カテゴリー別アーカイブ: スピリチュアル

私たちの人生は幸せになるためにあるのでない???

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

メルマガの転載ですー。

転載しない記事もあるので、まだ購読してない方はこちらから。

 

==

 

 

ごきげんよう。片岡ひろ子です。

 

先日開催したサンクチュアリ出版主催トークライブ、無事に終了いたしました。

 

ご参加くださった皆様、ありがとうございました!

 

タイトルは、、、

 

「本当の自分を生きるための脱引き寄せ、削ぎ落としのススメ」

 

だったんですが、何を話したかというのを、当日と翌日のフェイスブックの投稿をシェアしてお伝えしてみようと思います。

 

まず、こちら。

 

===

 

 

お風呂で一人振り返り会。

 

テーマは、、、

 

本当の自分を生きるための脱引き寄せ、削ぎ落としのススメ

 

で、何を話したかというと、まっとうに生きると人生はそれなりに大変だって話w

 

だから、楽しようとか一発逆転しようとかいうのを諦めましょう!というお話でした。

 

でも、不思議なことに、それを諦めて、目の前のことに直面できるようになると、人生が俄然面白くなるのですよ、ゲームのように。

 

今回は、直前にシュタイナー本を読んでいたおかげで用語がシュタイナーっぽくなりましたw

 

本質を霊といってもいいし、観察精神って言ってもいいし、創造主といってもいいし、超意識と言ってもいい。

 

はたまたエッセンスとか、源とか、オリジンとか、源泉とか、、、

 

まー、なんでもいいんだけど、そこに向かう、もしくはそこに向かうものたちに方向を与えるために真逆に向かうための人生です。

 

人生というドラマに埋没しすぎず、かといって無視するでもなく、ドラマを味わいながら、その目的を見失わない、、、

 

そろそろそんな観点が世に増えて来てもいいのかなーと、、、、

 

悩みが多い人に参加しろ!と言っておいて、悩みは解決しないでよろしい!というヒドイトークライブでしたwww

 

解決せず、ごまかさず、逃げない。

 

本質に向かうにはね。

 

本質に向かわないのも自由です。

 

歩は金に成っても成らなくてもよい。

 

選べるのです。

 

でも、まー、歩なら成るよなぁー。桂馬とか香車なら成らないかもだけどwww

 

なんて話しながら鳩森神社を通りすがる夜道。

 

引き寄せもいいし、エゴを満たす悪い魔法使いも悪くはないですwww

 

気づきがあればよいのだよ、気づきがあればね。

 

なくてもいいです。

 

なければないで、エージェントスミスみたいにプログラムのような存在として、あなたがあなたである必要性が薄れていくだけですから。

 

あなたがあなたである必要性。

 

それを生きるためのお話をさせていただきました☆

 
 

 

===

 

で、翌日の投稿はこれ。

 

===

 

 

ジョージ(夫)に教えてあげたんだ、昨日のセミナーで話した核心。

 

「私たちの人生は幸せになるためにあるのでない」

 

ってこと。

 

そしたら、「それ、もっと広まるといいよね」とジョージ。

 

私たちの人生は、宇宙進化の一側面として私たちそのものが本当の意味での個へと進化していくために用意されている。

 

幸せになりたい!

 

という想いの中でそうではない体験も重ね、葛藤し、絶望もする。

 

常に魂の根源的な欲求に揺り動かされて生きているのが私たち人間です。

 

大変じゃない人生なんてない。なぜなら、大変な人生を歩みながら気付いて学んで統合しながら、低次の自我を成長させていくのが私たちの存在目的だから。

 

だから、なんでもいいんですよ。ドラマの中身は。会社員してても、自営でも、無職でも、なんでも。

 

そこはさして重要じゃない。

 

会社辞めた方がいいですか?って質問されたら、どっちでもいいですよとしか答えないな、私なら。

 

どんな体験でも自分に起こってくることに直面し、悩みながらも自分の道を見つけていく。苦心してね。

 

その道っていうのはドラマをどう生きるかとは関係ないもの。

 

何をするかとか、何を所有するかとか、そういうのとは全く別の次元のこと。

 

幸せを感じるためにその対極である不幸せが存在する、、、っていう人はいるかもしれないけど、逆じゃないかな。

 

不幸せを体験するために幸せがある。

 

不幸せな中でこそ自己と対峙して超越していくべきことに気づくんだもん。それを手段として自己を進化させていく。

 

そうして自己を磨いていった先には私たちの本質である源の本性である真善美が私たちの中にたちあらわれ、溢れ出てくる。

 

それは飽きるまで大変な思いをした上でのことであって、問題を解決したり、誤魔化したり、逃げたりして手に入る境地ではないのですよ。

 

自分を幸せにしようと選んだことであっても、まだ超えられていないものがあれば、それに気づいて超えていくための出来事が起きます。

 

それは、大きな観点からすればギフトなんだよね。

 

大変な時期を葛藤し、絶望し、サレンダーしてきた人は振り返ればわかるよね。

 

あの体験が自分を変えたんだって。

 

だから、他人のその体験を奪うようなことは勿体無いなぁと思うわけです。

 

そんな時は見守ってあげるのが一番。場合によっては身近な人に寄り添ってもらわないといけないこともあるかもだけど、

例えば孤独を受け容れる過程ではそれすら得られないという思いをしないといけない。

 

だから人を直したり、治したりすることは辞めたんですよ。

 

必要があって治るまで、直るまで、見守る。

 

それが波動調整のコアだよ。

 

ま、昨日はそんな話をしたのです。

 

で、それをジョージに話したのち、メールボックス開けたら、まぁちゃんがメルマガでそれを取り上げてくれてたよ💕

 

===

 

 

ということで、なんとなくトークライブの内容は伝わりましたかね?w

 

ジョージ画伯はこんな絵を描いてくれましたwww

 

 

 

 

そして、この投稿をシェアしてくれた波動調整インストラクターのえみちゃんがこんなコメントをつけてくれました。

 

===

 

「人生は幸せになるためにあるのではない」これを聞いたとき、それを認めたくない自分がいるのに気がついたの。

 

てことは、幸せになりたい、幸せじゃないといけない、とどこかで思ってたわけで、、

 

んで、その思いが余計な苦しみを生んでたなーとも気づきました。

 

あ、だからと言って幸せを求めたらいけないとかじゃなく、幸せは幸せであっていいんだけど、そうでないといけない。という思いが、苦しませるよね。

 

みんなが幸せになるのが目的なら、今不幸せなとこがある自分は、まだまだだと、自分を卑下したり、

なにかある度に、どうして自分はこうなんだと、責めたり落ち込んだりするかもだけど、

人生はもともと大変なことが起こるのが当たり前で、それに直面し、学び、進化していくのが目的だったら、問題が起こるのは悪いことでもなんでもなくて、

むしろ問題は、自分、いや宇宙か?のために用意された人生のメニュー(課題)の1つなわけで(ひろ子さんはギフトと書いてましたね)

 

そりゃ大変だけど💦

 

問題が起こることそのもの、に苦しむ必要はないんだよね。

 

だとすると、問題自体が起こらないように頑張ったり、誰かが解決したり、逃げる意味はなくて、

逃げてもいいけど、本人がやらないと進化しないし、早めにやった方が自分のためだよねw

 

そういう意味で、人生は大変なんだ。幸せになるのが目的ではない。と知ることは、失望することでなくて、

逆に安心して、挑戦して、失敗して、色んなことを体験していける救いというか、勇気になると思うのです。

 

例えば、ゼルダの伝説ゲームやるとして、クリアする課題は決まってるし、敵と戦わないと必要なものが手に入らないし、レベルアップしないし、進めない💦

それを、何とかクリアして進むのが楽しいよね💖すぐにクリア出来たらつまらないし、どこかでずっと遊んでたら終わらない。遊んでてもいいんだけどw

 

と言いつつ、私も怖くてなかなか進めないけどね、ゲームも人生も(^o^;)

 

でも子供たちはすごくて、わざと失敗したり、寄り道したり、怒らせてみたり、色んなことするの、その反応を楽しんでる。

 

人生もそうやって、いいも悪いも全て体験していくのが醍醐味、だと思えたらいいよね。それによって自分に気づき、学び進化するってのが必要だけど。

 

怖いからと言って、慌てて怖さを無視したり、なくそうとしない(無視しても、体験するまでなくならないけどね)

 

まず怖がってることに気づき、受け入れ、ただ味わう。

 

そうやって、目の前の体験を拒否せず、誤魔化さず、きちんと味わえるようにする在りかたを、波動調整(R)ではお伝えしていたりします

 

===

 

うん、そうね、認めたくないよね、一般的な感覚だったら。

 

みんな、幸せになるために生きてると信じていたいものね。。。

 

でも、私たちの本質は、幸せとか幸せじゃないとかいうのを超えた次元に存在していますので、

 

本質に繋がるには、幸せか否かという次元を突破していく必要性があります。

 

その大前提を疑うことでパラダイムシフトが起きるかもしれませんね☆

 

 

その辺りの話もしていますので、興味がある人は、サンクチュアリ出版さんから許可を得て、

動画販売をする予定ですので、準備ができるまでしばらくお待ちくださいね。

 

あ、これも画伯が描いてくれましたw

 

 

 

 

 

近々開催のイベントは以下の二つでーす。

 

こちらはお家から気軽に参加できるウェブ座談会。みているだけでもオッケーです。

 The true natures ミーティング@バーチャルひろ子の部屋 vol.3

こちらは波動調整本部主催の特別セミナー。

 【特別セミナー】本物の創造と本質の自分

 

セミナーやトークライブは基本インプロ(即興)。

 

なぜかというと、一方的に話したいことを伝えるのではなくて、参加者の方との双方向で場を創っていくのが私のスタイルだから。

 

波動調整と同じです。

 

講座の場合はカリキュラム的な骨格がありますけどね。

 

この現実も実は一人きりで作りあげているわけではなくて、自己と他者とのコラボでできている。

 

私から観た観るものと観られるもの。

 

あなたから観た観るものと観られるもの。

 

4つの要素で成り立つ世界☆

 

 

自分の世界は自分が創っている、、、そう長らく言われているかもしれませんが、一人じゃないよ☆

 

セミナーではその辺の話をすることになるかもしれませんね。

 

どうぞお楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

 

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

人類にとって一番大切なものとは?

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

いつものごとくメルマガの転載ですー。

転載しない記事もあるので、まだ購読してない方はこちらから。

 

==

 

ごきげんよう。片岡ひろ子です。

 

 

えっとー、前回のメルマガ、誤変換や、てにをはがおかしいところ満載でしたね、ごめんなさい。

 

送った直後にいろいろ気づいて直したのですが、直す前のが届いてしまってると思いので、よかったらバックナンバーから読み直してみてください。

 

 

さて、、、楽しみにしていた「シュタイナー思想とヌーソロジー」が届き早速読み始めました☆

 

 

シュタイナーを読み始めたのは、ヌースを知るよりだいぶ早くて、十数年前でしょうか?

 

とにかく難解でねwww

 

当時の私には読み進めるのがすごく大変でした。

続きを読む

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

この世の物質は観るまでは存在しない

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

ごきげんよう。

 

「貴方が洗脳から目覚め、true natureへ還る触媒となります」カタリスト片岡ひろ子です☆

 

この世のモノは見るまで存在しない“非実在性”は巨視的世界にも当てはまる~NTTらが実証

こんなニュースをネットで見かけました。

 

 

「観る、、、という私たちの意識(霊)の介在がなければ物質があるとは言えない。」

 

ということは量子物理学では言われてきたことで、波動調整講座でもお話しすることなんですけれども、ミクロの世界だけでなくマクロの世界でもそうらしいことが観測されるようになったってことみたいですね。

 

波動調整ではずっとそうしたことを扱ってきたので特に驚きもないのだけど、世の中的には大きな意識変革につながるだろうと思います☆

 

私がこういう量子物理学の概念に初めて出会ったのは、大学のスキークラブの先輩からの話でした。

 

彼はかの大槻教授のゼミにいて、応用物理を専門に扱っていたんですけどね。

 

 

ひろ子、知ってるか?

 

俺たちが世界を見なければ、世界はないかもしれないって。。。

 

物理を究めていくと、東洋哲学とかを学ばなきゃいけないような気がしてくるんだ。

 

 

そう、飲みの席で語った先輩は、実際にインドを旅していましたが、その頃の私は、それが何の話なのかはよくは解っていませんでした。

 

高校の時の物理の先生で東大で量子物理学を研究していた片岡先生というのがいたのですが、その彼が、授業のたびにそんなような話をしてくれていたこともあったのですが、それも当時は漠然としかわからず。。。

 

 

実際に自分ごととなったのは、2008年頃、ホメオパシーを学んでいた頃に出会った量子場調整でのことでした。

 

 

量子は私たちの観察次第で振る舞いを変える。

 

 

そのことに魅了され、夢中で量子場を学び、早々に講師にまでなりたくさんの人に量子場調整を教えていくことになりました。

 

量子の世界のことがわかれば、波動医学であるホメオパシーの原理の本質も理解できました。

 

なので、4年の過程を半分通ったところで自主退学。

 

そこからホメオパシーとフラワーエッセンス、量子場調整、オリジナルの解放セラピーとで独立開業したのが2008年末でした。

 

 

その頃は自分が魔法使いであることが楽しくて面白くて、周りにたくさんの影響を与え、様々な病気を治していくことに夢中になっていました。

 

しかしながら、そのうち気づいてしまうのですね。

 

その魔法使いであることの不自然さに。

 

何のために魔法を使うのか?

 

その根底にあるもの。

 

本質。

 

 

そこに気づいてしまったら、治療家も量子場師も続けていられなくなってしまったのです。

 

 

治るのがいいのか?

 

痩せるのがいいのか?

 

お金持ちになるのがいいのか?

 

パートナーがいるのがいいのか?

 

 

そうしたクライアントさんたちの欲望を叶えることが本質なのか?

 

 

私自身が導き出した答えはノーでした。

 

 

私たちの生の意味は、霊性の進化です。

 

自分個人の、、、と言うよりも宇宙全体で、、、なので、進化しない個人がいるのは構わないのですが、私自身は、宇宙の流れに身を委ね、自我を手放し、本当の自己に出会い、真我を体験したいと思いました。

 

 

様々な出会いから創り出された波動調整はそのためのものでした。

 

本質に還る。

 

このコンセプトは、実は開業当時から変わりません。

 

 

でも、欲望を叶えるということが間違いとは思わないけれど、本質に還ることとは別のベクトルだと気づいてしまったのですね。

 

そこで治療家も量子場調整師もやめました。

 

 

自我を極めるという体験も自我を手放すためには必要なプロセスなので、それが足りない人はやったらいいと思っています。

 

けれども、もういいよね、それ。。。って気づき始めている人もどんどん増えていると思うんですよね。

 

物質的な何かを手に入れたいと切望することからの卒業。

 

 

そもそもその物質は、私たちの本質たる意識(霊)が観なければ(光を与えなければ)存在できない影のようなもの。

 

その影を創り出して一喜一憂するような魔法使いはもう卒業でいいんじゃないでしょうか。

 

影ではなく、実在そのものへの回帰。

 

そのことを謳って波動調整は6年半が経ちます。

 

 

前回のメルマガでもお伝えしましたが、本部とミーティングを重ね、今回、講座の構成を一新しました。

 

基本は変わらず、セッションとしての性質よりも生き方としての性質により重きを置いた構成にかえ、手技とかその他、セッションとしての奥伝みたいなのは全部付属講座にして本講座からははずしました。

 

シンプルに本当に大切なところだけを残した感じです。

 

10月にセミナーとバージョンアップに伴うフォローアップも開催します。

 

午前のセミナー部分は一般の方もご参加いただけます。

 

 【特別セミナー】本物の創造と本質の自分

 【受講生限定】アチューンメントバージョンアップの会

 

 

2012年に受講してくれたすみれちゃんがこんな↓ブログを書いてくれましたwww

 

地味で人気がないwww

 

そうよ、地味で人気ないんです、波動調整www

 

現実は意識が創ってるといいながら、やることは起こることに向かいあって内と外を同時同量にただ観ることでしかないので。

 

稼ぎが増えるとか、サイキックになるとか、大きな使命に目覚めるとか、そういうんじゃないですからねw

 

もちろん、そうなることになってる人はなりますけど、、、

その人にとっての大きな使命というのはその人自身のtrue natureを生きることでしかないので、何かになるとか、成し遂げるというのとはちょっと違うのです。

 

それらも結果としては起こるけど、目的ではないのでね。

 

一つ言えるのは、波動調整的に日常を過ごしていくことで、いろんなものを見破れるようになって、

自分そのものを生きるコツがつかめるようになり、結果、深〜いところから「これでいいのだ」という不動の平安を得ることはできます。

 

勘違いして欲しくないのは、感情がなくなるとか、事件がなくなるとかそういうことでもないの。

 

葛藤ももちろんなくなりゃしません。

 

でも、葛藤して統合するまでがあっチュー間になります。

 

 

感情の起伏や、様々なドラマ、日々の葛藤、、、

 

そういうことも含め、幸せだなぁ〜、豊かだなぁ〜という無条件の喜び(感情とは違う)がじわじわ湧いてくるようになるんですよ。

 

 

その辺りのことは、こちらでもお話しする予定です。

 

 

29日の夜、ぜひいらしてくださいね☆

 

 サンクチュアリ出版主宰「本当の自分を生きるための脱引き寄せ、削ぎ落としのススメ」トークライブ

 

 

 

あ、そうだ、お詫びです。。。

 

バーチャルひろ子の部屋vol.2、盛り上がって終了したんですが、私、レコーディングし忘れてまして、、、

 

ごめんなさい!!!

 

そういうわけで動画販売できません。

 

vol.3は既に募集開始してますので、ふるってご参加くださいませ☆

 

 The true natures ミーティング@バーチャルひろ子の部屋 vol.3

 

 

 

あ、そうだ!最後に!

 

秋分に向けて無料一斉遠隔波動調整開催です。

 

 9/23(土祝)秋分【無料】一斉遠隔波動調整® 

 

お見逃しなく〜!!

 

 

 

 【本質の自分を生きる】自分マスター道場

波動調整とは、貴方を催眠、洗脳、思い込みの罠から目覚めさせ、本当の自分を生き始めるきっかけをもたらすものです。

今、多くの人は、情報によって作られた偽物の世界の中に取り込まれています。

そこから脱して、より色鮮やかな豊かな世界を体験するための人生の扉を開いてくださいね。

それは、これまでの葛藤の世界から、宇宙のベクトルに沿った世界を生き始めるゲートをくぐることにも繋がります☆ 
 9/23(土祝)秋分【無料】一斉遠隔波動調整® 

 

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

宇宙にオーダーするようなフェイズはもう過ぎ去った

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

ごきげんよう。

 

「貴方が洗脳から目覚め、true natureへ還る触媒となります」カタリスト片岡ひろ子です☆

 

 

昨日は、波動調整の本部ミーティングでした。

 

現実界の現状に合わせて波動調整講座のテキストを見直したものをさらにブラッシュアップしました。

 

本部を運営しているまーちゃん、かなちゃんによると、波動調整講座、ここのところひっきりになしにお申込をいただいているそうです。

 

また、再受講してくれた人が、最初に受講した時には波動調整の本質を分かっていなかったと感想をもらったり、、、

 

 

そうですね、ちょっと早かったんだろうと思います、波動調整が表に出るの。

 

波動調整っていうのは、簡単にいうと、、、
 
 
クリエイターである自分からのオーダーをキャラクターである自分が引き受けるためのもの。
 
 
それを「起こることを許す」と言って表現してきたのですが、そこが多分、なんだか伝わらない。
 
講座を受けた人でもその本質を受け取れた人は少なかったのかもしれません。
 
 
波動調整が生まれた頃は、
 
分離歓迎、どんどん葛藤して飽きるまでやりきろう!
 
意図して造物して魔法使いである自分を楽しもう!
 
引き寄せ!引き寄せ!宇宙にオーダー!
 
 
っていうノリが全盛でした。
 
いや、全盛にもなってないかwww
 
その前夜って感じですね。
 
 
そして、キャラクター意識は宇宙にオーダーしてるつもりで宇宙の秩序に反する物質世界を造り出し続けた。
 
 
波動調整の中でもそのノリは確かに存在しました。
 
キャラクターが作り出した社会的な檻の中で自分ではどうにもできないと生きてきた人たちが、
実は自分はクリエイターでもあったんだ!!!って気づく過程が必要だったから。
 
でも、クリエイターとしての創造はそう簡単に誰でもできるわけでなく、結局はキャラクターとしての造物でしかなく。。。
 
今でも世間はそのノリだけど、明らかに次のフェイズに入ってますよ!!!
 
なので、脱引き寄せとか、アンチ引き寄せとか記事書いちゃうわけです、私がw
 
宇宙にオーダーするような時代はもう過ぎ去ったんだよ。
 
てか、元々そうじゃなかったわけだけど。
 
そもそもキャラクターたる自分はクリエイターからオーダーを受ける側です。
 
そして、トータルで生きるとキャラクターの望みとクリエイターのオーダーが一致することになる。
 
 
さらにそこからクリエイター意識とキャラクター意識が徐々にひっくり返っていきます。
 
 
 
 
 
 
波動調整は根本は変わらないけど、2013年という節目の後、さらに進化し続けています。
 
 
昨日、書き直した波動調整講座テキストの私からの挨拶の文はこんな感じになりました。
 
 
 
===
 

ようこそ、「本当のわたし」を思い出す波動調整講座へ。

 

もしかすると、これまで様々な人生ドラマの中で、いわゆる「苦労」とか「苦難」 と呼ばれるような体験を重ねてきたのかもしれませんね。

 

もしくは、ただなんとなく「普通の人生」を送らねばならないと思い込み、「普通 の人」のフリをしてくる中で違和感や物足りなさを感じてきたのかもしれません。

 

はたまた、何かを目指し、何かになろうともがき、何かを手に入れたら幸せにた どり着けるとがむしゃらに生き、社会=環境や他者に振り回された人生に飽きて しまったのかもしれませんね。

 

これまでそんな人生を歩んできたのには意味があります。

 

源であるクリエイターである自分から分離したキャラクターとしての自分。

 

そんな分離した存在もこれから迎える統合の時代のためには必要なフェイズでした。

 

しかし、これからは違います。

 

分離するフェイズから、それらを統合し、トータルな自分自身を生きる世界が間も無くやってきます。

 

そんな世界が訪れることが決まっているからこそ、あなたは今、このタイミングで波動調整を学ぶことになっているのです。

 

クリエイターの世界では結果が先にあり、プロセスが後です。

 

これまでの倒錯した因果の世界を超え、新しい創造の世界への扉を一緒に開いていきましょう。

 

波動調整創始し、これからも創り続けていく  片岡ひろ子

 

 
 

 

===

 

というわけですので、波動調整講座に是非いらしてくださいね。

 

再受講も大歓迎☆

 

スケジュールなどはこちらからどうぞ!

 

 

波動調整は身体を使ったワークを行いながらトータルに進めていきますが、まずは片岡ひろ子の話を聞きたい人はこちら。

 

 The true natures ミーティング@バーチャルひろ子の部屋 vol.2

 

 サンクチュアリ出版主宰「本当の自分を生きるための脱引き寄せ、削ぎ落としのススメ」トークライブ

 

 【本質の自分を生きる】自分マスター道場(体験入会あります)

 

 片岡ひろ子とランチミーティング申込みフォーム

 

もちろん、個人セッションも受け付けていますよ!

 

 

 

 

ひとまず動画くらいから、、という方はこちら。

 

 【片岡ひろ子】全ての問題を消滅させる「意識」の変え方【動画講座】

 【波動調整】本質を生きるとは?私たちは何者でどこへ向かうのか?片岡ひろ子【動画講座】

 【過去分動画販売】バーチャルひろ子の部屋 vol.1 20170802

 

古いものでしたら、youtubeにも無料でいろいろ出ています。

 

 

最後に、、、

 

最近、私、フェイスブックで夢日記つけてるんですよ。

 

どーでもいい内容なんだけど、公開にしてるので、読んでくれてる方がいてね。

 

私の夢日記の影響か、夢を覚えていられるようになってきたという方がいらっしゃいました。

 

 

2年まえの今日、ちょうど夢の話をブログに書いていたようでね、、、

 

夢をみる意識というのは、物理的な感覚ではない別の感覚器が育っているからだとシュタイナーが言っています。

 

その別の感覚器が育ってきたというバイブレーションが投稿を読んでいる方にも伝播したのかもしれませんね。

 

実存の世界では、結果が先でプロセスは後ですから、なるべくして物事が起きているだけではあるのですが。。。

 

興味のある方はこちらの記事をどうぞ。

 

 

ということで、夢の世界で覚醒して楽しんでみてくださいね☆

 

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

本当の自分を生きるための脱引き寄せ、削ぎ落としのススメ

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

ごきげんよう。

 

「貴方が洗脳から目覚め、true natureへ還る触媒となります」カタリスト片岡ひろ子です☆

 

 

 

ジョージ画伯のLINEスタンプ、いかがでした?

 

スタンプ合戦?では最強との噂。。。

 

まだの方はこちらから☆

https://store.line.me/stickershop/product/1521595

 

 

で、最初にお知らせから!

 

以前予告していたトークライブ、受付開始しましたー。

 

サンクチュアリ出版さんの主宰で、タイトルこんなんです。

 

本当の自分を生きるための脱引き寄せ、削ぎ落としのススメ

〜「自分の現実=引き寄せたものに納得いかない」そんな貴方に贈るトークライブ〜

 

内容も転載しちゃいますね。

「私の人生、こんなはずじゃない、、、」と、人生に物足りなさや違和感を感じ、自分探しの旅を続ける貴方へ。

自己啓発やカウンセリングにコーチング、心理学やスピリチュアルや占いや。たくさんの書物を読み漁り、あちこちでセッションを受け、様々なセミナーを受講して、本当の自分を探し、幸せや豊かさを手に入れようともがいてきた。

けれども、未だに本当の自分が何なのかも解らず、相変わらず悩みは尽きない。流行りの引き寄せの法則にも魅了され、いろいろ読んで実践したけど、欲しいものが引き寄せられている感じはせず、幸せで豊かだと心の底からは思えていない。

過去形でアファメーションしようが、パワースポット巡りをしようが、夢を紙に書こうが、満月に財布を振ろうが、イメージして感情を先取りしようが、ありがとうを連呼しようが、幸せや豊かさを心からは実感していない。

なぜ? なぜなの?

引き寄せたいのに引き寄せられない。その謎を解いてお伝えするのがこのトークライブです。

そもそも本当の自分とは何なのか?

本当の引き寄せとは何なんのか?

貴方が唯一無二の自分の道を歩んで、本当の物語を紡いでいくためのエッセンスをわかりやすくお伝えしていきます。

「今の現実は貴方が引き寄せ、創造しているのですよ。」

そう言われることに納得のいかない方にこそ聞いていただきたい内容です。

貴方の現実を本質の自分にアライメントするのに必要なのは、引き寄せようとすることではなく、削ぎ落とすことです。

種々様々な洗脳により貴方に付着してしまっている不要なエゴや、人生の一部として生まれ持ってきているカルマを削ぎ落としていくこと。

それこそが貴方に必要なエッセンスです。

エゴやカルマはマトリックス(脳内プログラムによって創られた仮想現実)を貴方本来の現実だと思い込ませます。

貴方が本当の自分の道を生きるために必要なのは、それを見破ることです。

そのためのヒントを2時間たっぷりお届けいたします。

<トークライブの内容>
・本当の自分を生きるとは?
・True natureとは?
・マトリックスとは?
・「望む力」とは?
・そのままとありのまま
・ヒントは目の前の現実にある
・起こることを許すとは?
・感覚を磨く
・感情を感じ切る
・観察力をアップする
・理性を高める
・etc. 当日ご参加の方に合わせて即興でお届けします

とにかく、楽しくてあっという間!人によってはゲシュタルト崩壊が起こるかも?

全身全霊で貴方のためにお届けします☆

■ こういう方はぜひご参加ください。
・本当の自分を生きたい
・恐れや不安を手放したい
・無条件に幸せと豊かさを感じたい
・周りの目を気にせずに自分の道を歩みたい
・悩みが尽きない
・本当のパートナーシップを得たい
・経済的な問題でいつも困っている
・何か物足りない
・面白い人から面白い話を聞きたい

■ こういう方は参加の必要はありません
・ありのままの自分なんて知らなくていい
・エゴにまみれた世界が大好きだ
・精神性とか意識とかどうでもいい
・金があればそれでいい
・世の中的な成功だけを目指している
・すでに悟りの境地にいる
・1000円と1000万円はどっちを選んでも大差ないとすでに解っている
・今のまま変わりたくない

■ 過去の参加者の方の声・感想

<スピリチュアルに対する疑問が一掃されました!>
片岡ひろ子さんのセミナーは初めての参加だったのですが、今までのスピリチュアルにもやもやと疑問があった部分(引き寄せの法則など・・)が一掃されました! 
講座の後は、これからの選択で、それがtrue natureから来ているのか否か・・・をチェックする癖、エゴのチェックの癖、自分の心にもやもやが起こったら、それを見つめて、感じきってみようという心がけが出来ました。
結局は、自分に真摯に向き合い、自分に正直に生きていくこと・・・に尽きるのかなと感じました。
とっても分かりやすくて、笑いもあり!ひろ子さんの実体験などにびっくり!納得・・・色々盛りだくさんで、本当に楽しかったです! ひろ子さんのオープンで突き抜けたエネルギーを感じられたのも、幸せでした!
<この3年間どん底を体験してました。>
3年間、ひたすら自分に湧いてくる感情と身体の感覚に、まんじりともせず、向き合うしかなかった。
ワクワクとか無理矢理気持ち切り替える元気のゲの字もなかったw
辛い感情、感覚もいじらずにそのままにしておく修行3年間!
だからひろ子さんの言ってることすっごい納得できました!
今回のセミナーは私にとってのこの3年間の総括になりました! 

<丁寧に洗濯物をたたんでいたらなんか、気持ちよくなった。>
とにかく、一つ一つを丁寧にやることの
大切さを感じました。
結果よりも目の前にあることを
大切にしようとおもいました。
問題なんてそもそもないのかもなーとおもいました。
抽象化に次元があがったり、
具体化に次元を下げたり
という話がおもしろかったです。
上げ下げできるといいなあ。

<満たそう満たそうとしていたらどうにもなりませんよね>
普通に生活していると、知らず知らず知らずのうちにというか、反射的に出会う人や事柄について、
自分にはあれがないこれがないと不足感をもってしまっていた。
それでは良くないと直そうとしても難しかったが、セミナーで心地よくない状態はマトリックスであると聞き、
満たそうではなく意識を変えることが 要るとわかってよかったです。
<自分に対する信頼度が少し上がりました。>
それに伴い、思うことが案外その通りに。
誕生日の三峯神社参拝では仕事で行けないなと思っていた大祓が
到着直後に突如始まったり、撮影で生芸能人を見られたり等々、
余興のプレゼント満載でした。 

■ イベント概要
日時:2017年9月29日(金曜日)
19:00オープン
19:30開始
21:30終了

定員:30名 
参加費:4000円
複数名申し込み割引:3000円(複数名ご参加の場合はこちらの金額とさせていただきます。)
クラブS会員特別価格:サンクチュアリ出版年間購読会員 割引価格2500円

 

ということで、複数人でお申込みいただくとお得な割引がありますので、お誘い合わせの上お申込みください☆

 

お申込みはこちらです。

 

 

 

 

さて、お盆も終わりましたが、皆々様はいかがお過ごしでしょうか?

 

私は父方の祖父の初盆で両親のお供として栃木の那珂川町まで運転手して行ってきました。

 

93歳になる祖母はまだ現役でテーラーをしてましてね。。。すごいよね。

 

そんな祖母は、ついつい植物を育ててしまうグリーンフィンガー※な人。

※green fingersまたはgreen tumb(園芸、植物栽培の才能がある人)

 

 

その血が父に受け継がれ、私にも引き継がれ、、、今回も巨大なサボテンを譲り受けてきました。

 

蕾が6個もついていて超立派な花が咲きそうです。

 

 

 

で、祖母の家をあとに実家まで戻りもう一泊し、母方の実家にもお線香をあげに行ってきました。

 

母方の祖父母はすでに他界しているので、お墓参りには行けども、なかなか実家に足を運ぶことは減っていました。

 

伯父伯母に会うのも久しぶりでしたが、元気そうで何より。。。

 

 

 

そこから大雨の中帰宅。

 

雨続きだったのもあってか、帰ってきてからなんだかまったり、暇で、かといってやる気もないのでなんとなくダラダラ。

 

 

ま、やる気が出ない時にやる気を出すのもね、、、w

 

なので、そのまま暇ーな感じを味わいつつ、気になってたアニメ「ボールルームヘようこそ」を一気に観ました。

 

知ってます?競技ダンスのアニメなんですけどね。

 

 

これはいい!!!

 

 

単なるスポ根ではなくて、ダンス、、、というか、コネクションの本質みたいなものがちゃんと描かれている。

 

私はダンス(サルサ)は中途半端なまま最近は踊ってないのですけど、ペアダンスを経験したおかげで波動調整はかなりの進化をしたのでした。

 

リードとフォローとのコネクションの在り方というかね。

 

必ずしもする側がリーダーというだけでもなくて、いつでもリーダーは入れ替わり、どっちがどうということもなく一体化していく。

 

ダンスをかじったおかげで運動という意味での身体への興味も深まり(生き物としての身体はもっと昔から興味津々。幼稚園児の頃の愛読書が百科事典の人体だった)、探求もしたし、おかげでフェルデンクライスやカムイアーツとも関わりができ、それらのものが混然となって波動調整が出来上がっていきました。

 

いつもいうことなんですけど、波動調整なんてものは別にやる必要もなく、日常的に相方(人、物、音楽、その他ありとあらゆるもの)との間にこのコネクションを意識して生活できればいい話なのです。

 

でも、そんなこと意識したことない人がほとんどだろうし、ちょっとやったくらいでそれが身につくというわけでもない。

 

ま、とにかく「ボールルームヘようこそ」面白いのでぜひ☆

 

主人公の家、中板橋だし!!もしかして息子たちが通った中学も舞台かも?www

 

アマゾンプライムで無料で観られるようですよ。

 

 

あ、それより何より、OPのあとに流れるスポンサー紹介で「読むと人生が変わる月刊少年マガジン」というフレーズがあって笑いました。

 

私も月刊マガジン読んでたおかげで人生変わったのかなぁ、、、鉄拳チンミとか多古西応援団とかwww

 

 

あ、あとコネクションというか、一体化と言うところでこんな記事を読みました。

 

理解することを理解するといふこと

ヌーソロジーの半田さんの記事ですね。

 

波動調整の一部として「観察」というのがあるのですが、それって、こ子でいう意味での「理解」なのだろうと思います。

 

対象の中に棲むことで、対象そのものと一体になるんですよ、波動調整の観察って。

 

この観察、大元は量子場調整の岩尾院長から教えてもらった技術ですが、そこにカムイアーツや様々な観点が加わってより本質に還るためのツールとなっています。

 

 

外側から何かを見ているのではないのです。

 

波動調整講座で、時々、観察が出来ない、苦手っていう人がいるのですが、その人はきっと、外から相手を眺めるという感覚にとらわれて、そこから抜け出せていないのだろうと思います。

 

 

グリーンフィンガーを持った人っていうのは、きっと植物と同化しているのかもしれないなと思ったりします。

 

観察をすることで対象と一体になるからこその育成というか、お世話というか。。。

 

ま、もちろん、植物好きで、何度枯らしてもチャレンジし続けているから上手くなったってこともありますけどねw

 

あ、ちなみにどんなに大切にお世話をしても植物を枯らしてしまう人をbrown fingers というんだそうですよ。

 

日本語では緑の手、赤の手っていうみたいですけど。。。

 

 

貴方はどっちタイプ?

 

 

 【本質の自分を生きる】自分マスター道場

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

自我実現と自己実現

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

昨日、配信したメルマガより。

 

写真は、自我実現中の見習い魔法使いたちですw

 


 

ごきげんよう。

 

「貴方が洗脳から目覚め、true natureへ還る触媒となります」カタリスト片岡ひろ子です☆

 

 

 

 

 

起きがけに、自我実現と自己実現てのが浮かんできて、検索かけたらこれが出てきまして。
 
(全然知らない方のブログです)
 
 
 
 
おお、ユング先生が言及されてらっしゃいましたか。。。と。
 
 
自己実現は社会的な成功ではない。
 
自我実現は社会的に認められること。
 
 
 
そう言う意味では、私は28で自我実現から自己実現へと舵をきったのだなと。
 
上場企業の人事総務部長になったところからの、坂道コロコロ。
 
 
離婚と再婚、出産、離職。
 
 
すごい勢いだったね、あの頃ってば。2001年だった。
 
 
 
まさに2001年宇宙の旅の幕が切って落とされた感じだったのです。
 
自分からそうしたつもりはなかったんだけど。
 
自己実現とはまさに源に還る旅だし、超意識に繋がりなおす旅だし、まさに帰還。
 
 
 
この記事にある河合隼雄先生の
 
「自己実現とは、自我の崩壊とスレスレのところにある」
 
は、まさにそう。
 
 
 
エゴが剥がれていくときは本当にキツイものです。それまで自分で自分だと信じていたものですからね。
 
スレスレというか、エゴは剥がれていきますからね。
 
それでも残ったものがその人個人のオリジンだろうと思います。
 
 
 
 
波動調整は自我実現から自己実現に向かっていく人にはピンとくるけど、自我実現したい人には意味不明でしょう。
 
コーチングとかやってる人が波動調整学ぶとある種のパニックになります。
 
逆に何かにすがってきたような宗教ちっくな人が来てもパニックになります。
 
パニックになればまだマシで、その前にガラガラガラガラとシャッターを閉める人もいたりして。
 
 
ま、それはそれで良いのだけど。
 
 
というのも、自己実現へと舵が切れるのも、思う存分自我実現を体験した後でないとなりませんので。
 
 
この記事も面白いです。
 
ほんとにそうだと思います。
 
 
源から分離することで自我を明確にすることが必要なのです、統合の前にね。
 
 
 
そういうわけで、小さい頃に自我をフィギュアアウトできずに来た人たちが、大人になってから、
 
ご自愛だとか、自分のやりたいことをやろうとかって叫んでるわけです。
 
 
私がよく言う依存期、自立期、相互扶助期みたいな感じでも説明できますね。
 
 
分離と統合、退化と進化、、、
 
その辺の土台を理解すると、現実のストーリーで無駄に苦しむことは無くなります。
 
 
その辺をわかりやすくお話しした動画、まだの方はこちらからどうぞ。
 
 
 
波動調整講座を受けたことのある人には無料でシェアしています。
 
さらに、8月8日、緊急開催で質問会を開催します。
 
波動調整講座を受けたことのある人が対象ですので、詳細は事務局からのお知らせを確認してくださいね。

 

 

週明けにはこちらも開催。

 

後日、動画で視聴も可能です。

 

 The true natures ミーティング@バーチャルひろ子の部屋 vol.1

 

ではでは、素敵な週末を!(終末を!w)

 

 

 

 

 

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

虚無に帰すか、円環の理に還るか

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

ごきげんよう。

 

「貴方が洗脳から目覚め、true natureへ還る触媒となります」カタリスト片岡ひろ子です☆

 

 

東京では久々に涼しい雨の日となっていますが、いかがお過ごしでしょうか?

 

先日、23日日曜日は数年ぶりに波動調整講座で講師をしました。

 

講師陣3人、打ち合わせなしでこのイデタチですよ!www

 

 

 

サンバルカンかよ!?w

 

 

 

 

 

今回は、波動調整本講座ではなくて、ミリオンアップマスターズさん主宰のお試し入門セミナープラス体験会としてだったのですが、

これがまた入門というのは名ばかりで、核心ズバリの話になりまして。。。w

 

 

「本質に還る波動調整」

 

 

って、本質って何?私たちはどこから来て、どこへ向かうの?

 

波動調整はそのために何をしているの?

 

 

 

そんな超根本土台の話をたっぷり2時間させていただきました。

 

 

 

あのね、魔法少女まどかマギカって観ました?

 

映画まで観てない人にはちょっとネタバレになりますが、、、

 

いや、観てない人には何のことかわからないか、、、w

 

 

 

こんな内容です、今回の私のレクチャー。

 

 

私たち人間が条理に合わない創造ができるようになっているのはなぜか?

 

それは私たち人間が許された自由意志によるものです。

 

その自由意志によって私たちは自然に背くことすらできる力を得た。

 

 

そうして分離、退化することは、大きな理の中では必要なことだった。

 

なぜならこの宇宙は二元性でできているから。

 

 

そういう意味で進化があるなら必ず退化が生まれます。

 

自然があれば不自然も生まれます。

 

天使がいれば悪魔もいる。

 

 

そもそも善悪って何なの?

 

進化って何?退化って何?

 

いろいろわからないことだらけだろうと思います。

 

その辺りを一般人にもわかるように話した(つもりな)のが今回のレクチャー。

 

二元性を無に帰して、非二元に入ると進化の方向から脱落します。

 

+ー=0

 

ではないんですよ。

 

いや、その方向もなくはないです。それでもいい。でも、それは虚無方向です。

 

+=ー

 

なんです。

 

ここの捉え方一つで世界が変わります。

 

光も闇ない。世界は虚無だ。

 

そう捉えれば、そういう世界にも入っていけてしまうのは、人間に与えられた自由意志の賜物ですね。

 

植物や動物はそんな世界に迷い込むことはないのだけど、人間ならできるのです。

 

 

まどマギの暁美ほむらが悪魔からどう変容するかは次作に期待するとして、貴方はどうします?

 

人間が作り続けてきたマトリックスの世界により深く迷い込んで虚無に帰すか?

 

本質の世界を思い出して実在に還るか?

 

 

 

そういうわけで、ぜひ2時間のレクチャー聞いてください。

 

2時間終わってのホワイトボードはこんな風になりました。

 

 

あ!!えっと、これまでに波動調整本講座を受けてくれた方には事務局から資料として無料で動画をシェアします。

 

Facebookの受講生グループに入ってるいる人、PWEPの事務局の配信グループに登録がある人には送られます。

 

詳細は、事務局からの連絡をお待ちくださいね。質問などは、こちらへ。

 

 【波動調整】本質を生きるとは?私たちは何者でどこへ向かうのか?片岡ひろ子【動画講座】

 

 

こちらも合わせて観ていただくと理解が深まります。

 

 【片岡ひろ子】全ての問題を消滅させる「意識」の変え方 動画講座

 

こちらの方がより一般人w向けかな。

 

 

 

実際の講座では、この後、飲み物を波動調整で味変えをする魔術wを体験してもらい、さらには通常の波動調整を全員に受けてもらいました。

 

 

そういう魔法めいた体験をすると、そっちに気を取られて、自我に都合のいいものを引き寄せたくなるのですが、

波動調整が目指しているのはそのさらに先ですということを何度も何度も何度も繰り返しお伝えしました。

 

波動調整を学んでもそこが腑に落ちてない人の方が多いくらいなのでね。

 

さらに質問会もたっぷり時間をとってやりました。

 

そんな中、参加者のお一人がこんな風に感想を伝えてくださいました。

 

「ヒーリングやらをして相手を進化に導いてるつもりが逆だったんですね。。。」

 

はい、ぶっちゃけそうです。

 

でも、退化は進化への道筋なので必要なことなのだけどね、、、とお伝えしましたが、、、

 

でも、本人は進化のベクトルだと信じていたものが真逆だとわかったわけなので、ショックではあったでしょうね。

 

「悪いところを治してあげる」世の多くのヒーリングやセラピーは退化への加速です。

 

でも、それもまた、進化にとって必要なことなので、悪いことではないんですけど、、、

 

と聞いて、不安になる人は、見えてない部分があるので、さらに学ぶ必要があります。

 

 

個別に疑問がある人は、是非こちらへご参加ください。

 

 The true natures ミーティング@バーチャルひろ子の部屋 vol.1

 

 

 

そういえば、今日はマヤ暦の新年ですね。

 

気持ちを新たに切り替えるのにいいタイミングかもしれませんね♪

 

 

どうでもいいけど、私kin86☆

 

 

 

※まどかの画像はこちらからお借りしました。

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

意識進化のために必要なのは葛藤!?

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

「貴方が洗脳から目覚め、true natureへ還る触媒となります」でお馴染みのメタフィジカルカタリスト片岡ひろ子です☆

 

メタフィジカルって入れてみましたw

 

 

 

今日も暑いですが、いかがお過ごしですか?

 

 

さて、まず最初にお問い合わせがあったので先にお知らせしておきます。

 

ウェブ座談会ひろ子の部屋について、「単発参加の人は後日視聴できないんですか?」ということだったんですが、、、

 

できます!

 

なので、当日参加できなくても、あとで観たい!という人はどうぞお申し込みください。

 

前もって質問を書いて送ってくれたら、そのことについても話しますよー☆

 

 The true natures ミーティング@バーチャルひろ子の部屋 vol.1

 

 

 

さて、今日の話題。

 

 

今日、フェイスブックに投稿したこれ。

 

 

意識進化というと大げさかもだけど、つまりは本質を生きるということ。

 

私たちの本質って何かって、true natureですよ、true nature!

 

 

進化というからには、絶対的にその逆サイドの退化も生まれるわけですが、退化したかったらtrue natureから遠ざかればいいです。

 

これまでの私たちは、意識進化のために意識を退化させてきました。

 

て、面白いよねー?

 

 

波動調整講座ではディセンションとアセンションって表してるけど、つまりは分離していくフェイズと、統合していくフェイズのこと。

 

 

自然な流れはもうすっかり統合の方にベクトルが向いて、私たちの意識は超意識へと向かい始めてるはずなのだけど、

これもまた自然の摂理で逆サイドもなくなるわけではないのですね。

 

もっと言うと、進化が良くて退化が悪いってこともない。

 

どっちも等しい。

 

両極のものを等しく観られる状態が統合であり、中道であり、中庸ですね。

 

 

でも、まー、分かれていくわけです。

 

上昇のベクトルと、下降のベクトルとにね。

 

バシャールも言ってましたっけねー、線路が分かれ、乗っている列車も分かれていくと。

 

いつだったかなー?5年前くらい?

 

その頃ならギリギリ乗り換え可能だけど、そのあとはもうどんどん離れていって、

同じ周波数帯の中にいられなくなってくるって言ってましたね。

 

それは、人ごとに向かうベクトルが違うからですよ。

 

って言うと、私はどっちなの〜!!!?

 

と心配になる人もいるかもしれませんが、その心配が無用w

 

 

だって、どっちだったとしても良いも悪いもないんですから、そこで一喜一憂しないというのが統合のベクトルなんですwww

 

 

これを読んでいる貴方も、長いこといろんな葛藤があったと思います。

 

それもこれもね、その葛藤があることで物事を等化、統合していき、意識のベクトルを上昇させるためだったんですよ。

 

 

 

だから安心してね。

 

葛藤がなかったら、それができません。

 

うまくいかないことがたくさんあった人ほどうまくいってたってことですよw

 

まだ葛藤中のものもあるかもだけど、過去に葛藤して乗り越えたものは、もうどうでもいいでしょ?

 

どうでもいいって、投げやりな感じじゃなくて、固執してないというかね。

 

その葛藤からは自由になっているはずなんですよ。

 

 

 

今、まさに抱えている葛藤もまたそのために体験しています。

 

ですから、どうでもいいと思えるまで取っ組み合ってください☆

 

 

勝ちにいけば負けがあり、

 

儲けにいけば損があり、

 

うまく行かせようとすればうまく行かないことがあり、

 

好きなことをしようとすれば嫌いなことが生まれ、

 

楽しいことの裏には辛いことが付いてくる。

 

 

どっちかだけってのはないんです!!!!!!!!!

 

 

都合の良い方だけっていう世界はないんですから、それで悩んでも仕方ないと手放すこと。

 

 

両方を丸ごと受け容れちゃうこと。

 

一回でもそれが意識的にできるようになると、コツがつかめてサクッと葛藤から抜けられるようになりますよ!

 

 

 

それを伝えたくて、波動調整しかり、魔法ポストしかり、自分マスター道場しかり、皆様にリリースしてきました。

 

いろんなことが統合されていくと、波が起きても平安が保てるようになってきます。

 

 

ということで、上昇ベクトルの波に乗って本質回帰していきましょー☆

 

 

最後にジョージ画伯の作品をば。

 

 

 

 

一昨日から寝込んでまだダウン中の画伯でして、私が主婦業やってます☆

 

自分の料理が美味しくて身悶えておりますw

 

 

 

貴方も、目の前の体験を味わって味わって、喜んだり、怒ったり、泣いたり、してね♪

 

そして、そんな自分を観ている意識に気付きますように!

 

 

 

 

 

 

 

 

 【本質の自分を生きる】自分マスター道場

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

宇宙のエレガントな完璧さに泣きました

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

「貴方が洗脳から目覚め、true natureへ還る触媒となります」でお馴染みのカタリスト片岡ひろ子です☆

 

さて。。。

 

先日から2013:シリウス革命 精神世界、ニューサイエンスを超えた21世紀の宇宙論 を読み始め、2周目に入りました。

 

 

ヌーソロージーの骨子となっている冥王星の高次元存在オコツトと、著者の半田さんとの交信記録を中心に、

この宇宙の仕組みを幾何学や量子論、生物学に考古学、古今東西の哲学といった学術的な分野から、

輪廻、創造、アセンション、悟りといったスピリチュアルな分野まで様々な切り口で描いた超大作。

 

これは本当にヤバかった。。。

 

もう、感動しすぎて何度も泣きました。

 

何に感動したかというとね、宇宙のエレガントな完璧さにです!!!

 

 

これまでかい摘んで学んできた分野や、自分の経験から導き出してきたものがパタパタと音を立てて構造を持ちました。

 

そういうことだったんだ!!!!

 

何度も何度も頷きました。

 

 

普段我々は目に見えない世界のことは直観だったり、感覚だったりを通して感じるものだと思いがちですが、

ヌーソロジーはそういうものではないのです。

 

きちんとした論理でその仕組みが言語化、図式化されたもの。

 

それゆえに、これまで私が漠然と観じていたものに カタチが与えられたような感覚なんです。

 

 

今日ね、たまたま船井総研から船井フォーラムの案内DMが来ていて、そこにkan.さんのインタビューが2ページくらいあったんですよ。

 

kan.さんてクンルンネイゴンのkan.さんね。

 

その内容が図式化して感じられたの!!!

 

いろんなことがフラクタルなんだというのが、これでもかっていうくらいに全てに畳み込まれていて、

何を見ても宇宙の片鱗を感じずにはいられなくなってしまいました。

 

そして、何がすごいって、宇宙は私そのものだったってこと。。。

 

いや、もちろん、それはこれまでもアタマではわかっていたし、伝えても来たけれど、何がどうしてそういうことになったのか?

 

それが私の中でクリアになってしまいました。

 

 

群盲象を評す。。。

 

な感じだった私の頭の中で、1匹の象が「デデーーン!!!」と姿を現したかのような感覚です。

 

 

 

私たちが進化していく時、中には感覚からやってくるパターンもありますが、多くはそうではありません。

 

風鈴の存在を知らない外国人には風鈴の音は聞こえない。

 

それと一緒で、感覚をキャッチするためには、先に精神というか、思考というかを持っていることの方が多いのです。

 

 

とある考えがあって、その考えに基づいた感受性が出来上がり、実際に体験する。

 

 

 

そういうわけで、まだ知らないこと、わからないことを見聞きしておくというのは大切です。

 

600ページ以上ある大作ですけど、ぜひチャレンジして欲しいですね。

 

あちこちで学んできた人で、特にマインドが強いタイプの人は。

 

2013:シリウス革命 精神世界、ニューサイエンスを超えた21世紀の宇宙論

 

 

そういうわけで、かなり進化してます、私。

 

 

先日お知らせした座談会の日程を先に延ばそうと思ったのもこれがあったからだったかなと。。。

 

ウェブ座談会、8月2日夜8時から開催します。

 

料金も見直しました。映画1本観るよりは いろんなものを持ち帰ってもらうつもりの参加費設定。

 

 

参加者の方にもよるけど、きっと、

 

私たちが存在している理由やこの宇宙の仕組みと目の前の人生をどうしていくか?

 

みたいなことを話しそうな気がしてます。

 

 The true natures ミーティング@バーチャルひろ子の部屋 vol.1

 

観てるだけもオッケーですよ☆

 

 

飲み物片手にお気軽にご参加ください。

 

 

そして、まだまだ募集中のこちら。

 

 【片岡ひろ子&波動調整インストラクター】本当の自分に還る波動調整セッション&セミナー

 

ここでももちろんお届けします。

 

本質を生きるってなんのことか、しっかりお伝えします。

 

あなたが生きている目的そのものズバリを回答します。

 

そして、その目的を遂行していくための生き方を波動調整切り口でお伝えします。

 

 

 

あ、最近、夫のジョージ氏がまた描き始めましてね。

 

最後に何枚か最新作を披露しておきますね。

 

全部見るならこちらから。

 

 

 

 

 

キャプションは全部 kan.さん語録です。

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

意識を幽閉しちゃう?

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

今日もメルマガの転載です。

 

 

「貴方が洗脳から目覚め、true natureへ還る触媒となります」でお馴染みのカタリスト片岡ひろ子です☆

 今日はちょっと難しい話になるかもしれません。

ヌーソロジーってご存知ですか?

超簡単にはしょると自分自身と宇宙とその仕組みを理解しながら、

私たちが当たり前だと思ってしまっている感覚を瓦解、変容させていくための学問かなと。

詳しくはこちらね。

http://noos-academeia.com/

で、ここの主宰の半田さんと数人の人がコラボをして壮大な書物が出版されることになり、

喜び勇んで予約したのが、つい最近のこと。

シュタイナー思想とヌーソロジー 物質と精神をつなぐ思考を求めて

 

この本の装丁の原画がマシマシで、CGで編集したのが福ちゃんことアニマンダラの福田博之氏ということで、

私が興味を持ってウォッチしている人たちが関わっているのも興味深くてですね☆

もちろん、シュタイナーの人智学もずっと興味を持って浅いながらも学んできたし、

ヌーソロージーはここ2年くらい私の中では一番ホットなテーマなのです。

そのヌーソロジーの半田さんのフェイスブックにこんな投稿があったんです。

===

半田 広宣

●まずは「永遠」の決意のもとに、そのキャンバスを開くこと。
 
記憶には二つの種類がある。ベルクソン的に言うなら、それは追憶的記憶と収縮的記憶ということにでもなろうか。追憶的記憶は文字どおり思い出されたものであるが、収縮的記憶とは、思い出されたもの自体の記憶である。言い換えれば、物質自体がその内部に持つ記憶。
 
誰もが、心の奥に後者の記憶を持っている。
 
「思考が力を持つ」というのは、思考が物質を作り上げる力を持つという意味だ。そして、これは引き寄せの法則などで言われているような「思考は現実化する」といったような意味では決してない。両者はむしろ正反対の性格を持つ。決して混同しないように。
 
追憶的記憶においては、持続空間は記憶の容器として働く。しかし、一方の収縮的記憶においては、持続空間は創造的運動体として働く。追憶的記憶はこの創造的運動体を自らの器の中に映し出し、物質として記憶する。持続体の円環はそのようにして閉じている。
 
すべては記憶、とはそういうことなのだ。この円環を見出すことができれば、世界から外在という概念は消滅する。
 
ヌーソロジーではこのような円環をケイブユニバース(cave universe)と呼んでいる。
 
ベルクソンは「物質は記憶である」とし、物質と精神の垣根を取り払おうとした。しかし、追憶的記憶と収縮的記憶の差異を今ひとつ明確にしていない。追憶的記憶のための容器となる持続空間と、創造的運動体としての持続空間には絶対的差異があるのだ。この差異が、時空では素粒子と元素の違いとなって現れる。
 
その意味では、人間が現在、思考と呼んでいるものは、時空と追憶的記憶の間を反復している意識の産物ということになるだろう。これはこれで善いとして、別に、収縮的記憶の場で営まれている思考が存在している。それがヌースだ。ヌースをたまに反-思考と呼んでいるのも、そのためだ。
 
今の僕らに決定的に欠如しているのは、こうした収縮的記憶の場に対するイマジネーションなんだよね。それは厳然として物質として生成しているにもかかわらず、それを時空の中に見てしまい、追憶的反復の中に閉じ込めてしまうものだから、思考が生きた物質の中に入れないでいる。
 
当面は、ヌースが活動している創造空間のイメージを精神に呼び起こすための試行錯誤が、あーでもない、こーでもないと、続く感じになると思う。とにかく、まずは、永遠を決意して、自分の中にそのキャンバスを開くことが重要なんだ。今度のシュタイナーとのコラボ本も、僕のパートはそういう試みの一つして書いた。物質を創造している全く異種の空間と、そこに働く知性というものが実在している。これは決意なんだよ。

 
画像お借りしてます。。。
 
===
 
 
で、私が投稿をシェアする形でこう付け加えました。
 
 
===
 

「思考が力を持つ」というのは、思考が物質を作り上げる力を持つという意味だ。

そして、これは引き寄せの法則などで言われているような「思考は現実化する」といったような意味では決してない。

両者はむしろ正反対の性格を持つ。決して混同しないように。

 

私が伝えたかったのはこの部分だったのだな、引き寄せに物申すシリーズでね。

この文章がわかる人は大丈夫。わからない人は引き寄せに慎重になることをオススメします。

あ、もちろん、マトリックスをドンドン創ってそこに閉じ込められていたいなら止めはしないんだけどね。

それがスマルに閉じ込められということなんだと私は理解してるんだけども、、、

スマルって源と真逆の方にあって、つまり創造の逆方向。虚無方向。

この現象世界で虚像である物質世界に取り憑かれちゃうと虚無っちゃうよ、ってことだろうと。

だからさ、引き寄せ引き寄せといって物質的に何か手に入れようって方向性は我々を退化させてるんだよ。

でも、それが極まって反転するならいいよね。

だから、飽きるまでやってもいいと思うのだけど、賢い人はちょっと立ち止まって考えたらわかると思うんだよね。。。

===

スマルっていうのは、ヌーソロジーの中でてくる概念のひとつで、上に書いているように創造の源真逆にある概念。

私個人の解釈ではルシファーというか、闇というか、分離というか、ディセンション方向というか。。。

というと悪いものに聞こえちゃうけど、

これがないと私たちは創造の源(ヌーソロジーではオリオンと呼ぶ概念)の方に向かえないから、大事なものではあるのですよ。

本質の方向ではないものだけどね。

ちなみに私たちがいる世界はプレアデスと呼ばれ、オリオンとプレアデスの間にシリウスがあります。

別に星座の名前でなくて、概念の呼び方ね。同じ呼び方だから何らかの関係はあるのだろうと思うけど。

プレアデスはおそらく3次元4次元、シリウスが5次元だね。

私たちは5次元の方向に向かって進化しているのだけど、その進化にはさらに低次元のスマルの作用が必要で、

でも、そういう仕組みに気づかないままスマルに引っ張られすぎるプレアデスの進化が進まず、

スマル=虚無に飲み込まれる。。。みたいな。

スマルってのは、私たちのこの3次元世界がさらに高次元の投影であることに気づかず、

リアルだと思い込んでいる物質に足を取られてしまう方向性を持ってる。

だから、最初に戻ると思考が力を持つっていうのは、もっと高位次元の智慧のようなレベルの話であって、

私たちの投影世界の中でエゴ的な思考が魔術的に物を生み出すマトリックスの話じゃないってこと。

でも、もうそういうのが横行しちゃってるわけ、引き寄せの法則とか言っちゃって。

そっち方向に向かうと、みんなどんどんスマルに引っ張られる。

もちろん、現実も体験する必要があるからあるわけで、悪いものじゃないのだけど、

「これは投影としての虚像、幻想なんだ」って見破って、幻想から目覚めていかないと本来的な進化に向かわないってことなの。

映画を映画だと思わず、これこそリアルだ!ってずーーーーっと映画館の中にいる。

それがスマルの方向性だね。

物質、つまりこの3次元的世界こそがリアルだと思い込んでしまう認識様式を変えていかなきゃいけない。

Facebookではいろいろシェアしたんだけど、昨日ダイアログインザダークという全くの暗闇を体験するというイベントに参加してきたんですよ。

生まれつき全盲の人がガイドをしてくれながら、6人のパーティで真っ暗闇を白杖だけで進んでいくという内容。

私は目が見えないのはすごく楽しくて、好奇心を掻き立てられて、いろんな探索ができました。

面白いもので、空間認知を音でしようとするからか、左耳が活性したりね。

真っ暗闇でビールを注いで飲んだり、いろんな味のおつみまみを食べたり。。。

で、いろいろと体験をするわけなんですが、光のある世界に戻ってきたらね、世界がつぶつぶに見えるんですよ。

普段からそういうことはあるんだけど、なおさらツブツブw

古いブラウン管のテレビを見ているようなざらざら感。

あ、やっぱ、この世界って映像なんだなーって直観的に感じた瞬間でした。

そしてね、私がこの暗闇で体験したのは、目が見えている世界を基準としたものであって、

生まれた時から全盲の彼女の世界とはまるで違うのだろうということを悟りました。

主観的な体験がきっとまるで違うゲシュタルトを様しているのだろうって。

ということは(と端折りすぎですが)、今私が見ている世界は実は如何様にでも形を変え得るんだなって。

意識が変わることで、感覚が変容する。

今回は感覚を変容させることで、ちょっとばかし意識にひらめきがあったって感じですけど、

でも、本来はやっぱり意識が先に変わっていく。

うーん、いや、意識が変わる様な出来事が起きていくんでしょう、オリオンからの創造のエネルギーによって。

そこに繋がっていられたら、私たちの意識は変容し、感覚が変わり、生きる次元が変わっていく。

いや、こうやって書くと変だなw

生きる次元ってそもそも意識の次元のことだもんねwww

あ、でね、今朝、2年前の投稿が上がってきてそれもシェアしたんです。

===

2年前の投稿より。

「人生で大事なことは一つしかない。」と男はつづけました。

「それは、何か成功すること、ひとかどのものになること、たくさんのものを手に入れることだ。

 他の人より成功し、えらくなり、金持ちになった人間には、そのほかのもの-友情だの、愛だの、名誉だの、

 そんなものはなにもかも、ひとりでに集まってくるものだ。

 きみはさっき、友だちが好きだと言ったね。ひとつそのことを、冷静に考えてみようじゃないか。」

     モモより灰色の男のセリフ

そう、外の世界に左右されるところで生きてると

自分の純粋な欲求を忘れて外側との対象の世界(二元性)からくる比較の世界での二次的な欲求で生きちゃうんだよね。

その二次的な欲求が、灰色の男たちがいう「だいじなこと」。

でも、騙されちゃいけない。

僕らの本質、心意、深意、真意、神意は、そこじゃないところにある。

現象している時空間のある領域を超えた、さらに奥にあるところ。そこを観る。

目先の二極性の比較の世界を超えないとだね。

===

 

これがまさに創造の源からやってくる欲求に従うか、物質に魅入られたエゴが引き寄せたがる様な欲求に従うかの違い。

エンデもすごいいいよ。

もしね、貴方が誰かについてスピとか目に見えない世界のことを学んでいたら、

自分の先生がこのことを理解しているか確認してほしい。

 

その人のフェイズによっては、目先のこととして、自分を大事にして好きなことをして満たしてね☆とかいうかもしれないけど、

本当にわかっている人ならそのあともちゃんと導いてくれるから大丈夫。

あ、導くって言っても、あれよ、誰かがなんとかしてくれる!とかとは違うよwww

最終的には自分が気付いていくんだけどさ、、、ガイドは必要なこともあるから。

私はそのガイドの一つとしてヌーソロジーを学んでいるし(完全独学だけど)、シュタイナーも読むし、kan.さんだったり、羽龍先生だったりから勝手に学ばせてもらってる。ま、あとは自然の草花かな。

弟子入りとか全然してないけどね。なんかに通ったりしてないけどね。

こだわりは手放していく必要があるけど、こだわりを手放したからといって、

いえーい、なんでもいいやー!きゃっほー!

とかなるんじゃないのですw

 

こだわりを手放すからこそ、いろいろ見えてくる。

いろいろなものの違いがわかる様になってくる。

そこに良い悪いのジャッジは挟まずに、ありのままに見えるようになってくるってこと。

すごく難しいかもしれないけど、興味があったらいろいろ読んだり観たりしてみてください。

ヌーソロジーね。

ヌーソロジーもだけど、私が普段扱ってる分野はスピリチュアルだと思ってなくて、いわゆるメタフィジックス=形而上学だと思ってます。

バシャールの本でニューメタフィジックスってのがあるけど、メタフィジックスとフィジックスが合流しつつあって、それをニューメタフィジックスと呼んでいる感じ。

ヌーソロジーもそんな感じです。物理とか数学がわからないと嫌になっちゃうかもだけど、
読めるところだけでも読むといいよ。

そして、自分の意識を変容させていってほしいなと思っています。

あんまりヌーソロジーのこととか書いてこなかったけど、やっぱり書いてみないと自分のものにならないんだよね。

って、今回はあんまりヌーソロジーのこと書いてないけどww

おぼろげなところもたくさんあるし、ヌーソロジー的にはそうじゃないよ!ってこともあるかもしれないけれど、

それは今の私の理解が進むためには必要なミスだからお許しください。

そう、私はいつでもこうして変化してきたの。

インプット&アウトプット、体験&インプット&アウトプット、体験&インプット&アウトプット、体験&インプット&アウトプット、体験・・・

変化の方向が進化の方であれば良いのだけど。。。

今日のところは以上です☆

 

あ、最後になんかこれ引用しておこう。

半田さんの言葉。

私たちが歴史と呼んできたもの、弁証法的運動のもとに絶えず止揚されてきた出来事の進化、民族対立や階級闘争の歴史は、ある意味においては〈闇の中の闇〉と〈闇の中の光〉との闘争に過ぎなかったのかも知れない。
つまり、プレアデスがプレアデス自身の中で自己完結を果たしていくための葛藤に過ぎなかったということなのだろう。
「闇の光から離れよ」とはヘルメス文書にある勧告だが、その意味は、この世で光と見えるものさえ、宇宙的真理から見れば闇の一部に過ぎないことを意味している。

 

 

 

 

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]