三毒=貪瞋痴が苦しみの元

Pocket
LINEで送る

 

 ❤親子トークライブ最新版無料公開中

【TrueNatures】親子トークライブドラクエvol.4

 

片岡ひろ子プレゼンツ⭐貴方のダークサイド受け容れます

【無料】魔法ポスト

 

 

ごきげんよう、片岡ひろ子です。

 

西日本豪雨で被災された皆様、心よりお見舞い申し上げます。

1日も早い復興をお祈りしています。。。

 

こちら東京では猛暑で気温の高い日が続き、ついに?私もダウンしていました。

 

一昨日炎天下を歩き過ぎてからずっと頭が微かに痛くて、、、
 
昨夜は日課の行もスキップして20時過ぎにはベッドに入り、今朝は全く起きられませんでした。
 
夫、譲司に植物たちの水遣りをお願いしてひたすら寝惚け、起きる気になったのが16時前くらい。
 
 
みなさま、暑さにも十分ご注意を。
 
日傘さして、水分もとってたし、休憩もしたんだけど、、、炎天下の運動は危険ですね、本当に。
 
娘のななこも今朝38.5度のお熱で園をお休みしていました。
 
 
まー、もう直ぐ土用ですし、季節の変わり目というのは身体が状況に合わせるために眠くなったり、熱を出したり、咳を出したり、いろいろ頑張ってくれているわけです。
 
そういう時に抵抗して症状をなくそうとせずに、身体の欲求のままに過ごすことで身体がバージョンアップしていきますので、よっぽどでなければ安静に見守る方向でいるのをオススメします。
 
 
 
さて、明日開催のバーチャルひろ子の部屋にリクエストが来たのでご紹介しておきますね。
 

===

前回のセッション+ひろ子さんのメルマガの中にある”くんるんネイゴン”について、とても興味を持ちました。全く自分の触れたことのない世界があって、なにかそこへ導かれているような気がしてきました!(笑)勉強させてください。

だれかの言葉に、心がざわつくとき、自分を平静に保てないときをどうとらえればよいですか?あまりにも漠然としているのですが、説明が難しいのです。言語化できない自分はそのままにして、言葉が浮かんだらまた質問をさせてください。

===

当日参加できなくても後日視聴可能です。その場合も先にお申込みをしておいてくださいね⭐️

 

⭐️ 7/12The true natures ミーティング@バーチャルひろ子の部屋 vol.12

 

質問の内容にも関係していくるかと思うのですが、多くの人の悩みというのは、大きく分けると2つなんじゃないかと思うのです。

 

一つ目は、

●●●したいけど、できない。 

●●●が欲しい。

●●●の状態になりたい。

 

と言う類のもの。

世の中の人が夢中になって引き寄せようとしていることからも、人は人生の多くをこれらに費やしています。

 

もう一つは、

●●●したくないけど、してしまう。

●●●が嫌なので避けたい。

●●●から解放されたい。

 

と言う類のもの。

世の中の人が夢中になって浄化しようとしていることからも、人は人生の多くをこれらに費やしています。

 

仏教の用語でね、三毒っていうの、知ってますか?

 

貪・瞋・痴

とん・しん・ち

 

一つ目の何かを欲することが「貪」。貪ることですね。

もう一つの何かを嫌がることが「瞋」。そのままだと怒ることと説明されることが多いです。

 

じゃー、「痴」は?

 

これは無明とか、無知とか、迷妄とか言われているものです。

物事の道理が見えておらず、実体のないものを真実だと思いこんで生きていることとでもいいましょうか。

 

で、その「痴」こそが、「貪」と「瞋」を生むものとになっているというわけです。

 

人間にとっての3つの毒。

なのに、その毒にまみれて生きているのが私たちだなんてなんか笑っちゃいますね。

 

アル中とかヤク中だとわかりやすいけど、私たちみんなが「貪」中毒だし「瞋」中毒。

しかも、「好きなことだけやって嫌なことはやめましょう!」的に社会が礼賛までしてるんですからね、苦しみの大元を。

 

なぜそうなっちゃうか?

それは「痴」が蔓延っているからですよね。

「貪」「瞋」が苦しみの元だって分からないのは、真理がわかっていないからです。

 

ぶっちゃけ、私も真理なんてわかってません。

頭で理解して説明することはできるけれど、宇宙の源を体験したわけではないので、まだそこに向かっている途中です。

 

でも、源との合一を体験することが「痴」を払拭することだというのは分かっています。

 

だからそのための行をしていくしかないってサレンダーしたんです。

行って言っても、それは宗教的、秘教的なものだけじゃなくて、波動調整が日々お伝えしている日常を丁寧に送ることや、自分に気づいていることも含みます。

 

厭世的になったり、遁世したりすることではなくて、これまで以上にありのままに人生を味わうことなんだろうと。

 

とはいえ、やっぱり、本質に通じる身体を開発することだったりは必要だし、瞑想しないと、自分の中の「貪」「瞋」に気づけないわけです。

 

例えば、陸上選手になるために必要なトレーニングとか学びとか開発って必要ですよね。

同様に弁護士になるために必要なトレニーングとか学びとか開発も必要です。

 

じゃー、宇宙を丸ごと体験するためには?

やはりトレニーングとか学びとか開発が必要になるわけなのです。

 

何せ、片岡ひろ子として未体験ゾーンだし、したことのないことを体験するためには学びが必要になります。

 

しかし、ここで難しい問題が一つ。

 

これもまたいつもお伝えしていることですが、陸上選手や弁護士になるのとは全く別の要素が必要なんですね、道の成就には。

 

淡々と開発のための行は続けるのだけど、その行が何かのためであってはならないということなんです。

 

何かになるため、何かを得るため、、、そういう思いを全て手放していないと手に入らないもの。

 

なんて矛盾に満ちているのでしょうw

 

ご存知の方はご存知でしょうけれども、私はこの人生で欲しいと思うものは何でも手に入れてきました。

だから、「この世的なものが手に入らないと言ってる人はやる気ないんだよ」くらいに思ってきました。

やればできるを地で生きてきました。

 

そういう意味では、社会的に脱落したわけでもなく、常にトップレベルで物事を達成してきた人間なんです。

人生うまくいかなくてスピリチュアルに目覚めたとかじゃないんですよね。

 

はたから見れば人生うまく生きまくりだったのに何で?って感じでしょうか?

 

失敗とは逆に、一見うまくいってそうな社会的成功を手に入れていった結果、それ自体が馬鹿馬鹿しく思えちゃったからなんですよ。

 

高学歴です。 で?

モテます。 で?

結婚しました。 で?

仕事できます。 で?

出世頭です。 で?

子供産みました。 で?

人気セラピストです。 で?

病気治せます。 で?

問題解決得意です。 で?

お金十分です。 で?

 

 

もちろん、そういったものの中でも本質につながる喜びってありますけどね。

誰かと何かを分かち合えたり、何かを学ぶことで自分が進化したり、素晴らしいものであって心が震えたり、、、

 

でも、それって社会的な成功とは関係なく得られるものだと思うしね。

それに気づくのもすごく大切なことだと思います。

世の中にとってじゃなくて、自分にとって本当に大切なことって何だろう?って。

 

そうして、余計なものを削ぎ落としていった結果が今の「本質の自分に出会う」というところなのです。

 

とはいえ、なければないで欲しがっていたのかもしれません、世の中で良しとされるもの。

 

だからクライアントさんには伝えますよ。

「欲しけりゃまずは手に入れろ。手に入らなくても、飽きるまで欲しがれ。」って。

 

飽きるまでやると自然と削げるから。

 

とことんやればいいよね、金儲けも、フリーセックスも、人気取りも、、、

 

表面的、この世的な欲望を満たし尽くすとそこにあるのは虚しさだから。。。

いや、虚しさがないまま、マトリックスに飲み込まれていく人もいるのでしょう。

餓鬼畜生道に自分が落ちたことに気づかないのは、自分を見張る力が足りないから。

 

何をしてもいい。とことん欲望を満たしたらいい。

 

けど、自分を見張る力や洞察力がなければ、本質に向かう方向へは還って来られません。

 

波動調整や自分マスター道場は、その力を養うものです。

とはいえ、ちょっとやったくらいじゃなっかなか身につかないけどね。

 

今月の道場で瞑想をやるのは、日々いかに私たちが「貪」「瞋」にコントロールされた人生を送っているかに気づくため。

一度気づいた上で、それを見張り続けるかどうかはその人次第です。

 

 

体験入会お待ちしています。

 

⭐️ 【本質の自分を生きる】自分マスター道場

 

 

個人的に道に迷ってる方は、いつでも個人セッションさせていただきます。

 

❤イベントのご案内

 
 
 
 
 
カテゴリー: true nature, True seeds, スピリチュアル, 宇宙の真理, 悩み, 本質を生きる, 自分マスター道場, 自分探し, 雑感 | タグ: , , , , , , , , , , , , , | 投稿日: | 投稿者:

片岡 ひろ子 について

1973年栃木県生まれ、さいたま市育ち。 早大心理学専修卒業後、NOVA、楽天で営業、新規事業立ち上げ、マーケティング、コンサルティング、人事総務管理職経験を経て、出産に伴い退職。 自身の体調不良を機に代替療法、ヒーリング、エネルギーワーク、ボディワーク各種を学び、2008年量子の世界に目覚め「真の自分に還る旅をサポートする True Seeds」を開業。 開業後、上場企業内で専属カウンセラー・セラピストとして活動する傍ら、個人セッションではこれまでに数千人を解放に導く。セミナー、ワークショップの開催多数。 2011年、それまでの学びと臨床経験の集大成として波動調整(R)を創始。講座、セミナー、イベントを通じ、本質の自分に還るためのサポートを全国各地で行ってきた。 カタリスト=触媒としてカタルシスをもたらし、本質に還るサポートを行うかたわら、起業家のコンサルティングなども行ってきたが、より深く内なる本質と繋がるためにセミリタイア。現在は家族との日常生活を満喫し、趣味の園芸やアクアリウムに精を出す日々を送っている。 現在、徐々に現場に復帰。セミナーや座談会などを通し、必要な人へ必要な情報が届く様、活動再開。 TrueSeeds 主宰 自分マスター道場 主宰

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です