カテゴリー別アーカイブ: セクシャリティ

パートナーシップを通して自分を好きになる必要すらないことを知る

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

メルマガからの転載です。

 

アイキャッチの画像は我が家にお迎えしたマシマ氏の作品「間」です。

私と夫とを表しているように感じています。

 


 

ごきげんよう、片岡ひろ子です。

 

年末ですねー☆

 

高校1年の時のクラスメートと集ったり、大学の時の親友と飲んだり、自分マスター道場の忘年会だったり、、、

 

普段は板橋に引きこもりがちですが、人と会う機会がドドーンと増えています。

 

道場の忘年会では2次会でカラオケに行き6時間も歌った挙句、午前3時から我が家に移動してそこから飲み直しましたw

 

これは1次会

 

解散したのは朝の7時半。。。w

 

今日はその時、飲みながら道場生と色々話した内容からお届けしようと思います。

 

 

先にFacebookに投稿しちゃったので、そこから引用しますね。

 

まず先に1年前の投稿から。

 

>>>

 

男と女は別の生き物。

だから、近づいて触れ合う価値があるのですな。

お互いを解ってるなら近づく必要がないもん。

解らないからこそ、近づいて触れ合って、少しでも解り合えたと感じることが喜べるのですよ。

解ってる前提でなく、解らない前提だから面白いのです。

 

>>>

 

それをシェアする形でこちらを書き添えました。

 

>>>

 

【自分を好きになる必要すらない】

 

近付く前は似たところ探しをし、いざ近づいてみると違うところが気になってしょうがない、、、

 

けれど、その違いを受け入れ合うことでお互いを進化させていくのがパートナーシップ。

 

それはちょっと大変なこと。

 

好きなところだけ見ていればいいというのとは違うから。

 

一緒に住んでお互いをさらけ出し合うと本当にいろんなものを受け容れ合わないとやっていられなくなる。

 

先日のカラオケで「あなたといるときの私が一番好き」的な歌詞があったんだけど、それはきっと恋愛中のことだろうな、、、と。

 

結婚したらそうはいかない。

 

自分の中の一番嫌な面が見えて来るのが結婚。相手の嫌なところが見えて来るのもしかり。

 

そこから逃げずに向かい合って、つまり嫌いな自分が出て来るのを相手のせいにせずに向き合って、そんな自分を味わい、受け容れる課程こそ自分を愛する課程でもある。

 

受け容れるってのは好きになることではないので、嫌いな自分や嫌いな相手がいるんだって認め、そこに執着せずに放っておけるようになればいい。

 

それぞれ変わる必要もない。もちろん変わってもいい。

 

ありのまま、ナチュラルな自分を受け容れ合うってそういうことだと思うのです。

 

私がジョージといる時にこそ嫌いな自分も出て来るのは、ジョージがそれを受け容れてくれてるから安心して自分自身でいられるから。

 

そして、その嫌いな自分を無理に好きになる必要もなく、そのまま嫌いでいて構わない。

 

自分を好きになるってよくいうけど、自分を愛するのなら自分を嫌いなままの自分でいてもいいんだよ。好きになる必要すらない。

 

愛ってそのくらい懐が深いものですよ。

 

そういうわけなので、私は自分を愛してるけど、嫌いなところもたくさんあります。

 

そして同様に、ジョージを愛してるけど、嫌いなところはたくさんあるんです。

 

自分の弱さや嫌いなところを隠すために不倫したりしないの、私たちは。

 

もちろん、不倫するのが悪いって話ではなくて、、、目の前の人と100%向き合えないのは辛いよね。

 

不倫に限らず、家庭内別居だったり、セックスレスだったりさ。

 

今はまだそのようにしかいられなくても、そうではないパートナーシップの形があって、それはお互いがコミットすればそのようになります。

 

それもまー、コミットするというDOより先に自分のBEから溢れて来ることだと思うから、なんでも思い通りになるわけじゃないけどね。

 

あきるほど辛い体験を重ねて、それに飽きたら次のフェイズに入るかもしれません。

 

追記:

子供や親、兄弟との関係も一緒かも。

 

子供のことを愛しているけど、嫌いな側面はもちろんあります。

 

だって別の人間だもん、全てが私の好み通りなわけないじゃん?

 

親もね。

 

そして、みんな親から無条件に愛してもらいたかったんだよね。

 

でも、全ての親が弱さや恐れと100%向かい合えるはずもなくて、その期待にはこたえられなかった。

 

その100%向かい合える関係を結べるのが伴侶だし、ベターハーフ(あえてソウルメイトとかは言わないw)。

 

でも、、、あれだな、、自己以外の他者全部がベターハーフなんだけどね。

 

>>>

 

折しも7日に開催したウェブ座談会でのテーマも男女関係とかパートナーシップみたいなことが中心でした。

 

【過去分動画販売】バーチャルひろ子の部屋 vol.5 20171207

 

今回お届けした内容は、、、

・男女関係

・相手のせい?自分の選択?

・被害者と加害者

・ビジョンは必ず現実化している

・病気や予防接種など

・死なないように生きることをやめる

などなど

 

DVの話題なども取り上げています。

 

興味のある方は是非ご覧ください。

 

次回の開催はこちらです☆

The true natures ミーティング@バーチャルひろ子の部屋 vol.6

 

カメラとマイクをオフしての参加も歓迎です☆

 

 

 

今夜はコンサルさせてもらっている所沢ビールの新しいスタッフとの顔合わせ。

 

ついにウェブでも購入できるようになりましたので、年末年始の贈答やご自宅用に是非!

味については私が保証します!!

 

所沢ビールのフラッグシップビールビッチェズブリューご購入はこちらから

 

 

ではでは。

 

 

<イベント、講座、セミナーなど>

【動画講座】本当の自分を生きるための脱引き寄せ、削ぎ落としのススメ

【動画講座】本物の創造と本質の自分

The true natures ミーティング@バーチャルひろ子の部屋 vol.6

【片岡ひろ子】全ての問題を消滅させる「意識」の変え方【動画講座】

【波動調整】本質を生きるとは?私たちは何者でどこへ向かうのか?片岡ひろ子【動画講座】

【過去分動画販売】バーチャルひろ子の部屋 vol.1 20170802

【過去分動画販売】バーチャルひろ子の部屋 vol.3 20171004

【過去分動画販売】バーチャルひろ子の部屋 vol.4 20171109

【過去分動画販売】バーチャルひろ子の部屋 vol.5 20171207

【本質の自分を生きる】自分マスター道場

 

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

悩みとは、単なるあなたの考えです

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

ごきげんよう、カタリスト片岡ひろ子です。

 

ついついね、フェイスブックに投稿して満足しちゃうんですが、あれはあくまでも友達向けのものなので、大切なことはブログにも書いていこうと決心した今日この頃です。

 

これ、1年前の投稿です。

 

今度のセミナーの参加者のお悩み欄をみるとさ、
 
 
パートナーができない
 
とか
 
お金がない
 
とか
 
体調が悪い
 
とか
 
仕事がつまらん
 
とか
 
いうのが多いわけなんですが、ま、悩みといえばそういうものだよね。
 
 
 
でも、今、この瞬間それで困っているわけではない、現実的には。
 
 
 
 
この瞬間に困っている=問題が起きているというのは、例えば、
 
 
今、まさにライオンが私を襲おうとしている
 
とか
 
サボテンのトゲが手のひらにいっぱい刺さった
 
とか
 
 
コーヒーがパソコンの上にドボドボと溢れている
 
とか
 
 
子供が車にひかれて意識を失っている
 
とか
 
 
そういったことなんです。
 
 
 
でも、多くの人は、
 
ライオンに襲われたらどうしよう?
 
とか
 
 
サボテンのトゲが刺さったらどうしよう?
 
とか
 
 
コーヒーがパソコンの上にこぼれたらどうしよう?
 
とか
 
 
子供が車にひかれたらどうしよう?
 
とか
 
そういうことで頭を悩ませている。
 
 
 
 
恋人がいないのは事実かもしれない。
 
でも、それそのものが危機なわけじゃない。
 
 
なんらかの病気の診断がされたのは事実かもしれない。
 
でも、それそのものが不幸であることとは関係ない。
 
 
お金がないのは事実かもしれない。
 
でも、今すぐにひもじくて死ぬわけではない。
 
 
 
人は、事実や状況を解釈し、意味づけし、本来なんの関係もない事象を関連付け、あたかもそれが真実かのように思い込みます。
 
 
つまり、悩みとかって言うのは、単なるあなたの考えなんですよ。
 
 
 
 
その考えを持ち出して、私は悩んでいる、困っている、それらが解決されないから幸せではないと定義してるだけなんです。
 
 
そう、定義しているの。自分自身で。
 
 
 
 
いろいろなことは単なる定義や解釈でしかないのですよ。
 
 
 
私のこの記事をただ読んでる時には困りようはない。
 
 
人によってはこの記事の内容を解釈し、もともとあなたの中にあるなんらかの定義を持ち出し、それに合わせて感情がでてきたりするだけなのです。
 
 
 
それが悪いって話じゃない。
 
 
そういうものなんだって知っておけば、悩みは実体のない想念でしかないとわかって、それに苦しめられなくて済むのです。
 
 
波動調整で目の前のことに淡々と取り組もうと言ってるのはそういうこと。
 
 
 
そして、それらの事象への定義は自分が選べることを知れば自由になる。
 
 
 
今日は自分マスター道場です。新しいメンバーも加わってどんな感じになるか楽しみだな💕
 
 
 
 
道場はいつでも仲間を募集してます☆
 
 
 
[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

セックスや出産にネガティブなのはマトリックスの住人だからかも

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

Facebookでお友達がこんな投稿をしていました。

 

これ、めっちゃ同意!
 
 
こないだ出産経験のない友達が、全部無痛分娩にすりゃいいのにみたいな話をしててね、いやいや、私は無痛は嫌だといったんだよね。だって、毎回、素晴らしいお産で何度でもまた産みたいと思うからって。
 
 
痛かったかと聞かれると、私は痛かったか記憶はなくて、なんか産み出すため、生まれ出るためのとてつもないエネルギーを感じたというニュアンスに近くてね。
 
 
それを医療介入で機械的なものにしてしまうなんて、悲しすぎるわ〜。(無痛分娩する人をけしからんと言っているわけでは全くない。自分がそれだと私が悲しいというだけ。)
 
 
 
ちなみに私は1人目病院、2人目助産院、3人目自宅で出産してるけど、3人とも仰向けでした。
 
私の身体はそれが楽だったんだよね。
 
たしか野口先生が仰向けで産むのは野口整体でいう体癖1種の人くらいとのことだったような。
 
 
私は10種と1種の混合ではないかと思ってるんだけど、仰向け出産が合う人もいないことはないという。
 
 
助産院には昔ながらの?天井からぶら下がった紐があったけど、それを使う人はほんの少しだと助産師さんが言ってたよ。
 
 
お産は痛い、大変だ!
 
 
 
というのも単なる情報であって体験もしないうちに、その情報に振り回されて先入観というやつを抱いてしまうのはもったいないなと。
 
 
もちろん痛かった!っていう人もいる。
 
 
でもそうじゃない人もいる。
 
 
何が違うかといえば体験する人が違うんだよ。人が違えば体験は変わる。
 
 
 
とにかく私の体験としては、産むと必ずまたすぐに産みたくなるということw
 
 
 
昨日なんてベビー服売り場にいるだけで幸せだったもんなぁ💕
 
 
わぁ〜〜💕
 
 
って、赤ちゃんのいる生活が思い出されて幸せな気分に浸りました。
 
娘なな子のビーチサンダルを買うのにGAPに行っただけなんだけど。
 
 
 
 
痛いかもしれないなんて嫌ダァッ!
 
 
っていうかもしれないけど、そんなこと解らないから生きてるんじゃんね?
 
 
自分で体験してみないと解らないことばかりだからこそ生きる。
 
 
話だけでわかった気になって生きてる人こそマトリックスに住んでるってもんだよ。
 
 
 
あ、あと、個人的に面白い体験としては、出産すると植物とか水槽とか自然を身近に置きたくなるという現象。
 
 
子供を産んで育てるというのは本来自然なものであり、変な洗脳や架空の世界(他人の世界)の情報で撹乱されなければ、とても楽しくて学びにあふれた幸せなひと時なはずだと思うのです。
 
 
 
本人がtrue natureを生きられていれば、、、ね。
 
そうでなきゃ不安や恐れに潰されてしまうかもしれないね、このご時世では。
 
 
 
あぁ、また産みたいなぁ💕

 

そして、これは完全なる個人的な感覚でしかないけど、出産を気持ちよかったとか素晴らしかったっていう人は、セックスライフも充実してる人が多いんじゃないかな。

 

セクシャリティについて開いているとお産も軽く、そこについてネガティブななんかがひっついてると自然とお産もネガティブになる。

 

セクシャリティがタブー視され、それに影響されているのは架空のマトリックス世界だけ。

 

本当のリアルの世界でのセクシャリティ、セックスは豊かで幸せでこの上ない喜びとともにあるよ。

というか、生活の一部よねw

 

食べて美味しい不味いがあるように、もちろんセックスにも良い悪いもあるだろうけど、でも、それは好みの話であって、根本的にネガティブ=分離ではありえない。

 

セックスが分離っておかしいだろ!?

 

陰陽の統合であるはずのセックスで分離してる場合じゃないよ!!w

 

といって、素敵なセックスができない人はどうしたら良いかわからないよね。

そこもまー波動調整学びに来なさないと思うけど、もっと簡単なのはちゃんと食べることだよ。

ちゃんと食べるというのは、観て、嗅いで、味わって、舌触りを感じて。。。。

官能の基本ですからね。

美味しく豊かに楽しくお食事できない人は良いセックスにもならないだろうなー。

まー、とにかく、考えずにマトリックスの外に出て体験して感じてくださいませ。

 

 

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

潔癖という仮想現実がもたらす不自由さ

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

フェイスブックで玉は綺麗か汚いか、、、のネタを扱ったブログ記事をシェアしました。
 
ただただ面白かったのでね、最初は。
 
 
 
元ネタはこちら。
 
 
それが思いの外盛り上がりましてwww

たくさんのコメントをいただいたのです。

 
やり取りはこちら。
 
 
そうこうしているうちに、そこからちょっと思いを巡らし書いたコメントをブログにもしておこうと思いまして。。。。
 
 
===
 
ちょっとだけまじめに。
 
玉はおいといて、、、ね。
 
清潔さについての観念が潔癖になればなるほど不自由で苦しい日常を招くのは間違いなく、除菌や消臭をしようとすればするほど人々は耐性がなくなり、自然に生きるところから遠のいていく。
 
自分たちが排泄する汚物から目を背け、それらを拒否排除し、自分の手の届かないところへ押しやってしまう意識は本当の意味での浄化にはならない。
 
菌はそもそも悪いものではなく、悪い物を分解するものであって、その菌と共生することでしか本当の意味での浄化は起きない。
 
菌は錬金術師なのね。
 
あー、そうだよ、ナウシカね。ナウシカ読むといいw
 
潔癖で野営できないレベルだと、これから先、自然との共生は難しいだろうねー、ホント。
 
排水溝を素手で触れないレベルはすでに潔癖だよ。
 
これまでいろんな人を見てきたけど、そのレベルはかなり分離が進んでますから。
 
かといって頑張って素手で排水溝を洗ったからといって統合されるわけでなく、それもまた外からの情報に惑わされただけで分離を深めるだけ。
 
衛生観念は本当に観念に振り回される以外の何物でもなく、誰から何をどう教わったかでしかないところがほとんど。
 
本当に玉が汚いなら、お風呂に一緒に入っちゃまずいでしょー?
 
誰かが入ったお風呂はすでに汚物でいっぱい?(そういうレベルで銭湯とかダメな人いるけど)
 
薄まるから大丈夫?
 
何リットルにつき何人ならいいの?
 
水の中の浮遊物が何molならいいの?
 
靴下は汚い?履いたばかりはオッケー?何分履いたら汚物?
 
お風呂に入った後はキレイ?いつまで?1時間後は入浴後?24時間後は?
 
その辺りの基準はホント、個々人の観念でしかないよねー。
 
顕微鏡とかで菌の数数えてるわけじゃないし、数えたからといって、多ければ汚いのか?って話だし、、、常在菌が少なくなりすぎると病気になるしね。
 
と、いい悪いの話ではありませんが、、、
 
仮想現実の中に取り込まれていくと、除菌消臭について極度に潔癖になるという側面はある。
 
ということでw
 
子供は砂場の砂口に入れたり、動物と戯れたり、床舐めたり、いろんな異物と触れ合って、菌も含めて耐性をつけていくものです。
 
そういうの嫌がるお母さんほど、一番やばいワクチンとか身体にブスッと入れちゃうんだなぁ。
 
玉がダメなのになぜ毒物を我が子の体に注入できるのか、、、、これもまた観念です。
 
ワクチンが劇物であることを知らないんだよね、何かあっても親が責任とりまーす!ってサインしてるのに。
 
ま、ホント、まっさらに見ると不思議です、いろいろ。

===

 

うちの夫婦の認識としてはこうでした。


 
このやりとりをわざわざ東京と大分とでしたというwww
 
 
 
 
 
私、アホな小学生だったので、上履きで踏んづけたから揚げを食べられるか競争とかしてたんですよね、男子と。
 
 
あと、粘土とか紙とか絵の具とかいろいろ食べましたw

上履きで踏んづけたから揚げよりは、断然綺麗でしょ?

 
玉に触れたおにぎりなんて。
 
 
 
と、マインドは比較に弱い。
 
 
いつも、全体ではなく、部分を見てしまうからね。
 
 
 
ということで、どうでも良さそうで、どうでも良くないお話でした。
[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

男性性と女性性の合一

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

ごきげんよう☆

世界にカタルシスをもたらすカタリスト=触媒☆片岡ひろ子です。

ここのところ泣いてばかりです。

なぜ?って???

それは、、、ありがたくって。。。

神さまは、こんなところにもいたんだ!って、毎日神さまを発見しては泣いています。

ありがたくて、、、ありがたくて、、、

神さま、、、というか、愛。

愛です。世界は愛で出来ている。

そのことが頭の理解ではなく、ハートに響いて自分の中からも愛が溢れてくる。
今日も号泣しすぎて目がしょぼしょぼ、、、

本当に何故今まで気づかなかったんだろう。隠し絵や立体視が見えた時と同じような感覚。

それまでもそこにあったのに、その次元に焦点が合ってなかったんだ。

って、言葉にすると何も伝わらないなぁwwww

 

でも、まー、いっか。

 

すごく特別な体験だけど、何も特別じゃない普通のこと。

私たちは愛の結晶なんだって腑に落ち、その思いを深める毎日です。

ってFacebookにも投稿しましたけど、本当、ハンパないです。

 

とくにこの2日ほどはその状態が極まっててですね、私たちの世界はこんな成り立ちだったのか!?

という事件?がありまして。

言ってみれば、それは男性性と女性性の合一で起こりました。

ブログやSNSで綴ってもいいんだけどねー、まー、他人のセックスの話なんて聞きたくない人もいるだろうとクローズドで書きました。

言葉にしたら陳腐なんだけど、それでも書きました。

こちらの連載の20話目です。

◆徒然なるままに…女と男とセクシャリティ☆
http://www.reservestock.jp/subscribe/7128

過去記事は3年くらい前に書いたものなので、今更読むと恥ずかしいところもあったりするのですが、まー、晒しましょう。

 

そもそも、私の「情けない体験」や「ダメな自分」や「弱い自分=強がってた自分」をさらけ出すことで、誰かの心の扉を開いて、仕舞い込んでいたものを味わい尽くすお手伝いするつもりで書き始めましたのでね。

過去記事は、言ってみれば、私の所謂ネガティブな体験を中心に綴っています。

あ、もちろん、気持ちいい話もしてるけど…、稚拙だった自分を振り返って慈しむような、そんな内容も多いです。

でも、20話は違います!

自分自身が創造された秘密というか、なんかそんな神聖なものを垣間見てしまったという素晴らしい体験について書いています。

この体験があった私となかった私とでは、まるで別人です。

もう過去の自分には戻れません。

 

だって、神の臨在に気付いちゃったんだもん。。。

この世は愛だってわかっちゃったんだもん。。。

ということで、こちらは有料ステップメールですが、興味のある方は是非ご購読を♪

1 「いつの頃からか」 2858文字
2 「官能的に生きる」 3155文字
3 「不倫、不倫、不倫」 3497文字
4 「性への抑圧」 3374文字
5 「初体験!」 5026文字
6 「再婚」 6755文字
7 「セックスレス」 8253文字
8 「多夫多妻、万歳!」 8764文字
9 「感情抑圧とセックス依存」 5891文字
10「バカ男の二股」 7616文字
11「繊細な生き物?」 4267文字
12「セックスへの探究心」 6070文字
13「3Pしちゃう?」 4987文字
14「イッたふり」5805文字
15「ハプニング!」4617文字
16「父親候補3人の妊娠騒動?」3960文字
17「気の合う人は身体も合う?」2898文字
18「みたび、結婚…」2996文字
19「貞操帯?妊娠中?」2507文字
20「神はそこにいた」4461文字

ここに至ったのも神の啓示に他なりません。

でも、忙しくしてたらそのサインに気づけなかったかも。。。

トート、ドランヴァロ、シュリ・ユクテスワを始め、私をここに導いてくれた全ての存在に心から愛と敬意と感謝を捧げます。

全ての人に体験して欲しい「ハートの聖なる空間」

ハートの聖なる空間へ

ハートの聖なる空間へ
著者:ドランヴァロ・メルキゼデク
価格:2,484円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

女になれない女 女性性とは…

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

ごきげんよう。

世界にカタルシスをもたらすカタリスト=触媒☆片岡ひろ子です。

夏休み最終日ですね。

お父さん、お母さん、いかがお過ごしですか?

我が家では2年半前くらいから夫のジョージが主夫をしてくれているので、夏休みだからといって私が大変なことは全くありません。

大変なこと。。。

続きを読む

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]