ソフトコンタクトはバカになる!?

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

ごきげんよう!片岡ひろ子です。

更新全然してなくてごめんなさい。

最近、大して吠えたいこともなくってねー。。。。w

 

地味にメルマガは書いたりしてるので、よかったらご購読を。


無料メルマガ登録はこちら

 

なのに、なぜ久々にブログを書く気になったかというと、それはやっぱり感動というか、面白いことがあったからですよ☆

 

今日は4年ぶりに眼鏡のとよふくさんを訪れました。

 

とよふくさんについては、4年前のこの記事を読んでみてね!

 

世界が在りのままに観える!感動眼鏡☆

 

で、今回のレポート。。。

実は昨日まで発熱で寝込んでおりました。

8月に40度越え、10月末に39度、そしてまたその10日後に39度。。。

当たり年???

娘のなな子も41度まで出しまして、二人で苦しみながら脱皮(ということにしておく)してたのです。

 

今日になるまで分からないなーと思いつつ、昨晩のうちにはなな子も連れて車で行くことに決定。

 

今回は夫のジョージも検眼してもらうことになっていたので、なな子を預けて二人で電車の旅と思っていたのですが、何しろ私となな子の体調がね。。。。

 

なな子を預けて2時間の道のりを電車で行くか、なな子を連れて1時間半の運転をするか。ま、後者でしょう!

 

ということで、朝8時過ぎに出発。予約は朝一の10時からでした。4年経ってもきちんと覚えていてくださって、いろいろと近況報告やら目の状況やら眼鏡の状況やらをお伝えしました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-04-17-02-02

初めてのジョージは問診票からです。パソコンを使うかどうか、屋内屋外どっちにいることが多いか、趣味、よく食べるもの、眼鏡の経験、コンタクトの経験など。。。

 

そして、ジョージの検眼からです。入室して一緒に見させてもらっていたんですが、ジョージ、やっぱりwww変わっているらしい。先生がたいそう感心されていました。

曰く「普通の日本人とは違って、左脳タイプじゃないんですね〜。いやー、これからはこういう方に活躍してもらわないといけないなぁ。。。」

 

とよふくで検査を受けたことがある方はご存知でしょうが、それでそんなことがわかるんだ!!というシーンで先生からコメントが出たりします。

 

ジョージは目は大して悪くないのだけど、ちょっと悪いのを放っておいたが故に見えにくい時に顔をしかめる癖がつき、そのせいで乱視になってしまっているとのこと。

で、ジョージの場合、若い(31歳)からまだ大丈夫だけれど、このままいくと脳梗塞になる傾向だそうです。

同じ眼圧があがるのでも緑内障とは違うタイプだと教えてくださいました。

 

「でも、これまでコンタクトの履歴もないし、目の素質はいいのですぐに治るでしょう。」とのことで、遠くを見るとき用のメガネだけを作りました。

外に出て看板や景色や人の顔なんかを見るとき用ですね。

そして、目を凝らして見る癖をやめましょうということでした。

 

あ、ご存じない方のために。。。ジョージ(譲司)はインド人ハーフです。

遺伝的にも生活上受け継がれるものでも、目の使い方=脳の使い方って特徴が出るんですね〜。

 

さてさて、私の番。

 

私は4年前に作ってもらったメガネ一本で、本当に何かイベントがあったりするときだけハードコンタクトをつけて過ごしてきました。

その一本は手元用で度は弱めだったんですよね。。。0.8とかかなぁ?

なので、買い物とかセミナーで前に立ったりするとき、夜の運転などはコンタクトを併用していました。

それでも、電話で予約をした時に現状を伝えると「コンタクト併用は基本NG」とのことだったので(初回から聞いてたんですけどね・・・)、そこからは一切コンタクトを入れることをしませんでした。

 

コンタクトを1回入れると、アル中が断酒してる途中に酒を飲むようなもので、コンタクト中毒に戻ってしまうと先生はおっしゃっていました。

私のはハードだからかなりマシだけど、ソフトはひどいと。。。

 

簡単にいえば、「ソフトコンタクトをし続けているとバカになる」とwwww

思わず笑いましたが、そういうことですよね。

目の使い方=脳の使い方だから。。。

 

偏差値80が70になったり、70の人が65になるならいいけど。。。

ソフトコンタクト中毒になったら、東大や京大は無理ですよともおっしゃってました。

そして、ソフトコンタクトでバカになった人は、自分の見方が悪いんじゃなくて、世の中の方が悪いんだと言い出し、自分が変わることを拒むからタチが悪いと。。。wwww

だから重度のコンタクト依存症だと眼鏡を作ってもそれに慣れることができず、コンタクトに頼るものの見方のまま変われないのだそうです。


なぜなのかはこちらね。

世界が在りのままに観える!感動眼鏡☆

 

 

私は、4年前に作った時に目の使い方を褒められ多分良くなるだろうと言われていたのですが、その通りにかなり改善されていました。

左目の方が悪かったのだけど、そのバランスが整ってきたとのこと。

なんなら、目は良くなったのにこれまでのメガネをかけ続けたことが良くなかったくらい。。。

ですよねー、、、4年も検眼してもらってなかったんだもんなぁ。

 

そういうわけで、手元用のメガネも作り変え、今度はコンタクトを全く止めるために運転、買い物、映画、広いところでの仕事のために1.0出る外出用メガネも作りました。

そして、どちらもある種の遠近両用。

 

私は遠視はないのですが、外用メガネでも手元が楽に見えるようにするのと、手元用メガネでも見上げればちょっと遠くも見えるようにしました。

 

そして、いずれは出るであろう遠視。。。

そのためにも遠近両用に慣れておく方がいいのだそうです。

 

50、60になると脳が変化についていけず、遠近両用メガネ自体に慣れることができないそうで。。。

 

豊福先生はあと2年で70歳とおっしゃってましたが、手元に光るApple Watchを見せてくださって、これが使えるのも遠近両用メガネを使いこなしているからだと。。。

アイコン、ちっちゃいもんね、Watchだと。

そういうわけで、私も遠近両用メガネを使いこなすために脳の運動をば。。。

 

そうそう、そして、今、右肩が上がってる感じなのも目のせいですから治りますよと。。。

 

ちなみに、私のように目が良くなるタイプの人は10人に1人程度だったのだけど、最近は10人に3人くらいになってきているそうです。

 

きっと、意識の高い人が集まるようになってきているのかもしれませんね。

 

 

ジョージのメガネはスタイリッシュな緑のメガネ、私のは私らしいwちょっと変わった洒落者風メガネを二本。

写真を撮らなかったので、それはまた出来上がりをお楽しみに☆

 

病み上がりにもぴったりな?超健康な感じのランチをいただいて帰ってきました☆

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-04-17-02-26%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-04-17-03-08%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-04-17-02-41

要予約ですよん。

 

あ、あと、気になったライブラリwww

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-04-17-02-55

最近、女 南方って呼ばれたりするのでw

 

帰りは高速が空いてたので1時間で帰宅。

 

電話でのカウンセリングによって予約を入れてもらえることもあれば、入れられないこともあります。

 

子供は基本的にNGで、うちの中三の息子も今回はお断りされました。

高校生からなら大丈夫なのかな???

 

とよくさんのサイトはこちらから。

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

カテゴリー: 健康, 心身調整のヒント, 自分探し, 雑感 | タグ: , , , , , , , , , | 投稿日: | 投稿者:

片岡 ひろ子 について

1973年栃木県生まれ、さいたま市育ち。 早大心理学専修卒業後、NOVA、楽天で営業、新規事業立ち上げ、マーケティング、コンサルティング、人事総務管理職経験を経て、出産に伴い退職。 自身の体調不良を機に代替療法、ヒーリング、エネルギーワーク、ボディワーク各種を学び、2008年量子の世界に目覚め「真の自分に還る旅をサポートする True Seeds」を開業。 開業後、上場企業内で専属カウンセラー・セラピストとして活動する傍ら、個人セッションではこれまでに数千人を解放に導く。セミナー、ワークショップの開催多数。 2011年、それまでの学びと臨床経験の集大成として波動調整(R)を創始。講座、セミナー、イベントを通じ、本質の自分に還るためのサポートを全国各地で行ってきた。 カタリスト=触媒としてカタルシスをもたらし、本質に還るサポートを行うかたわら、起業家のコンサルティングなども行ってきたが、より深く内なる本質と繋がるためにセミリタイア。現在は家族との日常生活を満喫し、趣味の園芸やアクアリウムに精を出す日々を送っている。 現在、徐々に現場に復帰。セミナーや座談会などを通し、必要な人へ必要な情報が届く様、活動再開。 TrueSeeds 主宰 自分マスター道場 主宰

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です