【無料】魔法ポスト 〜貴方のネガティブ反転します〜

女になれない女 女性性とは…

女になれない女 女性性とは…
Pocket
LINEで送る

ごきげんよう。

世界にカタルシスをもたらすカタリスト=触媒☆片岡ひろ子です。

夏休み最終日ですね。

お父さん、お母さん、いかがお過ごしですか?

我が家では2年半前くらいから夫のジョージが主夫をしてくれているので、夏休みだからといって私が大変なことは全くありません。

大変なこと。。。

まー、お昼ご飯の用意が一番大変でしょうか?5人家族で3食全部作るとなるとかなり大変ですよね。

以前、食事を作る役割をしていた頃は給食のありがたみが骨身にしみた夏休みでしたっけ。。。

ところで、ジョージが主夫をしていると言うと「いいなー!」という女性が多いのですが、私はそれを「ゆるす」までかなりの苦戦を強いられました。

ジョージが主夫をするということそのものではなくて、「してもらう」ことへの許可ですね。

今でこそ、家にいて好きなことしかせず、家事は全部ジョージに任せっぱなし。学校のPTAもジョージだし、なな子の送り迎えもジョージ。

今や個人セッションもほとんど受け付けてないので、仕事という仕事をしているわけでもなく。。。

何してるんでしょうね、私?

うん、、そう、ただ生きてるだけかなー。。。www

とにかく、こんな風に何もせずに生きるのがとても大変だったんです。いわゆる受け取りベタですね。

私はそもそもとても強い女で、一人で生きていけるタイプ。

一人でどころか両腕に子供二人を抱えてのシングルマザーも任せとけ!的に、家事も仕事も遊びも車の運転だって、なんだって、なんでもかなりのハイレベルでこなせる女だったんです。

そこにやってきた当時のジョージに対して、私は「子供が一人増えたようだ」と感じていました。

そんな風にジョージがどうだこうだと言うこともできるのだけど、その体験は、私の意識が作り出した私の一世界のお話で、私が何かを投影していたわけです。

パートナーシップに限ったことではなく、私の中にいつもあった頭の中の声がこれでした。

「私がいなかったら大変!みんななんでもっとちゃんとしてくれないの?」

つい最近までありましたねー。

いや、今でも残っているからこそ「問題を解決しないこと」が私にとっての修行になるわけで。

「私がしなくちゃ!」

と、意識が働いているから私がしないといけない現実ができる。でも、もう、それを手放したかった。。。

「手放したい」だけでは、手放せません。

「手放す」って自然に思えるようになるまで握り続けないとね☆w

まー、とにかく、周りを「ひどい!どうしたらちゃんとやるの?」なんて考えて、「いっその事、私が死ぬか行方知れずになったらやるに違いない!」なんて思ったりして。。。

あー、もう、こんなこと考えるなんて私がひどいですね。でも、それも手放せたからこうして書けています。

とにかく、周りをダメなやつ扱いして、自分の出番をなんとか確保してきたんですね、私の自我が。

頭では周りにやってもらいたいと思い、やってくれないことを不満に思いながらも、潜在的には自分の出番がなくなっては困ると思ってる。

なぜ?

何かしていない人、出番がない人には価値がないと刷り込まれていたんだろうと思います。

だから、受け取れない。いつだってしてあげる側。

と、ここでアルケミストyumeziの記事を引用します。

 

title  ”母性”

なんだか、昨年から、2015年にかけ、
雨の日や、曇り空とか多くないですか?
最近は夜間涼しくなりましたねぇ。

yumeziチャンネルでございます。

本日のお勉強「母性」=「女性性」
についてー。
ジャッジャ( ´ ▽ ` )ノ

男性諸君には無縁!と勘違いされますが、
男性にも母性はあります。
即ち女性性も半分あるのである。

二元論の仕組みで
仕上がっているこの地球は、
光と影
プラスとマイナス
全て真反対の組み合わせで、
現象のクリエイトが施されております。

その中でも、
男と女は
代表される二極であります。( ´ ▽ ` )ノ

太陽と月は、
男性性と女性性を象徴しています。

月のエネルギーは、上ではありません
下にあります。

つまり、引力。
クリスタル原石とも月は、
深い繋がりを持っています。( ´ ▽ ` )ノ

一般的に、母性には「与える!」
といったイメージがありますが。。

それは、ちょっと違うようです。
「彼が自由人だから、私は母性で見守るしかない!」と、よく演歌に登場する様な「女」になっている方々を拝見しますがー

あれ、、、仕組みを真逆に扱っています故、
効果半減ですょ。というか、バランス崩してしまうと、鬼束ちひろ化します。。

女性性、母性のキーワードは、
満たされたい
取り込みたい
吸引する

これです。

手料理をたんまり作ったり、
心配したり、
連絡したり、
尽くしたり、
お金出したり
あれは、本来男の仕事です。

資本主義の罠にはめられ、
お料理上手がモテる!的な内容が
書籍化、メデイア化されたり、
長い長い歴史で
良妻賢母の意味も履き違えられてきました。

あれらの間違いの情報を流すことで、
男性と女性を反転してやろう!

世界の戦略です。

原始時代には、男が
狩りをしたり獲物を捕ってきては
食べものを女に与えてきました。
インディアンは、
お料理もお裁縫も男の仕事でした。

かぐや姫もそうですが、頑張って貢ぎものを持ってきたのは男です。

動物の求愛も、羽を広げたりトサカを逆立てとり、アピールは、全てオスです。
華やかなのは。。
派手に振る舞うのは。。
全てオスです。

メスはシンプルなのです。
シンプルが母性が極まると
深い海の様に怖くなるのです。
こわくなるは、
「強くなる」とも書きますよね?
そう、深みが出て強さが増す。
これが吸引力然りの「母性」です。

女に、惹きこまれていく。

これが、ポジショニングを履き違えていない
良い女のスタンスであり、ほんとの意味での
モテ方であります。

女みたいな男
男みたいな女が

仕上がってしまった哀しいかな
このご時世ー

皆様方だけでも、
誤った「性」の軌道修正を
してみてください。

母性は!吸引力です。
上のモノを下に吸い込みます。

よろしくどうぞ。

yumeziでした。。

 

ということで、「女=何もしない」ではないんですが、私がやってきた「一人で生きていけるなんでもできる女、人に色々してあげる女」は、まー、男のような生き方だったわけです。

 

そのことに心の奥底から合点がいったのは6月の頭だったでしょうか?ちょうどyumeziに出会う頃、、、

 

パートナーシップ方面でなく、仕事、ビジネス方面で、、、ですけどね。

その頃のこと、記事にしてますのでよかったら読んでくださいね。

まー、そんなこんなで「問題を解決しない修行」の日々を送っています。

本当に本当に微かな罪悪感や、「こら、お前!なんでもっとちゃんと、早く、効率的にやらんのじゃー!」と出かかる自我の声とに気付きながら。。。

このね、今までの男みたいな私は私じゃなくてカルマだってyumeziに言われました。

本当のひろ子さんは、、、って、母性とか、無邪気とか、深海とか、オーガナイザーとか、ディレクターとかってキーワードが出てきて、それができたらいいよなーと思っていたものばかり。

でも、やってこなかったのね。なぜならカルマ解消のために衝きうごかされていたから。ただあるとか、してもらうっていうのがとにかく難しかった。

ある時、あまりにも苦しくて「このまま植物状態になったら、きっとみんなちゃんとやってくれるに違いない」なんてアホなことを自我が言いだしてね。

そこまでしないと受け容れられないってよっぽどの業の深さだよなと我ながら笑える。

植物状態にならずとも、こうして夫になんでもしてもらって、自分が動くわけでなく他人様に色々してもらうことで生活し、お金もどこからともなくやってきて、無邪気にしたいことだけしているというところまではやってきました。

自分がその状態を許すと体験が変わります。世界が変わるのです。

「あいつはああだ!」と思っていた他人が幻だったと気付きます。

こうしてブログを書いているうちにも、ふんわり握られたおにぎりと味噌汁が夫から届けられるという幸せ。

 

ということで?yumeziのお月見遠隔イベントでその辺りをがっつり受け取ってください。

この3日間のお月見イベントに参加すると・・・・
 
・等身大の自分の表れ
・主要人格の構築
・全く新しい自分との再会
・女性性のバランスが整っていく
・不条理な出来事のカルマを消す
・ボディの徹底的な浄化
・囚われからの解放
・運気の好転
・DNA スパイラル 癒着の削ぎ落とし
・漠然とした探求のやり方がわかり出す
・二極化の統合
・ワンネス、一世界を知る
・空、無、もう一つの世界を見る
・縦軸に立ちシナリオから抜ける
・人生を本来歩むべき方向へと導く
・ブループリントのクリーニング
・覚醒 開いていく
・カラープリントと出会う
・執着の手放し
・許しが訪れる
*全ての人に当てはまるとは限りません

中秋の名月&十三夜月&十日夜月 意味ある3days
2度の満員!からのさらに増員です

 

セクシャリティカテゴリの最新記事