カルマってなんだよ!?その2

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

ごきげんよう☆

世界にカタルシスをもたらすカタリスト=触媒☆片岡ひろ子です。

 

増し増しでぶっちゃけている本日。

カルマってなんだよ!?その1

の続きをお届けします。

そういうわけで、私のカルマちゃんはね、一見するとすごく現実世界で役に立つように私を衝き動かすものの正体でした。

営業目標は必ず達成!

お金には困らないようにやりくり上手!

できる限りの無駄は排除!

シャーかと思うくらいのスピード感!

出世街道まっしぐら!同期で一番!

かといって、ツンケンしてなくて人当たりも悪くなく、人気者!

すごいよね。これができるのはカルマのおかげだったんですよ。

少なくとも私の場合はね。

これが私のパーソナリティになりすましていたわけです。

本質でもなんでもないのに。

すごいことですよ。

一般的な価値観で言ったらさ、こんなの手放したくないじゃん。

特に会社にお勤めしたままだったら尚更だよね。

みんな、こんな風になれ!って言われるんだもん。

その優秀さはカルマのせいで、本当のあなたじゃないのですって言われたって。。。ねぇ。

もう、ホント、私のカルマすげー!!巧みすぎる!!!www

こんなの、世の中的な「成功」という枠組みの中に囚われている限りは絶対に見ることができなかっただろうな。だって、いわゆる成功のある世界では私のカルマが私にけしかけることは正しいことなのだから。。。

けれど、私は私なりに目の前のことを受け入れながら、カルマや自我から見たら危険な方向に飛び込み続けてきました。

その結果、カルマが生き残れるスペースが減ってきてしまった。。。

会社も辞め、結婚という制度に縛られることのない結婚をし、こうあるべしという母親像からも解放され、自分のビジネスとして守ってきたものも今や手放し、守らなければならいないものなんてないに等しい状況に自分を向かわせてきた。

本当の私が、些細な「違和感」を頼りに自分を「社会的な正しさがある環境」から助け出してくれたというか。

ここは私の居場所じゃないという違和感。その感覚にしっかり目覚めるのに14年かかりました。

 

 

私が考察したところによると、カルマは「いわゆる問題」が発生した時に私たちを突き動かすようにコントロールするんじゃないかと思うのです。

たとえば、「今月お金がない!」となった時に、その問題に対してどんな反応をするか。。。

私だったら自分の力を発揮して正しい方法で対処しちゃってました。優秀さを発揮するんだね、ある種。

他には罪悪感にまみれるとか、依存的になるとか、ダメな自分を責めるとか、他人を責めるとか、怒り出すとか、泣きくれるとか、引きこもるとか、身動きが取れなくなるとか、、

反応のクセがあるわけです、それぞれに。

お金がない!ということを問題に思わないとか、そもそもそういう状況が訪れない場合は、そこにカルマは関係ないってことなんだろうなと。

逆にお金がたくさんあっても、人間関係や親子関係、いろいろな場面で起こるのね「問題」が。

その問題への【反応】とか【衝動】への気付きがカルマ解消の足がかりになるんです。

yumeziが曰く「カルマってある種の憑依みたいなものなんだよ。」と。

そう、それは自分じゃないものが反応しているだけ。

たとえば、夫のジョージが反応しがちなところは「バカにされる」というポイントだったりしたのだけど、それは本当のジョージではないカルマが反応しているだけで、彼の本質ではないのです。

じゃー、自我とエゴとカルマとって何が違うんだろう?って考えた時に、私なりに思うのは、カルマの方が親玉なんじゃないかってこと。

自我とかエゴはその手下みたいなもので、カルマ様をお守りしているの。

これまでの私が「ボスキャラ」って呼んでいたようなもの。

クリボーとかノコノコがクッパを守ってるっていうかwwww

で、それそのもの=カルマの法則みたいなものが、なんでそもそも存在するのかといったら、それはやっぱり世界を体験するためなんじゃないかと思うんだけどね。

だから、こうして反吐が出そうな自分を見つめる時間もまた宇宙の豊かさの一部だろうとも思うわけです。

それにしてもなー、我ながらよく探知したなと思うのですよ、自分のカルマちゃん。だって、いかにも正しそうなんだよ、カルマが私を衝き動かす方向って。。。

その1でも書きましたが、仕事が遅い人や、気が回らない人、無駄が多い人、自主的に動けない人、筋道立てて考えられない人、遅刻魔、ドタキャン野郎、借金返さない輩、、、などなど、いかにも悪そうでしょ?

でも、そんなお方たちは私にとって天使だったのですね。

君のそのイラっとする攻撃性はカルマちゃんだよ〜☆って教えてくれていたwww

長年それを見落として、「お前が悪い!」って責め続けてきましたけどね。

見えてしまったら、もう、本当、申し訳ないし、感謝でいっぱいです。

ごめんなさい、ゆるしてください、ありがとうございます、愛しています

心からそう言いたくなります。

講座でもよく話す、「ありのままに還るのには、そのままを受け容れること」っていうのがあるのだけど、そもそも、私を含めた多くの人は「そのまま」をわかってないっていうねwww

 

まー、とにかく見えません、自分のことって。わかっているようでわかってない。

とかなんとか口で言いつつも、わかっていると思っているわけですよ、自我さんがねカルマちゃんの存在がバレないように頑張ってますので。

なので、「そのまま」を観るための訓練をし続けてるんですね、波動調整(R)では。

それでも、それだって!

自我が頑張ってるからそのままなんて見えやしない〜www

自分にくっついている自分だと思い込んでいるものを見極めること。

本当に難しいけれど、そのうちにはできるようになるんだろうと思います。

だって、宇宙全体がそう向かってるから、個々の意志とは別なところでプロセスは加速するんじゃないかと思うのです。

いや、でもなー、自由意志で背けるっちゃ背けるのか。。。

自分にくっついているけど、自分ではないものって。。。

蓮根についている泥は、蓮の一部ではない。

でも、泥がなければ蓮は咲かない。

あの泥が栄養なんですよ、蓮の。

あの泥ね、植えたばかりはいいけど、1年経って植え替えの時期になって入れ替えするとめちゃ臭いんだよー。

嫌気性菌が蔓延るおかげでヘドロの匂いがします。

嫌気性菌ももちろん用事があるからそこにいてくれてるんだけどね。

そういう意味で?反吐がでるような自分にこびりついたカルマちゃんは、私ではない。でも、それに構わず、受け容れて、蓮のようにただ咲けばいい。

構わないこと。

構わないこと。

構わないこと。

2ミリ離れて構わないこと。

そうそう、それでyumeziがカルマ自己認知からカルマ除去のプロセスってのを記事にしているので、ご覧くださいな。

自分がどのステージかはわからないけど、yumeziのソウルパスポート曰く、13年分の回収がはじまるということで、なんだか展開しそうな雰囲気はありまくりです。

気分的にはステージ11の沈黙期ですわ。

山にこもらせておいてくれいっ!って感じ。

そんな状況を迎えている私ですが、満を持して週末にkan.さんのクンルンネイゴンを受けに行って参ります。

序破急の序ですね。私もジョージも抽選に当たりまして…。

kan.さんの存在を知ってから4年越しです。

ようやく何か受け取れるようになったのかなと思ったり、それなりの期待があったりなかったり。

未知の世界に飛び込むわけですから、未知への扉が開くのは間違いないのだろうと思い、今この時は自分にこびりついた泥と相見えつつ、構わずにいるという状況なのであります。

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

カテゴリー: スピリチュアル, 自分探し, 雑感 | タグ: , , , , , | 投稿日: | 投稿者:

片岡 ひろ子 について

1973年栃木県生まれ、さいたま市育ち。 早大心理学専修卒業後、NOVA、楽天で営業、新規事業立ち上げ、マーケティング、コンサルティング、人事総務管理職経験を経て、出産に伴い退職。 自身の体調不良を機に代替療法、ヒーリング、エネルギーワーク、ボディワーク各種を学び、2008年量子の世界に目覚め「真の自分に還る旅をサポートする True Seeds」を開業。 開業後、上場企業内で専属カウンセラー・セラピストとして活動する傍ら、個人セッションではこれまでに数千人を解放に導く。セミナー、ワークショップの開催多数。 2011年、それまでの学びと臨床経験の集大成として波動調整(R)を創始。講座、セミナー、イベントを通じ、本質の自分に還るためのサポートを全国各地で行ってきた。 カタリスト=触媒としてカタルシスをもたらし、本質に還るサポートを行うかたわら、起業家のコンサルティングなども行ってきたが、より深く内なる本質と繋がるためにセミリタイア。現在は家族との日常生活を満喫し、趣味の園芸やアクアリウムに精を出す日々を送っている。 現在、徐々に現場に復帰。セミナーや座談会などを通し、必要な人へ必要な情報が届く様、活動再開。 TrueSeeds 主宰 自分マスター道場 主宰

カルマってなんだよ!?その2」への2件のフィードバック

  1. ゆうこ

    面白い。私は逆で、失敗と見なされることばかり体験してきました。

    でも、自分の中を見ると『成功すること』に全く興味がなかったんですよ。

    私が求めていたのは、自分のペースを守ること。

    ひろ子さんの投稿で、改めてそれを実感しました(^-^)

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です