で微睡み、、、

なんとか現の方に戻ってまいりました。

 

とは、昨日のFacebook投稿。。。

カルマ、カルマ、カルマ。。。

yumeziのせい!でw、頭の中にカルマという言葉がこだまして、ついには夢の中でカルマについてブログを書くということに相成りました。

そして、こうして実際に現の中でも執筆するという。。。

続きを読む

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

シュタイナー曰く「人間の使命」とは?

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

ごきげんよう☆

世界にカタルシスをもたらすカタリスト=触媒☆片岡ひろ子です。

 

先日やらかしてしまいました。。。

続きを読む

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

マインドと感情とボディ

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

ごきげんよう。

世界にカタルシスをもたらすカタリスト=触媒☆片岡ひろ子です。

たくさんの夢を見ていました。

夢を見ていると眠っているというよりも、ある種、起きて活動しているのと変わらない感じです。

海に行ったり、自動改札をくぐってみんなで旅行に行ったり、石屋さんをうろうろとしてレアストーンを眺めたり、インタビューされたり。。。

続きを読む

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

問題を解決しない修行

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

yumeziの無料占いいろいろ

ごきげんよう。

世界にカタルシスをもたらすカタリスト=触媒☆片岡ひろ子です。

なんだか身体の改造が進んでいるようです。

 

「問題は解決しない」という修行をしつつ、「問題解決ではないやりたいこと」をただやろうとしていたらなんだかストレッチ(ウー)マンになっていました。

 

ストレッチというか、ヨガというか、受容のワークというか。。。。

 

 

「問題を解決しない」という修行は、思えば6月頭くらいから本格的に始まったような気がします。

続きを読む

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]