ビジネス探求最終回

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

1年ちょっと執筆してきたビジネスメルマガの最終号を転載します。

ビジネスの探求もこの5年でひと段落。

その道中を簡単にまとめました。

===

ごきげんよう。
 
コンサルタント&プロデューサーだったw 片岡ひろ子です。
 
 
 
この記事をもちましてこのメルマガは最後となりますが、それでも配信停止ご希望の方はこちらから解除をおねがいいたします。

さて、、、

このメルマガを最後配信してから二ヶ月が経ちますが、いかがお過ごしでしょうか?

こちらでははっきりと書いたことがなかったかもしれませんが、私、ほぼほぼセミリタイヤ的な毎日を送っています。

仕事として、、、というか、ライフワークとしてお金を頂いて取り組んでいるのは、自分マスター道場と、自分生きビジネス研究会だけとなりました。

そのうち自分生きビジネス研究会も来年1月の会を持って最後とすることにいたしました。

いろいろと考えるところがあり、これまで任せていただいていたリザストオフィシャルトレーナーの養成もやめ、自分自身もオフィシャルトレーナーの更新もしないことにしたんです。

最終号ということで、ちょっとこれまでのことを振り返ってみようと思うのですが、長くなるかもしれません。

お時間のある方はどうぞお付き合いくださいませ。

私がビジネスというものに目を向け始めたのは、2012年のことでした。

開業したのが2008年の末でしたので、それまでもビジネスをしていたのですが、その頃は稼がなきゃ!という思いよりも、セラピストとしての想いが強く、やりたいことをしているだけでうまく回っている状態でした。

成功とか、お金持ちになるとか、あんまり考えていなかったのですね。

収入も月商100〜200万ほどはありましたので、お金に困っているということもありませんでした。

一時、離婚やらなんやらの騒動の時にまともに仕事をするモードでなくてショートすることがありましたが、それも本当にすぐに抜け出せました。

私が本当にしたいことはなんだろう?と問いかけた時に出てきた答えが「波動調整をする」だったんですね。

なので、お金をいただかなくてもそれをしよう!と無料一斉遠隔波動調整なるものが生まれました。

そこから収入も持ち直し、ジョージという新しいパートナーと出会って新しい生活がスタートしました。

それが2011年のことでした。

そして迎える2012年。

晩春に何の気なしにマスターkan.の個人セッションをジョージと二人で受けに行きました。

その時にマスターkan.に言われたのが、「二人で出版したらいい。」ということでした。

で、何を書いたらいいかと聞いたら、普段二人が話しているような内容を文字起こししたらいいというので、そのためのトークショーを企画したんです。

3回やってそれぞれ40人くらい集まったでしょうか?

とにかく、やったらいいと言われたことは素直にやるたちなので、素直に行動しました。

どうやって出版するかについては、必要があれば流れが来るだろうと思っていたのですが、結局それは現実化しませんでした。

現実化はしなかったのですが、実はこの件がきっかけとなり、私がそれまで考えもしなかった「ビジネス」というものを意識することになっていったんです。

出版するからには、もうちょっとちゃんとした方がいいんじゃないかと思いついちゃったんですねwww

それで、税理士さんにお願いしたり、事務局のスタッフを雇ったり、、、

さらには、ウェルスダイナミクスという、簡単に言えばお金持ちになるためのメソッドに出会ってプラクティショナーになったり、

現実界で成功するための法則を学ぶ算命学という帝王学を学ぶ寺子屋に参加したり、、、、

「自分生きビジネス」を謳ったマーケティングシステムであるリザストに出会ったのも2012年でしたっけ。

それまで心と身体と魂、宇宙の摂理についてだけを探求してきたのに、なぜかビジネスやお金というものについて学ぶモードに入って行ってしまったのです。

本当にいろんなことをしました。

大っ嫌いだったMLMの世界にも飛び込んでみました。

まったく無知だった投資というものもやってみたりしました。

お付き合いであちこち出てあるきました。

ビジネス交流会とやらにも出席しました。

法人を立ち上げたりもしました。

年間200万くらいするビジネスサークルにも足を踏み入れました。

ビジネスがらみの勉強会にもたくさん参加したし、主催もたくさんしました。

コンサルもしてもらいました。

他人のコンサルもしました。

自己啓発的な世界も覗きました。

成功者と言われるような人にも会いました。

算命学や風水みたいなことの実践もいろいろしました。

そして、そのほとんどのことを手放してきました。

どれも自分の望みとは違うなと。。。。

なのに、なぜそんな世界に飛びんで行ったのだろう?と振り返った時、私の中に一つの観念が見つかったんです

成功者(お金持ちや有名人)というのは、精神性が高く、幸せで素晴らしい人である。

しかしながら、この5年の間に観てきたものは、そうではない現実でした。

で、そのことをまとめたのが先日のフェイスブックの投稿。

あぁ、書き出したら長くなっちゃった、、、

(世間的に評価される)結果が出ている=在り方がなっている=ありのままを生きていている

というものの見方は早計ですなぁ。。。というお話。

ありのままを生きるとは結果はさておき、目の前に起こることを受け入れ続けることだと私は思うのですよ。うまくいかないこともたくさんあるし、闇や虚無やもたくさん覗く羽目になるしね。

世間的に評価される結果を出すには、在り方とかでなくて、三次元的なやり方を学んだ方が早かったりします。

三次元的なテクニックを使えば、在りのままを生きることを棚上げしておいて現世利益を得ることもできるのですね。

三次元的テクニックを駆使し続ければ闇を覗かずに済んだり、絶望を味わったりしなくてよくなる、ひとまず今生ではね。(いやー、嘘かも、、、大きな流れが来ちゃったらテクニックではごまかせないかぁ)

あ、かといって成功しているから本質から逃げているという話ではありません、ちっとも、、、

そもそも逃げるのが悪いという話じゃないしね。単にその人のフェイズがそうだっていうだけでね。

受け容れて統合してアルケミーを起こすことで成果を出す人もいることでしょう。

でも、、、そうなる過程で大概は世の中的な成功とかどうでもよくなると思うんだよなぁ、、、

様々な経験を通して今感じているのは、ビジネスはビジネスでやった方がいいってこと。

中途半端に在り方とかいってスピリチャルなモードを入れない方がよい。

本気でスピリチャルに生きるなら、成功を手放す必要がある。

握ったままでは統合にならないからです。

だから、成功を目指す人はガッチリそれを握りしめて、そのためのノウハウやテクニックをガッツリ身につけていくことをオススメします。

スピリチャルに本質を目指す人は中途半端に成功など目指さず、全てを受け容れるご覚悟を。

といって、そこまで状況が極まってる人も少ないでしょうから、まずは分野ごとに切り替えしてもいいかもね☆

つまり、ビジネスはビジネスと割り切るとかね。

「在り方が素晴らしいから成功している」っていうのはあるかもだけど、「成功しているから在り方が素晴らしい」わけではない。

「在り方がダメだから病気になった」ケースはあるかもしれないけれど、「病気になったから在り方がダメだ」というわけではないのと一緒ですね。

あ、で、何が伝えたかったかというと、成功の度合いで人の在り方の度合いをメジャーメントしない方がいいですよという話。

病気でメジャーメントするのも然り。

ま、そもそもメジャーメントでなく、ジャッジになっちゃってることま多いんだけどね。。。

「あたし、成功してるから霊的にもすごいのよぉ〜!!」ってのは、ちと違うよねというお話でした。

そういうご本人が本気で勘違いしてるから信者の皆様もその気になってしまうのですけれど、、、ね。

*メジャーメントは単なる計測、ジャッジは良し悪しの判断

 

5年かけて私が得たのは、自分の中にあった観念を手放すことだったようです。

それで、今、ちょうどリザスト開発者の純平ちゃんとメッセでやり取りしていて、私が送った内容なのですけど、、、

ビジネスのうまい人っていうのは、ドラマ作りがうまい人だなと思うのです。

お客さんは、ドラマにお金払うんだよなーって。。。

ディズニーとかUSJみたいなことというか、ビジネスってお客さんにドラマの舞台を用意してあげるってことなんだよなって思うんです。

特にコーチ、セラピスト、ヒーラー、コンサル、カウンセラーという感じの個人事業主的な業種はなおさら。。。

もちろん、効果や結果といった価値にお金を払うという、当たり前の世界もあるのですが、、、、

エンターテイメントなんですよ、多くの商品は。

良いものが売れるわけではなく、良さそうなものが売れるというのは、結果よりも、エンターテイメント的な体験にお金を払う人が多いということです。

(写真は、エンターテイメントにお金を払うお客様ですw)

私自身は、そのドラマ・ストーリーから抜け出て、本当の世界を観るための探求をするのが望みの一つだったので、ビジネス成功のためのカラクリは意外な事実でしたw

いや、そうなんですよね。

みんなドラマを体験したくてこの三次元にいるわけですから、ドラマにお金を払うのも至極もっともなんです。。。

でも、私自身の居場所はそこじゃないなと思ったわけです。

私はドラマを提供してお金をいただくようなポジションではないと。

自分自身が本当のことを知りたいという探求者であり、研究者だし、同じような探求者たちに何かを伝えていけたらいいなと感じているのです。

そう、、、、ドラマの中で苦しくて辛くて、どうにもならず、「こんなはずじゃない」って感じているような人にちょっとした手を差し伸べる人でいたいなと。

それができる準備が整ったからかどうか、不思議なもので、生活するお金のために働かなくてもいい状況が訪れました。

って、どこからから何か転がり込んできたわけじゃなくて、長年積み立てた貯金が使えるようになったようなものなんですけれどね。。。

それもまた、この5年の間に投資についての学びがあったおかげで「使って終わり」にならずに済みましたwww

不動産プチバブルのおかげもあって、買った額で家が売れたのは、流れというか、タイミングですねー。

ローンも頑張って返し終わっていたので、まるまる投資資金です。

そういうわけで、これまでの探求を還元していく時期に入ったのだなーと思っています。

新たな出発ですね。

お金ために働かないといけなかったのは、そうしないとわざわざ飛び込んでいかないようなところに必要な学びがあったから。

そのドラマをやってみる必要があって、気づかないレベルで自作自演していたのです。

もちろんこれから先も学んではいくのですが、自分の居場所、ポジション探しはもうおしまいです。

個としての自分の枠を超え、他人という自分のためにできることを提供してまいります。

このメルマガ自体は1年ちょっとでしたけれども、これまでお付き合い頂きありがとうございました。

今後は、メルマガを出すことも少なくなるかもしれませんが、こちらのメルマガは気が向いたときに送らせていただきますね。

☆片岡ひろ子の本質に還るメルマガ

日常的なことはフェイスブックに投稿していきますので、よかったらフォローをお願いします。

あ、そうそう、もう一つのメルマガの記事をブログに転載しています。

2016年を振り返るワークになっていますので、まだの方は是非お読みください。

2016年を振り返ってみませんか?

それでは、良いお年をお迎えください。

[`yahoo_users` not found]
[`livedoor_users` not found]

カテゴリー: お金, スピリチュアル, ビジネス, 自分探し, 雑感 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , | 投稿日: | 投稿者:

片岡 ひろ子 について

1973年栃木県生まれ、さいたま市育ち。 早大心理学専修卒業後、NOVA、楽天で営業、新規事業立ち上げ、マーケティング、コンサルティング、人事総務管理職経験を経て、出産に伴い退職。 自身の体調不良を機に代替療法、ヒーリング、エネルギーワーク、ボディワーク各種を学び、2008年量子の世界に目覚め「真の自分に還る旅をサポートする True Seeds」を開業。 開業後、上場企業内で専属カウンセラー・セラピストとして活動する傍ら、個人セッションではこれまでに数千人を解放に導く。セミナー、ワークショップの開催多数。 2011年、それまでの学びと臨床経験の集大成として波動調整(R)を創始。講座、セミナー、イベントを通じ、本質の自分に還るためのサポートを全国各地で行ってきた。 カタリスト=触媒としてカタルシスをもたらし、本質に還るサポートを行うかたわら、起業家のコンサルティングなども行ってきたが、より深く内なる本質と繋がるためにセミリタイア。現在は家族との日常生活を満喫し、趣味の園芸やアクアリウムに精を出す日々を送っている。 現在、徐々に現場に復帰。セミナーや座談会などを通し、必要な人へ必要な情報が届く様、活動再開。 TrueSeeds 主宰 自分マスター道場 主宰

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です